ルイ・ヴィトンの財布の人気おすすめランキングTOP15!新作や二つ折りも解説!【LOUIS VUITTON】

ルイ・ヴィトンの財布の人気おすすめランキングTOP15!新作や二つ折りも解説!【LOUIS VUITTON】

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、フランス発のラグジュアリーブランド。アパレルや小物製品をはじめとしたファッション全般において、世界的に人気を誇ります。

そんなルイ・ヴィトンの中でも、最も愛され続けているアイテムの1つといえば財布。

今やルイ・ヴィトンの財布は数百種類にも及ぶと言われていて、昔から続くクラシカルなデザインからモダンテイストを混ぜ込んだアイテムまで、多岐に渡ります。

この記事では、そんな大人気のルイ・ヴィトンの財布について、その特徴から選び方のポイント、厳選したおすすめランキングまで詳しく解説していきます!

知っているようで実は知らなかったヴィトン財布の魅力について、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事を監修した鑑定士
浜口 英孝
常務執行役員浜口 英孝

ブランド買取販売店「ギャラリーレア」で常務執行役員として勤務。高級時計、宝石の査定を得意とし、業界で15年以上の豊富な経験を持つ。
現在は「お客様にとっての特別な企業になる」という信念と共に、国内11の店舗を統括している。

目次

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布の選び方を3つのポイントで徹底解説!

これまでに数百種類もの財布を展開している、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)。

あまりの種類の多さに、いざ購入しようと思ってもなかなか1つに絞れないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここからはルイヴィトンの財布を選ぶ際に参考にしたい3つのポイントをご紹介いたします!

高級なルイヴィトンの財布だからこそ、今後長く愛用できるものに。様々な視点からベストな1点を選べるように、チェックしていきましょう。

ルイ・ヴィトンの財布の選び方1:デザインで選ぶ

  • ルイヴィトンのエピの長財布
  • ルイヴィトンのヴェルニの長財布

ルイ・ヴィトンの財布を選ぶ上で1つ目のポイントになるのは、デザインで選ぶということ。

ルイ・ヴィトンの財布は、アイコニックなデザインからシンプルなデザイン、遊び心に溢れたものなど、その振り幅は広いです。

できるだけ毎日の気分を上げてくれるようなものを選びたい場合は、第一印象で好みの財布を選ぶのがおすすめ。

ルイヴィトンらしい「モノグラム」や、エナメル素材の「ヴェルニ」など、少し派手目のものや明るい色味を選ぶのもいいでしょう。

もしビジネスシーンでも使えるようなものを選びたいなら、できるだけ無難なデザインを。特に「エピ」や「タイガ」などはシンプルなデザインで、メンズスーツにもぴったりです。

またレアものをお探しなら、コラボアイテムに挑戦するのも手です。

まずは財布をどのように使っていきたいかを考えて、デザインで絞っていくといいでしょう。

ルイ・ヴィトンの財布の選び方2:用途で選ぶ

  • ルイヴィトンのモノグラムの長財布
  • ルイヴィトンのダミエの二つ折り財布
  • ルイヴィトンの三つ折り財布
  • ルイヴィトンのジッピードラゴンヌ

ルイ・ヴィトンの財布の選び方の2つ目は、用途で選ぶということ。

メインの財布として収納力重視で選ぶのか、もしくはサブウォレットなどでコンパクト重視で選ぶのかによって、求める形が変わってきます。

メイン財布として使う場合や、カードを多く持ち歩く方なら、収納力に優れた長財布がおすすめ。

反対にバッグが小さめの方や、ポケットに入れて持ち歩けるサブウォレットなどをお探しの方なら、コンパクトな二つ折りの財布がいいでしょう。

さらにミニマリストの方には、カードと少しの現金が持ち歩けるサイズの三つ折りの財布なども。

財布に求める形や大きさは人それぞれです。見た目のデザインで選ぶだけでなく、自身のライフスタイルに合った形や用途に合った大きさを選ぶと、その後長く使える財布になるでしょう。

ルイ・ヴィトンの財布の選び方3:素材で選ぶ

ルイヴィトンのモノグラムの財布

ルイ・ヴィトンの財布を選ぶ際、素材も重要なポイントです。

素材は見た目や耐久性、手入れ方法などにも大きく違いが出ます。

一見レザーにも見える「ダミエ」や「モノグラム」の財布に使われている素材は、実は塩化ビニールでコーティングされたキャンバス地で、レザーに比べて耐久性があるのが特徴です。

本革の財布では、なめらかなカーフレザーやクロコダイル、ダチョウ革などを使用。天然もののレザーは、手入れしながら育てていく楽しみがあるのが魅力です。

またエナメル(パテントレザー)は特有の光沢感があり、他のルイヴィトンの財布と一味違ったフレッシュな見た目が特徴で、耐水性にも優れています。

このように、財布の素材で選ぶ際ポイントとなるのは、耐久性、見た目、質感、手入れ方法など。

長く使う財布だからこそ、素材選びにも妥協のないようにしたいものです。

【メンズ】ルイ・ヴィトンの財布おすすめ人気ランキングTOP3!

女性のみならず、男性ファンが多いのもルイヴィトンならではの特徴。

ルイヴィトンの財布は、ファッションやおしゃれに興味がない男性でも持ちやすく、ビジネスシーンで使えるものも多いです。

ここからは、そんなルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布の中から、メンズおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介いたします!

【メンズ】ルイヴィトンの財布おすすめ1:ポルトフォイユブラザ~ビジネスユースを意識したタイガ~

  • ルイヴィトンのタイガの長財布
  • ルイヴィトンのタイガの長財布

メンズにおすすめのルイヴィトンの財布といえば、落ち着いた雰囲気が魅力のタイガ。

そのタイガと、男性人気の高いポルトフォイユ・ブラザを掛け合わせたデザインは、ビジネスマンにぴったりの財布です。

ブラックでシックな高級感を演出するタイガは、ポイントであしらわれたLVマークも控えめで、フォーマルなシーンにも使えます。

カードを1つ1つ個別に収納できる仕様で、常に財布の中も綺麗に保てるでしょう。

マットな質感が落ち着きを感じさせる、どこで出しても恥ずかしくないタイガの財布。大人のメンズスーツのお供にいかがでしょうか。

【メンズ】ルイヴィトンの財布おすすめ2:ポルトフォイユ・マルコ NM~ダミエやエピでクールな印象に~

  • ルイヴィトンのエピの二つ折り財布
  • ルイヴィトンの二つ折り財布
  • ルイヴィトンのダミエの二つ折り財布
  • ルイヴィトンのダミエの二つ折り財布

ポケットにも入れられるようなコンパクトウォレット派の方には、すっきりとした二つ折りのポルトフォイユ・マルコがおすすめ。

程よい収納力のある財布で、必要最低限のカードと現金だけ持ち歩くスタイルです。

柄は、光沢感や高級感を演出するならエピを。落ち着きのある大人の男性を演出するなら、グレーのダミエ・グラフィットや、型押し加工がおしゃれなダミエ・アンフィニがいいでしょう。

コンパクトで収納力も損なわない、ラグジュアリーなルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布をお探しの方におすすめです。

【メンズ】ルイヴィトンの財布おすすめ3:ポルトフォイユブラザ~40代におすすめの素材!クロコダイルで差をつけろ!~

ルイヴィトンのクロコダイルの長財布
ルイヴィトンの中でも少しユニークなものをお探しの方には、クロコダイルの財布がおすすめです。

ブランド感を主張しないクロコダイルのデザインは、ヴィトン好きでない方でも使える高級感あるアイテム。

クロコダイルの魅力は、その圧倒的な存在感と、本革ならではの経年変化を楽しめる点。使い込んでいくうちに光沢感が出てきたり、レザー特有の味を感じることができるでしょう。

収納力もばっちりな長財布を選べば、機能的にも使いやすい財布に。

LOUIS VUITTONのクロコダイルの財布で、他と差をつけるメンズおしゃれを演出してみては?

【メンズ】ルイヴィトンの財布おすすめ番外編:ルイ・ヴィトンの財布おすすめ:シュプリームコラボのポルトフォイユ・スレンダー~黒も赤も入手困難~

  • ルイヴィトンのシュプリームの二つ折り財布
  • ルイヴィトンのシュプリームの二つ折り財布

おまけでおすすめするのが、大人気ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)×シュプリーム(Supreme)のコラボアイテム。

シュプリームは、若者を中心に人気のストリート系ファッションブランド。タイプの全く違うブランドとのコラボの財布は、発売以降多くの人から注目を浴びています。

この財布は、ルイヴィトンのシンプルなライン「エピ」のパターンに「Supreme」のロゴが大胆に入った、圧倒的な存在感を放つデザイン。

現在では入手困難となった大変レアな財布ですが、中古品などで出会えることもあるので注目してみてくださいね。

【レディース】ルイ・ヴィトンの財布おすすめ人気ランキングTOP3!

ルイヴィトンの財布は、世の女性が一度は憧れるアイテム。

女性からの支持が厚いLOUIS VUITTONですが、実際にどの財布が人気があるのでしょうか?

ここではレディース編として、ルイ・ヴィトンの財布のおすすめアイテムをご紹介していきます!

新作や廃盤になってしまった貴重アイテムなどもご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

【レディース】ルイヴィトンの財布おすすめ1:【2022年新作】ポルトフォイユ・メティス コンパクト~控えめな高級感を求める40代・30代におすすめ!~

  • ルイヴィトンのモノグラムの三つ折り財布
  • ルイヴィトンのモノグラムの三つ折り財布

まずは、ルイヴィトン財布から最新アイテム。

人気バッグ「メティス」からインスピレーションを受けたコンパクトな財布で、小型バッグにも入れて持ち歩けるサイズ感が特徴です。

また見た目はコンパクトでも、中身は意外とたくさん入るのも嬉しいポイント。

フロントには、LOUIS VUITTONの原点である旅行鞄を思わせる、アクセントとなるゴールドの留め具。財布のクリーム色が女性らしさを演出し、型押しのモノグラムのパターンが品をプラスしています。

「財布は長く使えるデザインがいいけど、地味すぎるのは嫌」という方におすすめのエレガントな財布です。

【レディース】ルイヴィトンの財布おすすめ2:ポルトフォイユ・イリス~柔らかいレザーとカラーが大人かわいいマヒナ ~

  • ルイヴィトンのマヒナの長財布
  • ルイヴィトンのマヒナの長財布
  • ルイヴィトンのマヒナの長財布
  • ルイヴィトンのマヒナの長財布

ルイヴィトンの財布の中でも、女性人気のラインの1つといえばマヒナ。

ブランドの伝統的なデザインであるモノグラムがモダンな姿となり、女性らしい雰囲気や可愛いらしさを演出しています。

マヒナの特徴は、上質なカーフレザーを使った柔らかさと、パーフォレーションと呼ばれる独特なパンチング技術でできたモノグラムのモチーフ。

エンベロープ型の長財布は、見た目の可愛さと優れた収納力で、幅広い世代の女性におすすめです。

「クラシックなモノグラムに憧れはあるけれど、少しモダンなテイストも欲しい」という方に選んでほしい、マヒナの財布です。

【レディース】ルイヴィトンの財布おすすめ3:ジッピーウォレット~艶やかさとかわいさがマッチしたヴェルニ(エナメル)~

  • ルイヴィトンのヴェルニの長財布
  • ルイヴィトンのヴェルニの長財布

その他女性におすすめのルイ・ヴィトンの財布といえば、エナメル素材のヴェルニ。

ヴィトンの財布の中でも一際輝く存在感があり、高級感も存分に演出。エナメル特有の艶やかさがあり、エンボス加工のモノグラムパターンが、その魅力を引き立てています。

カラーは、明るさと大人っぽさのちょうどいいバランスを持つワインレッドがおすすめ。存在感はありながらも、飽きがこない色です。

長財布のジッピー・ウォレットなら使い勝手もよく、ゴールドのジッパー部分がさりげないアクセントに。女性らしいラグジュアリーさを演出する財布としておすすめです。

【レディース】ルイヴィトンの財布おすすめ番外編:ルイ・ヴィトンの財布おすすめ番外編:ポルトフォイユ・ヴィエノワ×マルチカラー~今も人気の廃盤がま口モデル×廃盤カラー~

  • ルイヴィトンのマルチカラーのがま口財布
  • ルイヴィトンのマルチカラーのがま口財布

おまけでご紹介するのが、現在も有名な廃盤モデル。モノグラムのマルチカラーとがま口タイプが合わさった人気デザインです。

ルイヴィトンのモノグラムといえば、基本はブラウンなどのシックで落ち着いたカラーが定番。そんなモノグラムがポップなマルチカラーになった、レアな色味が特徴です。

今は廃盤モデルとなったがま口タイプの財布は、レトロな雰囲気が可愛く、マルチカラーと合わさることでよりユニークなデザインに。

廃盤モデルではありますが、中古品などでは今でも見られる人気の財布なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【長財布】ルイヴィトンの財布おすすめ人気ランキングTOP3!

見た目の美しさだけでなく、収納力も優秀なルイヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布。

「財布は収納力重視!」「カードをたくさん持ち歩くけど、中がいつもごちゃごちゃ…」という方にぜひおすすめしたいのが、ルイ・ヴィトンの長財布です。

ここからは、LOUIS VUITTON長財布の人気のアイテムを厳選して、おすすめTOP3をご紹介していきます!

【長財布】ルイヴィトンの財布おすすめ1:モノグラムのジッピーウォレット~モノグラムも多種多様~

  • ルイヴィトンのモノグラムの長財布
  • ルイヴィトンのモノグラムの長財布
  • ルイヴィトンのモノグラムの長財布
  • ルイヴィトンのモノグラムの長財布

長財布の中でも特に人気の高い、モノグラムのジッピー・ウォレット。しっかりルイヴィトンらしさがあり、使い勝手もいい長財布です。

ジッピー・ウォレットは、ファスナー式のため安全に財布を持ち歩けることや、フォーマルになりすぎず日常使いしやすいのが魅力。

クラシカルなモノグラムなら高級感もプラスされ、大人のメイン財布にぴったりです。

またモノグラムにも様々な種類があり、定番のブラウン以外にも柔らかいベージュ色や、アーティスティックな水彩画のようなデザインのものも。

少し変わり種を選ぶことで、人と被らずユニークなルイヴィトンらしさを出せますよ。

【長財布】ルイヴィトンの財布おすすめ2:ジッピーウォレット~黒のエピで大人感を!青や赤・デニムライトで遊び心を演出~

  • ルイヴィトンのエピの長財布
  • ルイヴィトンのエピの長財布
  • ルイヴィトンのエピの長財布
  • ルイヴィトンのエピの長財布

揺れる麦の穂をイメージした、シンプルで美しいパターンが特徴のエピ。

仕事にもオフの日にも使える財布なら、大人感を存分に演出するエピのジッピー・ウォレットがおすすめです。

黒のエピを選べば、メンズのビジネススーツにもぴったり。

赤やデニム素材を使ったカジュアルなデザインを選べば、ラグジュアリーの中にも遊び心もプラスされてユニークになります。

カードや現金がしっかり収納できて、かつ高級感ある財布をお探しの方は、ルイヴィトンのエピの長財布をチョイスしてみてはいかがでしょうか?

【長財布】ルイヴィトンの財布おすすめ3:ポルトフォイユ・サラ~女性に似合う白のダミエアズール~

  • ルイヴィトンのダミエの長財布
  • ルイヴィトンのダミエの長財布

収納力があり、フォーマルなシーンにも使える財布をお求めなら、スリムなポルトフォイユがおすすめ。スナップボタン式で、簡単に開閉できるのもメリットです。

エンベロープ型長財布のポルトフォイユ・サラは、ジッピー・ウォレットとは違ったエレガントな魅力があります。

柄は爽やかな白を基調としたダミエ・アズールで、女性人気の高いライン。ダークトーンのダミエの財布とは印象も大きく変わり、女性らしい柔らかさが感じられるデザインとなっています。

毎日の気分も明るくしてくれそうな財布をお探しなら、白いダミエを選んでみてはいかがでしょうか。

【二つ折り】ルイヴィトンの財布おすすめ人気ランキングTOP3!

「財布は、バッグやポケットに入れられるサイズ感がマスト!」という方におすすめなのが、ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)の二つ折り財布。

二つ折りの財布は、長財布と並んで人気のタイプ。必要なカードや現金は収納できて使い勝手も損なっておらず、かつ長財布よりもコンパクトで持ち運びしやすいのがメリット。

ここからは、ルイ・ヴィトンの二つ折り財布のおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介いたします!

【二つ折り】ルイヴィトンの財布おすすめ1:ポルトフォイユ・ジュリエット~小ささと使いやすさを実現~

  • ルイヴィトンのモノグラムの二つ折り財布
  • ルイヴィトンのモノグラムの二つ折り

モノグラムが新しい姿になった、ポルトフォイユ・ジュリエットの財布。

この二つ折り財布は、大きすぎず小さすぎないちょうどいいサイズ感が魅力。長財布とコンパクトの間のような感覚で使える二つ折りです。

特徴はなんといっても、目を引くモノグラムリバース。フロントポケットには大きな花のモチーフが大胆に入り、そのバックに落ち着いたトーンのモノグラムが入っているのがおしゃれです。

内側にもモノグラムの模様があしらわれ、開いた時に見えるのもポイント。

メイン財布として、しっかり収納も叶う二つ折りタイプをお探しの方におすすめです。

【二つ折り】ルイヴィトンの財布おすすめ2:ポルトフォイユ・スレンダー~サブウォレットに最適!カードが多いあなたに~

  • ルイヴィトンのダミエの二つ折り
  • ルイヴィトンのダミエの二つ折り

支払いは基本カードで。そんな方におすすめなのは、カード収納が豊富なポルトフォイユ・スレンダーです。

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)の二つ折り財布は、コンパクトなのに収納も損なっていないのが魅力。この財布は名前の通りスリムな見た目が特徴ですが、カードスロットも豊富で使い勝手も抜群です。

小銭の収納がないタイプなので、カードと少しの紙幣やレシートを持ち歩けるサブウォレットにぴったり。

パンツの後ろポケットや前ポケットにも入れられるようなコンパクトな財布なので、特にバッグを持ち歩かない男性などにもおすすめですよ。

【二つ折り】ルイヴィトンの財布おすすめ3:ポルトフォイユ・ノルマンディー~丸みのあるフラップが女性らしくてかわいい~

  • ルイヴィトンのダミエの二つ折り財布
  • ルイヴィトンのダミエの二つ折り財布

こちらのポルトフォイユ・ノルマンディーは、ルイヴィトンらしいダミエの柄と丸みのあるフラップタイプで女性におすすめのデザイン。

ピンクとブラウンの組み合わせが作る、可愛らしさとシックな雰囲気の絶妙なバランス。ピンクは控えめな色味で、フォーマルにも使いやすいのも魅力です。

見た目にはすっきりしていますが、カードを多く収納でき、紙幣や小銭も入れられる仕様なので収納力も申し分なし。

柔らかく高級感のあるLOUIS VUITTONのコンパクトウォレットを、どんなシーンにも使えるメイン財布として選んでみてはいかがでしょうか?

【三つ折り】ルイヴィトンの財布おすすめ人気ランキングTOP3!

カードやスマホ決済が主流になっている今日では、ますます財布にコンパクトさを求める方が多くなっています。

ミニマリストも増える今、二つ折り以上に小さくなった三つ折りタイプの財布もおすすめ。

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)でも様々な三つ折りが販売されていますので、ここからは三つ折り財布のおすすめ人気ランキングを厳選して3つご紹介していきます!

【三つ折り】ルイヴィトンの財布おすすめ1:ポルトフォイユ・ヴィクトリーヌ~モノグラム・アンプラントでコンパクトなのにインパクト大~

  • ルイヴィトンのモノグラムの三つ折り財布
  • ルイヴィトンのモノグラムの三つ折り財布

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の三つ折り財布の中で人気の高い、エンベロープタイプのポルトフォイユ・ヴィクトリーヌ。

見た目にはコンパクトで手に収まるサイズ感ですが、必要なものは全て入れられる仕様になっていて、メイン財布としても十分な財布です。

小ぶりなミニ財布の中に大きめのモノグラムがあしらわれたデザインで、コンパクトながらもインパクトがあるのが特徴的。

黒ベースでどんなシーンにも使いやすいですが、白の柄が際立っているため地味になりすぎないのもポイント。小さいバッグを持ち歩く女性におすすめのアイテムです。

【三つ折り】ルイヴィトンの財布おすすめ2:ポルトフォイユ・カプシーヌ XS~新作ではかわいいピンク色も仲間入り~

  • ルイヴィトンの三つ折り財布
  • ルイヴィトンの三つ折り財布

LVマークがアクセントに光るポルトフォイユ・カプシーヌ XSは、女性の片手にも収まりのいいミニサイズ。

外側のブラックは高級感ある雰囲気で、内側はアクセントカラーの鮮やかなピンク。装飾はほとんどないシンプルな財布ですが、カラーのコントラストがデザインポイントとなっています。

ルイヴィトンのバッグ「カプシーヌ」のミニサイズにも収まるよう作られたもので、小さなバッグを持つ女性には特におすすめのアイテムです。

LVマークでルイヴィトンらしさを演出しつつ、カラーで遊びをプラスしたデザインは、日々の気分をアップしてくれる財布となるでしょう。

2022年には、外側がピンク、内側がイエローのトロピカルな新色も追加されました。

これからもどんなカラーが発表されるか楽しみなモデルです。

【三つ折り】ルイヴィトンの財布おすすめ3:【2021年新作】ポルトフォイユ・LV ポンヌフ コンパクト~ベージュ×オレンジの組み合わせに心が躍るミニ財布~

  • ルイヴィトンの三つ折り財布
  • ルイヴィトンの三つ折り財布

こちらも、外側と内側のカラーの組み合わせが美しい三つ折りタイプ。

新しいラインから誕生したミニ財布で、洗練されたアーティスティックなデザインが魅力です。

中心にあしらわれた、ゴールドサークルのLVマークが印象的。ベージュとオレンジの組み合わせのカラーは、エレガントとポップを同時に演出する心躍るデザインです。

程よい収納力のあるコンパクトな財布は、ミニマリストにぴったりのアイテム。

モダンな美しさと機能性の両方を追求した、ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)の最新ラインの財布をチョイスしてみてはいかがでしょうか?

ルイ・ヴィトンの財布を中古で購入するならどこがおすすめ?

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布は、ブランドの中でも群を抜いて人気があります。中古品も多く市場に出回っており、正規店以外で購入する方も珍しくありません。

実は中古品には多くのメリットがあり、少しでもお得にルイヴィトンの財布を手に入れたい方におすすめです。

ここからはルイ・ヴィトンの財布を中古で購入する場合のメリットや、要チェックポイント、おすすめの方法などを解説していきます!

これから購入する方は、ぜひ中古品でゲットする方法も検討してみてくださいね。

ルイヴィトンの財布はアウトレットやセールがない?中古で購入するメリットとは

ルイヴィトンのマルチカラーの長財布

実はルイ・ヴィトンには、アウトレットやセール販売が一切ありません。

世界的ラグジュアリーブランドであるルイヴィトンは、商品の価値を下げないために値下げを行わない方針を徹底しています。

そのため正規店だと定価での購入となり、高級ブランドのルイヴィトンの財布は予算オーバーになってしまう方も多くいるでしょう。

そんな中で少しでもお得に買うためにおすすめなのが、中古で探すこと。

中古品と聞くと、「古いアイテムしかなさそう」「傷とかも目立ちそう…」などよくないイメージを抱いている方も多いかもしれません。

しかし実際は、現行での人気アイテムが新品同様の状態で販売されているものも多く、定価以下でお得に購入する方法としてメリットが大きいのです。

また中古品の場合、公式では見られなくなった廃盤モデルの財布などにも出会えるチャンスもあります。

人と被らないレアものを見つけたい方や、選択肢の幅を広げたい方にはおすすめの方法です。

ルイヴィトンの財布を中古で購入する場合のチェックポイントは?

  • 状態の確認
  • コピー品でないか
  • 信頼できる販売元かどうか

ルイヴィトンの財布を中古で購入する際は、上記のようなことをチェックしましょう。

中古品は、ものによって状態の良し悪しも様々です。

未使用で新品同様のものもあれば、使用品で少し傷があるもの、かなり使い古したものなど、どんな状態なのかを確認することがマスト。

また、世界的な有名ブランドであるルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布には、コピー品も多く出回っているので注意も必要です。

こうした状態の良し悪しやコピー品を、素人が見極めるのは簡単ではありません。そこでおすすめするのが、信頼できる販売元で購入するということです。

例えば、個人が出品できるフリマサイトなどではコピー品の可能性も上がりますが、大手のブランドリユース店などではプロの鑑定士がついているため、高級なルイヴィトンでも安心して購入することができます。

中古品を購入する際には、信頼できる販売先かを見極めて購入することが大切です。

ルイヴィトンの財布を中古で購入するなら、老舗ブランド品専門店ギャラリーレアがおすすめ!

ギャラリーレア

ルイ・ヴィトンの財布を中古で購入する際、重要なのは信頼できる販売先がどうか。そこでおすすめしたいのがブランド品専門店の「ギャラリーレア(GALLERY RARE)」です。

ギャラリーレアは、1979年創業の老舗ブランド品買取・販売専門店です。熟練したプロのスタッフが販売しているため、高価なブランド品でも安心して購入することができます。

ルイヴィトンの財布はメンズ・レディースともに大人気のため、特に品揃えが豊富なのも魅力。厳選された良質なアイテムのみ並び、希少価値の高いコラボアイテムなどにも出会えます。

ギャラリーレアは店舗運営とオンライン販売の両方を行っており、人によって合う方法で購入できるのもメリット。もし購入して気に入らなかった場合は、条件付きで返品できる安心保証サービスもあります。

不安を感じやすい中古品だからこそ、長年の実績のある販売店で買うのがおすすめ。

まずはオンラインから、お気軽にチェックしてみてくださいね。

ギャラリーレア 公式通販サイトで
ルイ・ヴィトンの財布を見る

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布の買取相場は?どこが高額査定されやすい?高く売れるのはどのモデル?

「長く使ったヴィトンの財布を買い替えたい」「頂き物のヴィトンの財布、結局あまり使ってなくてしまったまま…」

そんな財布をお持ちなら、たとえ古くなったものだとしても、買取査定に出してみることをおすすめします。

ルイヴィトンの財布は中古品の需要もかなり高く、買取率は多くのブランドの中でもトップレベルを誇ります。

ここからは、LOUIS VUITTONの財布を買取に出した場合の相場や、高額査定されやすい買取店やモデルをご説明していきます!

ルイヴィトンの財布の買取相場は?

  • 現行品の新品や未使用品:最大で定価の80%~90%前後
  • 状態が良くない使用品:定価の10~60%
  • 希少なコラボアイテムの良品:定価以上になることも

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布を買取に出した場合の相場は、およそ上記のようになっています。(※買取相場は、時期やモデルによって変動します)

現行で販売されているアイテムの新品や未使用品であれば、より定価に近い高価買取も期待できます。

目立つ傷などがある場合は買取額は下がりますが、人気のルイヴィトンであれば買取不可ということはほとんどありません。そのため、状態が悪くてもまずは査定に出してみることをおすすめします。

また人気のコラボアイテムは、プレミア価格になることも。特に入手困難となっているシュプリームとのコラボ財布などは、コンディションによって定価以上で売れることもあります。

買取相場はアイテムの状態に大きく左右されますので、買取に出す際はできるだけ汚れなどは落としておくことや、付属の箱や袋も取っておくことも大切です。

ヴィトンの財布の買取査定はギャラリーレアがおすすめ!

ギャラリーレア

買取額は、買取店によって大きく変わります。

しっかりと目利きのできる査定士がいるところでは、物の価値がわかっているため高額買取に繋がりやすくなるでしょう。

「ギャラリーレア(GALLERY RARE)」は、ルイヴィトンの財布を買取に出す場合もおすすめです。

ギャラリーレアでは国内だけでなく海外EC事業も行っており、独自の販売ルートを複数持っています。そのため、どのアイテムが重要があるのかをグローバル視点でタイムリーに見ることができ、価値があるものを高額で買取することができるのです。

「長年使ってきたものだけど、今更売れるかな?」「プレゼントでもらったものの、一度も使っていないからもったいない」などお悩みの方。もしかしたら思いがけない値段がつくこともあるかもしれません。

ギャラリーレアでは店舗や電話以外にも、メールやLINEでの査定も受け付けています。まずは、お気軽にご相談くださいね。

ルイ・ヴィトンの財布の高価買取査定はこちら!

ルイヴィトンの財布の高く売れるモデルはどれ?

商品名 ライン 掛け率
ポルトフォイユ・マルコNM グラフィット/エクリプス 92.2%
ジッピーウォレット モノグラム/ダミエ/ダミエ・アズール 92.1%
ポルトフォイユ・ブラザ モノグラム/グラフィット/エクリプス 91.8%

上記は2022年3月現在、新品の状態での買取率の一例です。

ルイ・ヴィトンの参考定価(税別)に対しての買取率が90%を超えているモデルも少なくありません。

上記の表の他にも「ジッピーウォレット・ヴェルティカル」や「ポルトフォイユ・クレマンス」「ポルトフォイユ・ヴィクトリーヌ」など高い買取率が期待できます。

また、前述にあった人気のコラボモデルは、使用していても定価以上の買取額になる場合があります。

ご愛用されたものは同じモデルでもコンディションによって買取額がかわりますが、ギャラリーレアでは新品中古問わず精一杯の買取額をご案内しています。

相場は人気や在庫状況など様々な要素によって変動しますので、売却をご検討中の方はお気軽にギャラリーレアに査定依頼をご依頼ください。

【簡単LINE査定/完全無料】
ルイ・ヴィトンの財布の査定を依頼する

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布の特徴は?人気の理由がわかる5つのポイント

ランキングからも分かるように、ルイ・ヴィトンの財布には多くのモデルがあり、男女ともに絶大な支持を誇ります。

ヴィトンの財布は、ファッションに関心がない方でもユーザーが多いのが特徴。有名ブランドの財布は他にも多くありますが、性別関係なく人気のブランドは意外と珍しいです。

ではLOUIS VUITTONの財布が人気の理由には、何があるのでしょうか?少し掘り下げて解説していきます。

ルイ・ヴィトンの財布の特徴1:誰もが知る有名なデザイン

ルイヴィトンのモノグラムの長財布

まず1つ目に挙げられるのは、誰もが知る有名なデザインであること。

ルイヴィトンの財布と聞いて思い浮かべるものに、ブランドイニシャルのLVが重なったマークや市松模様などがあるのではないでしょうか。

これらのデザインは、ブランドに詳しくない方でも知らない人はいないほど有名です。

財布は見せるものではないですが、人目に触れる機会も多いもの。サッとバッグから出した際に、どこでも恥ずかしくない財布を持つことは大人のマナーでもあります。

誰もが知っているということは、誰もが認めるブランドであるということ。ルイ・ヴィトンの財布は絶対的な信頼感があり、高い人気を誇るのでしょう。

ルイ・ヴィトンの財布の特徴2:形や大きさの種類が豊富

  • ルイヴィトンのモノグラムの長財布
  • ルイヴィトンのコンパクトな財布

ルイヴィトンの財布は形の種類が豊富で、選択肢の幅が広いのも特徴です。

財布に求める形は、人によって様々。ライフスタイルや使うシーンによって、大きさなどが変わってきます。

ルイ・ヴィトンでは長財布やコンパクトな二つ折り財布などがあり、内側の仕様にも種類があるなど、とにかく豊富なラインナップ。

ユーザーが多いルイヴィトンの財布ですが、必ずしも人と被りやすいというわけでもありません。LOUIS VUITTONを象徴するデザインでも、その種類は実は多岐に渡ります。

多くの選択肢の中から、自分にとって最も使いやすいものを見つけることができるのも、ルイ・ヴィトンの財布の魅力なのです。

ルイ・ヴィトンの財布の特徴3:丈夫で長持ちする

ルイヴィトンのダミエの二つ折り財布

ルイ・ヴィトンの財布は、丈夫な素材で長持ちすることでも有名です。

財布は、できるだけ耐久性があり長く愛用できるものを選びたいはず。LOUIS VUITTONの財布は、他のブランドと比べても耐久性が優れていることで定評があります。

特に有名なLVマークの「モノグラム」や市松模様の「ダミエ」などには、特殊加工されたキャンバス地が使われていて、これらの財布は劣化しにくいと評判です。

ルイ・ヴィトンのルーツは、トランク職人。あのタイタニック号が沈没しても、ヴィトンのトランクの中身は濡れなかったなんて逸話もあります。

そんなルイ・ヴィトンだからこそ、耐久性にも妥協のない財布が作れるのでしょう。

ルイ・ヴィトンの財布の特徴4:収納力、機能性もある

ルイヴィトンの長財布

収納力に優れているのも、ルイ・ヴィトンの財布の特徴の1つです。

ルイ・ヴィトンの財布は、見た目のデザインだけでなく機能まで考えられた作りで、カードや現金をたくさん持ち歩く人にも嬉しい仕様になっています。

特に長財布では、カードを10枚以上入れられるものも。1枚1枚収納できるため、会計の際すぐに出せるのもメリットです。

また名刺やレシートなども入れられる仕様のものは、ビジネスユースにもぴったり。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布は、見た目は高級感があり美しく、中身は収納力や機能性に優れたアイテム。

そんな使い勝手の良さもあり、性別や年代を問わず人気となっています。

ルイ・ヴィトンの財布の特徴5:人気コラボ商品も多数

ルイヴィトンのコラボ財布

有名アーティストや他ブランドとのコラボ商品が多いのも、ルイヴィトンの財布の大きな魅力。

ラグジュアリーなルイヴィトンと人気ブランドを掛け合わせたデザインは、とびきりレアで贅沢なもの。その希少なアイテムに、思わずコレクター心をくすぐられてしまう人は多いでしょう。

過去の人気コラボには、草間彌生のドット柄や、村上隆のイラスト入り、シュプリームのロゴ入りの赤い財布などがあります。

人気コラボの財布は、発売されるとたちまち入手困難になり、後々中古などでもプレミア価格がつくことも。

旬なアーティストや有名企業とのコラボによって新しさを感じさせてくれるのも、ルイヴィトンの財布の魅力です。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布の人気のライン(デザイン)を5つ解説!

ルイ・ヴィトンの財布には様々なライン(デザイン)があり、それぞれに違った魅力があります。

有名なラインも多いですが、実はその特徴を詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。

ここからはルイヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布の中で、主に人気のライン5つについて解説していきます!

女性向き・男性向きなど、それぞれの印象も大きく異なるので、こちらも財布を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

ルイヴィトンの財布の人気のライン1:モノグラム

ルイヴィトンのモノグラムの長財布

まずは、ルイ・ヴィトンの中でも最も有名な「モノグラム」。財布を含め多くのアイテムで登場するこのLVマークは、ルイ・ヴィトンを語る上では欠かせない存在です。

モノグラムには、スタンダードのブラウンベースのものから、白などの明るいカラー、また現在では廃盤になっているカラフルなマルチカラーなどもあり、1つのラインの中でもバリエーションは豊富です。

またモノグラムに使われているモチーフは、日本の家紋にインスピレーションを受けて生み出されました。

実は私達日本人にとっても特別なデザインのモノグラムは、LOUIS VUITTONを象徴する最も重要なラインの1つです。

ルイヴィトンの財布の人気のライン2:ダミエ

ルイヴィトンのダミエの長財布

市松模様の「ダミエ」も、ルイヴィトンの伝統を感じさせる代表的デザインの1つ。現在では最も長い歴史を持つラインです。

この市松模様も日本から影響を受けていると言われており、どこか和の落ち着きを感じさせるような大人っぽさが魅力のダミエは、モノグラムと同じキャンバス地が使われていて、耐久性もあることから長く使えるのもメリットです。

ダミエは、オリジナルのブラウンベースのデザインのものから、グレーベースで男性向けの「ダミエ・グラフィット」、白が爽やかな「ダミエ・アズール」など、派生ラインも人気があります。

同じ柄でも雰囲気も大きく異なり、幅広いユーザーに愛されています。

ルイ・ヴィトンの財布の人気のライン3:ヴェルニ

ルイヴィトンのヴェルニのコンパクトな財布

「ヴェルニ」の大きな特徴は、ルイヴィトンの財布の中でも特に目を引くエナメル素材。

マークジェイコブスが生み出したルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のモダンラインで、そのフレッシュな見た目ゆえ若い女性に特に人気です。

モノグラムやダミエとは違い、赤やピンクなどのビビッドカラーを使っているのも新鮮。財布全体にモノグラムが型押しで入っていて、エナメルが放つ光の魅力をより強調しています。

鮮やかなカラーと光沢感が特徴のヴェルニですが、ルイヴィトンらしい高級感もあります。モダンとラグジュアリーの程よいバランスを持ち合わせた、人気のラインです。

ルイヴィトンの財布の人気のライン4:エピ

ルイヴィトンのエピの長財布

シンプルな高級感を放つ「エピ」は、流行に左右されないタイムレスなデザイン。

エピはフランス語で「麦の穂」を意味し、細い線が入り混じったデザインは、揺れる麦の穂を表しています。

エピは特に男性人気が高いライン。どこか和の精神を感じさせる落ち着いたデザインでありながら、地味になりすぎずラグジュアリーな雰囲気も持ち合わせています。

また程よい光沢感があるため、光の当たり具合によって細かいラインがより際立つのも素敵です。

カラーはブラックやブルーなどのダークカラーから、赤や黄色など明るいカラーまであり、色によっても印象を大きく変えるラインです。

ルイヴィトンの財布の人気のライン5:タイガ

ルイヴィトンのタイガの長財布

タイガは、細かい型押しで柄が描かれたデザイン。

主力ラインではないですが隠れファンが多く、落ち着いたシックな魅力を持つラインです。

針葉樹をイメージした細かい柄は、シンプルなかっこよさを感じさせる渋いデザイン。光沢感もあまりなく、メンズのビジネススーツなどに合わせるにもぴったりです。

LVマークもさりげなく入っていて、ブランド感を主張しすぎないところも使いやすいポイント。

カラーもブラックなどのダークトーンが多く、ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)の中でも長く使えるシンプルなものをお探しの方にはおすすめのラインです。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布の開閉タイプにはどんなものがある?3つのタイプを解説!

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布には長財布や折り財布など様々な形がありますが、その中でもさらに開閉タイプにも種類があります。

ここからは、ルイヴィトンの財布の開閉タイプ3つをご紹介。

見た目だけでなく使いやすさにも大きく影響するポイントなので、どのタイプが自身に合うかイメージしながらチェックしていきましょう。

ルイヴィトンの財布の開閉タイプ1:ファスナー式

ルイヴィトンのジッピー・ウォレット

1つは、ファスナー式。ル・ヴィトンではジッピーと言われているタイプです。。

ルイヴィトンらしい高級感はありつつ、日常的にも使いやすいタイプのため、特にユーザーが多い財布です。

収納力があり、密閉できるため中身を安全に保管できるのがメリット。見開きタイプのものを選べば、より中が見やすく取り出しやすいでしょう。

またジッパーのシルバーやゴールドなどの色が、財布のおしゃれなアクセントになるのも魅力。

誰でも使いやすいジッピー・ウォレットは、財布の中身が多い方や、安心して持ち歩きできるものを選びたい方にはおすすめです。

ルイヴィトンの財布の開閉タイプ2:スナップボタン式

ルイヴィトンのポルトフォイユ・サラ

2つ目はスナップボタン式で、「ポルトフォイユ・サラ」が代表的です。

スナップボタンのメリットは、ファスナーに比べてより簡単に開閉できる点。片手で開けられるものや、すぐに中身を取り出せる財布を選びたいならおすすめです。

スナップボタンが付いたシリーズは、ジッピー・ウォレットに比べて少しフォーマルな印象にもなります。

ボタンの色にはゴールドやピンクなど、財布の内側にも鮮やかな色が使われていたり、さりげなくカラーで遊びがあるところがおしゃれ。

スナップ開閉式のお財布の中にも様々な種類があり、フラップの形や留め具の仕様などもバリエーション豊富なのでチェックしてみてください。

ルイヴィトンの財布の開閉タイプ3:留め具なし

ルイヴィトンのポルトフォイユ・ブラザ

ルイヴィトンの財布には、留め具のないタイプもあり、代表的なものは長財布の「ポルトフォイユ・ブラザ」や二つ折りの「ポルトフォイユ・マルコ」です。

男性がビジネスシーンで使うのにおすすめのフォーマルな財布で、すぐに中身が取り出せるためスマートな会計が叶うのもメリット。

ファスナーやスナップボタン付きのタイプより、さらにスリムになっているのも特徴。ポケットに入れても邪魔にならず、かつ収納力もあり機能性も抜群です。

ファスナーやスナップボタンで毎回開閉するのが煩わしい方に。サッと中身を取り出せる便利さを求めるなら、留め具なしのポルトフォイユ・ブラザを選んでみてはいかがでしょうか。

ただし、留め具がないゆえカバンに入れて持ち運ぶ方と間に物が挟まることも。財布はポケットに入れる派向けの仕様と言えます。

ルイ・ヴィトンの財布は修理に出すことはできる?

財布は毎日使うものなので、長年使用していると傷んできたり壊れてしまうこともあるかと思います。

そんな時、高価な財布を諦めて捨ててしまったり、使わなくなってしまうのはもったいないかも。

LOUIS VUITTONの財布は、修理に出しながら長く使う方も多く、きちんとプロに頼めばより長く使用することが可能です。

ここからは、ルイ・ヴィトンの財布を修理に出す方法や、一般的にどのような修理内容があるのかなどを見ていきましょう。

ルイヴィトンの財布を修理する方法は?

  • ルイヴィトンの正規店のリペアサービス
  • 修理専門店に持って行く
  • 自分で直す

ルイ・ヴィトンの財布を修理したい時、主に上記のような方法があります。

まず1つ目は、ルイヴィトンの正規店のリペアサービスに出すこと。プロが綺麗に仕上げてくれることや、純正のパーツで直せるなどのメリットがあります。

2つ目の方法は、修理専門店に持って行くことです。正規店よりもコストを抑え気軽にできるのがメリットで、大手の修理店に持って行けば幅広く対応してくれることも多いでしょう。

その他、簡単な内容なら自身でやってみるという手もあります。最近ではYoutubeで修理の動画などもあり、素人が自宅で試すことも可能になりました。

ただし自身でやると失敗する危険性も高いので、きちんとプロに修理してもらうのがベターでしょう。

ルイヴィトンの財布でよくある修理内容は?

  • ファスナーや留め具の交換
  • 染め直し
  • ほつれや破れの修理 etc.

ルイヴィトンの財布の修理内容には、例えば上記のようなものがあります。

最も多いトラブルは、ファスナーや留め具の破損など。有名なルイヴィトンの財布であれば、正規店のリペアサービスではなくても、純正とよく似たパーツを使って直してくれることも多いです。

また財布の表面が擦れて剥がれてしまったり、変色してしまった場合の染め直しや、財布の折り曲がっている部分に起こりやすい、破れや糸のほつれなどの再縫製なども挙げられます。

正規店では修理不可になることも修理専門店では可能という場合もあるので、まずは問い合わせしてみるのがいいでしょう。

ルイ・ヴィトンの財布を修理に出す際の注意点!

  • 修理代:修理専門店より正規店の方が高くなる傾向
  • 買取額:正規店で修理した方が高くなる傾向
  • 最終的に買取に出すのかも考えて、ベストな方法を見つけよう

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布を修理に出す際、上記のようなことをチェックしておきましょう。

ポイントとしては、正規店で修理すると費用が高めになる傾向がありますが、買取に出す際はその方がメリットになることもあるという点です。

そして、いずれ買取に出そうと思っている方は、正規店以外で修理したものは買取対象外となる可能性があることにも留意しておきましょう。

必ずしも買い取りされないという訳ではありませんが、買取額に影響することは十分に起こりえます。

そのため、もし最終的に買取に出す予定があるなら、そのことを踏まえて修理方法を選ぶのが良いでしょう。

ルイ・ヴィトンの財布のシリアルナンバーはどこに書いてある?

財布を含め、ルイ・ヴィトンのほとんどのアイテムにはシリアルナンバー(製造番号)が入っています。

シリアルナンバーによって製造年や製造場所が分かり、本物かどうかの見極めになることも。

そのため、ルイヴィトンの財布を中古で購入する場合や、買取に出す際の重要なチェックポイントとなります。

ここでは、ルイヴィトンの財布のシリアルナンバーの確認場所や見方などをご説明していきます。

ルイヴィトンの財布のシリアルナンバーは内側をチェック

ヴィトンのシリアルナンバー

ルイヴィトンの財布のシリアルナンバーは、ほとんどが内側の見つけにくいところに打刻されています。

財布のポケットの中を広げて見てみたり、ファスナーの縫い目付近などに目を凝らすと見つけられることが多いです。

また経年変化で印字が落ちてしまっていることや、ものによってはシリアルナンバーが初めから入っていないものもあります。

これは修理した際に消えてしまったり、製造の段階で職人が刻印し忘れたことなど、様々な理由があると言われています。

シリアルナンバーが見つからないからといって、必ずしも偽物であるというわけではないことも覚えておきましょう。

ルイヴィトンの財布のシリアルナンバーの見方は?

ルイヴィトンのシリアルナンバー

例えば、「CA2126」というシリアルナンバーだったとします。

前2つのアルファベットは製造工場、番号は製造年と週を意味します。(※1年は52週~54週)

CAはスペインの製造工場で、左から1・3番目の数字が週を表し、2・4番目が西暦の下二桁を表しています。つまり、このシリアルナンバーからは、「この財布は2016年の第22週にスペインの工場で作られた」ということがわかります。

またルイ・ヴィトンのシリアルナンバーの字体は、複数存在しています。

上記は2007年以降のルイ・ヴィトン製品のシリアルナンバーの読み方です。それ以前の番号を調べたい方は、以下の記事で詳しく解説していますのでチェックしてみてくださいね。

最新のルイヴィトンの財布にはシリアルナンバーがない?2021年よりICチップに変更!

RFID

2021年以降に作られたルイ・ヴィトンの財布には、シリアルナンバーが入っていないものが見られます。

これは一部の工場で始まったシステムで、シリアルナンバーに代わってRFIDタグと呼ばれるICチップが内蔵されているためです。

ICチップを機械でスキャンすることで、本物かどうかを確認できるようになっており、コピー品流通の対策になっています。

今後徐々にシリアルナンバーが減っていくことが予想できますが、買取に出す際は、価格に影響が出てくる可能性があります。

そのため、今後は財布の状態や購入証明(レシートなど)の保管がより重要になることを覚えておきましょう。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布についてまとめ

まとめ

  • ルイ・ヴィトンの財布は、高級感あふれるデザインと優れた収納力で男女ともに人気
  • ルイ・ヴィトンの財布を選ぶ際は、デザイン・用途・素材などがポイントになる
  • 人気のルイ・ヴィトンの財布を探すなら、中古品で手に入れるのがお得でおすすめ!

いかがでしたでしょうか。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布が愛され続ける理由には、昔から変わらないものづくりへの丁寧な姿勢や、新しいものを取り入れるセンスなどにあるのでしょう。

今後長く愛用できる財布をお探しなら、とびきりラグジュアリーなルイヴィトンをチョイスしてみてはいかがでしょうか?きっと、何気ない日々に特別感をプラスしてくれますよ。

そして、使わなくなったら売却するという選択肢も視野に入れてみてください。

ギャラリーレアではお財布を始め、ルイ・ヴィトンの買取に力を入れています。査定額がいくらになるのか、お気軽にお問い合わせください。

まずは査定から
選べる買取方法
お知らせ