ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のエピを完全解説!財布やバッグのおすすめはどれ?

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のエピを完全解説!財布やバッグのおすすめはどれ?

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の「エピ」は、ブランドを代表するレザーアイテムのラインとして知られています。

財布やバッグをはじめさまざまなアイテムが展開されていますが、いずれもカラーバリエーションが豊富で、老若男女問わず使えるものばかりです。

シンプルなデザインのエピはトレンドに左右されず、年齢を重ねても使い続けることができるため、生涯を通して持ち歩ける良質なレザーアイテムを探している方にぴったりだと言えるでしょう。

アイテムやカラーバリエーションが豊富に展開されているので、普段使いの小物をエピで揃えるのもおすすめです。

しかし、普段使いするアイテムだからこそ、実用性や特徴をよくチェックしてから選ぶ必要があります。

「ルイ・ヴィトンのエピの特徴は?」「エピのおすすめアイテムが知りたい」

今回はそんな疑問にお答えするため、ルイ・ヴィトンのエピの特徴やおすすめアイテムについてお伝えします。

この記事を監修した鑑定士
米津 圭敏
大阪第二営業部 部長米津 圭敏

ブランド買取販売店「ギャラリーレア」で大阪第二営業部部長として勤務。業界屈指の激戦区である大阪エリアにおいて10年以上の経験を持つ。
日本流通自主管理協会(AACD)の認定査定士として、ブランドに対する確かな知識とお客様に寄り添ったサービスを武器に第一線で活躍している。

目次

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のエピとは?歴史や特徴を解説!評判はどう?

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のエピは「麦の穂」からインスピレーションを受けたレザーの型押しが印象的な、ブランドを代表するラインです。

特徴的なデザインながらシンプルで、フォーマルシーンにも選びやすいため、年齢性別問わず愛されています。

ここではルイ・ヴィトンのエピが歩んできた歴史と、その特徴についてご覧ください。

ルイ・ヴィトンのエピの歴史について解説!1985年に誕生したモデル

麦の穂のようなエピ

LOUIS VUITTONのエピは、1985年に発表されました。

型押しデザインの元にもなっている「麦の穂」は、フランスでは「幸運」を象徴するモチーフです。

幸運に満ちたモチーフをいつでも持ち歩けることから、まるで畑一面の豊かな麦の穂が風にたなびくように、エピはフランスを中心に世界中に広まりました。

普段使いしやすいデザインであることから日本での需要も急拡大し、当時のバブル景気に後押しされたこともあり、エピは日本で最初に流行したルイ・ヴィトンのラインとなりました。

しかし、時代の流れとともにさまざまなファッションが登場したことから、シンプルなデザインであるエピの人気は徐々に低迷。

同時期に登場したヴェルニなどに注目が移っていきました。

その後、エピの人気は2012年、新たなカラーバリエーションの登場により復活します。

これまではオーソドックスな5種類のカラー展開だったエピが、2012年には新たに11種類、そして2014年には8種類の新色を発表しました。

これにより好みに合わせて選べるカラーが増え、現代も幅広い年齢層の方に愛される人気のラインとして君臨しています。

ルイ・ヴィトンのエピの特徴について解説!デザイン・耐久性ともに優れたアイテム

LOUIS VUITTONのエピは、35年以上に渡って世界中で愛されてきました。

その理由は、エピの持つ優れたデザイン性と耐久性にあります。

ここではルイ・ヴィトンのエピが持つ特徴を3つのポイントでご覧ください。

ルイ・ヴィトンのエピの特徴1. 見る角度により異なる光沢感

エピレザーの光沢

LOUIS VUITTONのエピは麦穂をイメージした、線状のランダムな型押しが全面に施されています。

この凹凸が、光沢感のあるレザーに施されることで、見る角度によって見た目の印象がガラリと変わります。

光が当たった場合とそうでない場合はもちろん、同じカラー・質感のレザーでも、バッグとウォレットで印象は大きく異なります。

そのためエピは、シンプルながら飽きが来ず、長く使いやすいモデルです。

質感や風合いはカラーによっても異なるため、じっくりとカラーに注目してお気に入りのエピのアイテムを見つけるのも良いでしょう。

ルイ・ヴィトンのエピの特徴2. 耐久性に優れたグレインレザー

エピのグレインレザー

LOUIS VUITTONのエピのために使われているのが「グレインレザー」と呼ばれる本革です。

レザーは非常に丈夫で耐久性に優れていますが、どんなに丁寧に手入れをしたとしても寿命が来てしまうのが難点として知られています。

しかし、グレインレザーは高級革靴にも使われている素材で、一般的な寿命はおよそ40年です。

レザーの中でも非常に耐久性に優れており、寿命が長いレザーが使われているため、エピは中長期的に使えるレザーアイテムとしても重宝します。

さらにエピは、レザー全面に複雑な型押しが施されており、キズやシワが目立ちづらいことも大きな魅力です。

通勤用のバッグや財布など、普段使いするものだからこそ、細かなキズであっても気になるもの。

キズが目立ちづらく長くきれいに使えることも、エピの大きな特徴です。

ルイ・ヴィトンのエピの特徴3. 豊富なカラーバリエーション

鮮やかな色のエピ
豊富なカラーバリエーションがあることもエピの1つの特徴です。

カラーバリエーションは2012年、2014年の大幅追加以降にも、その時々のトレンドをふまえて新色を追加したり、廃盤となったカラーもあります。

女性人気の高いくすみ系カラーのほか、ポップな原色系カラー・バイカラーやデニムのような質感のカラーなど色の種類は多岐にわたります。

2022年にもドラゴンフルーツやサンフラワーといった鮮やかな新色が仲間入りし、アイテムによってはすでに公式サイトで売り切れになっているほどの人気を博しています。

お気に入りのカラーのアイテムであれば、普段のコーデにアクセントを加えられることはもちろん、より一層愛着を持ってルイ・ヴィトンのエピを持ち歩けるでしょう。

ルイ・ヴィトンのエピの評判はどう?キズや変色に強く使いやすいレザーアイテム

  • とにかくカラーバリエーションが豊富で、新色発表のたびについチェックしてしまいます。
  • 型押しの溝に汚れが溜まらないか心配でしたが、全くそんなことはなくキレイに使えています。
  • もう15年くらいずっとエピの財布を使っていますが、いまだに目立った傷がありません。一生モノの財布だと思います。

LOUIS VUITTONのエピ愛用者による評判は以上の通りです。

カラーバリエーションが豊富なことはもちろん、その耐久性・キズの付きづらさに驚く口コミが多く見られました。

エピは型押しデザインによるキズの目立たなさはもちろん、レザーそのものが耐久性の高いグレインレザーが使われているため、非常に丈夫で長く使いやすいアイテムです。

そのため、ファッションとしてブランドアイテムを選びたい方に加え、丈夫で長く使えるアイテムを探している方からも評判を集めています。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のエピの財布の人気おすすめランキングTOP5!

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のエピは、定番のレザーアイテムのモデルラインとして世界中で愛されています。

中でも、性別年齢問わず多くの方に注目されているのが財布です。

財布は「長く使える良いものを使いたい」という方も多く、エピの財布に注目して選ぶ方も少なくありません。

また、エピでは定番の長財布をはじめ、男性向けの二つ折り財布、トレンドのミニウォレットなどさまざまな形の財布も展開しています。

実用性・デザインにも富んでいるため、お気に入りの財布を見つけましょう。

ここでは、ルイ・ヴィトンのエピのおすすめ財布をご紹介します。

ルイ・ヴィトンのエピ財布おすすめ1.長財布の定番ポルトフォイユ・サラ【レディース/メンズ】

ヴィトンのエピ長財布の定番ポルトフォイユ・サラ

ブランドの主張が控え目なエピの長財布は、シンプルながら高級感があり、上品な印象が漂います。

特にこの「ポルトフォイユ・サラ」は、ユニセックスなデザインで、男女ともに人気のあるモデルです。

定番のブラックや時期によって様々なカラーが販売されるので、好みの色を選べるのも嬉しいですね。

ポルトフォイユ・サラは、実用性にも優れており、フラップのボタンは力を入れるだけで簡単に開閉できるホック式です。

ボタンを開けると収納部分が大きく開き、カードや紙幣をたっぷりと収納できます。

「お金管理は現金派」「カードをたっぷり収納できる長財布が欲しい」けど、モノグラムやダミエはブランドの主張が強すぎると感じている方、シンプルながらデザイン性のある物をお求めの方におすすめです。

ルイ・ヴィトンのエピ財布おすすめ2.カードがたっぷり収納できる長財布ポルトフォイユ・ブラザ【メンズ】

ヴィトンのエピのカードがたっぷり収納できる長財布ポルトフォイユ・ブラザ

エピの「ポルトフォイユ・ブラザ」は高級感があり、ビジネスシーンでも使いやすいことで支持されています。

エピの醸し出す高級感は、スーツや革靴の引き締まった雰囲気にマッチし、相性の良い組み合わせです。

ダークなカラーが定番ですが、ブルーなどすこし明るい色を選ぶと程よい抜け感を演出できていいですよ。

長く使ってもキズが付きにくくキレイに使い続けられるエピ×紙幣からカードまで抜群の収納力を誇るポルトフォイユ・ブラザは、男性へのプレゼントに悩んでいる方にもおすすめです。

ルイ・ヴィトンのエピ財布おすすめ3.二つ折り財布の定番ポルトフォイユ・マルコ NM【メンズ】

ヴィトンのエピの二つ折り財布の定番ポルトフォイユ・マルコ

同じくエピ素材のルイ・ヴィトンのメンズ財布として注目したいのが「ポルトフォイユ・マルコNM」です。

ポルトフォイユ・マルコはエピのメンズ財布として定番アイテムです。

コンパクトであるにもかかわらず、カードポケットは4つ、札入れも2つあり、実用性に優れていることから、愛用者の多いメンズ財布として知られています。

パンツのポケットに入れる方が多いこの形ですが、耐久性に優れたエピを選ぶことで長く使う事ができます。

カバンやポケットの中を圧迫しないため、荷物を減らしたい方にもおすすめの2つ折り財布です。

定番のブラックに加え、シーズンによってブルー系・レッド系などさまざまなカラーが展開されています。

色にもこだわって選びたい場合は、ルイ・ヴィトンの正規店はもちろんリユースショップもチェックしてみてください。

ルイ・ヴィトンのエピ財布おすすめ4.コンパクト財布派にはポルトフォイユ・ツイスト コンパクト【レディース】

コンパクト財布派にはヴィトンのエピのポルトフォイユ・ツイスト コンパクト

ルイ・ヴィトンのレディースの財布として注目したいのが、エピの「ポルトフォイユ・ツイスト コンパクト」です。

「ブラック×大き目のシルバーロゴ×高級感のあるエピ」の組み合わせは、これ以上ないほど最強にクールな組み合わせです。

このシルバーのロゴは単なる装飾ではなく、「L」の部分をひねって「V」の形に重ねることでフラップが開く、ターンロックになっています。

この遊び心溢れるデザインからツイストは女性を中心に支持されており、ブランドロゴが大きく配置されている「コンパクト」は、どこかポップな雰囲気も感じられます。

また、サイズも「12×9.6×2.5cm」と手のひらサイズのため、ミニバッグに収納しやすい財布としてもおすすめです。

カードポケットは6箇所、フラットポケットは2箇所と見た目以上に収納力にも優れているため、実用性にも優れています。

レディースウォレットということもありカラーバリエーションは多岐に渡りますが、ブランドロゴが映えることからノワール(ブラック)をはじめとしたシックで高級感のあるカラーが人気です。

ルイ・ヴィトンのエピ財布おすすめ5.新作カラーのジッピーウォレット【レディース/メンズ】

ヴィトンのエピの新色ドラゴンフルーツのジッピーウォレットファスナータイプで3方が開くルイ・ヴィトンのエピ「ジッピーウォレット」は、大容量の長財布を選びたい女性におすすめのアイテムです。

フラップや装飾がなくシンプルなデザインだからこそ、カラーで差をつけましょう。

なかでもおすすめなのが、2022年新色の「ドラゴンフルーツ」です。

鮮やかなパッションピンク系のカラーで、見ているだけでも元気が出るような色味として注目されています。

鮮やかなカラーは敬遠しがちな方も多いですが、ジッピーウォレットはデザインがシンプルなことに加え、型押しレザーの高級感が明るいカラーの魅力を際立たせてくれます。

また明るいピンクレッド系のカラーは、それを持つ人の肌の色の白さや透明感を際立たせてくれるカラーです。

差し色として、自分をより素敵に見せられる色としても「ドラゴンフルーツ」のエピは重宝するでしょう。

人と被らない明るい色味のエピの財布をおしゃれに持ち歩きたい。そんな方におすすめのカラーです。

ルイ・ヴィトンのエピ財布おすすめ【番外編】.入手困難!滅多にお目にかかれない緑のエピ

滅多にお目にかかれないエピグリーンのお財布

おしゃれで人気の高いルイ・ヴィトンのエピ財布と合わせてご紹介したいのが、緑のエピです。

緑(ポルネオグリーン)はルイ・ヴィトンのエピ発表当初から展開されていたカラーの1つ。

自然を連想させるような豊かで落ち着いた印象を持たせます。

シックで落ち着いた雰囲気を持つグリーンは、年齢・性別問わず選びやすいカラーです。

そのため「数あるエピのなかでもグリーンがいちばん好き」という方も少なくありません。

しかし、その人気の一方で緑は流通個数が少なく、非常に珍しいカラーでもあります。

正規店はもちろんリユース店でも滅多にお目にかからないカラーのため、「緑のエピが欲しい」と考えている方は、販売情報を見つけたらすぐに確保しましょう。

正規店での購入にこだわらないのであれば、ブランドリユース店の在庫情報をチェックするのもおすすめです。

ルイ・ヴィトンのエピの
在庫をチェックする

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のエピのバッグの人気おすすめランキングTOP5!どんな種類がある?

耐久性とデザイン性に優れたルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のエピは、バッグも非常に人気があります。

シンプルで高級感あふれるエピのバッグは、普段使いにはもちろん、通勤用のバッグやデートシーンにも活躍するものばかりです。

エピのバッグはデザイン・カラーともに多種多様なため、好みのアイテムや人気のアイテムはぜひ押さえておきましょう。

ここでは、ルイ・ヴィトンのエピのバッグのおすすめ5点をご紹介します。

ルイ・ヴィトンのエピのバッグおすすめ1.アルマBB【ハンドバッグ/ショルダーバッグ】

ルイ・ヴィトンのエピのバック:アルマBB

ルイ・ヴィトン「アルマBB」は、レディースバッグとしては定番のショルダーベルト付きの2WAYハンドバッグです。

エピの素材でも今までに数々のカラーが発売されており、これからの新たなカラーバリエーションにも期待できます。

丸みのあるシルエットがフェミニンですが、エピのアルマは高級感がプラスされ、どんなコーディネートにも合わせることができます。

ファスナーが底に近い部分まで開くため、必要に応じて大きく開けることも大きな魅力です。

マチが広めに作られた立体構造のバッグのため、物をたくさん入れてもバッグの中がゴチャつきにくく、小物類も内ポケットにすっきり収納できます。

またエピのアルマBBは非常にシンプルなため、お気に入りのバッグチャームやスカーフを合わせるアレンジも幅広く、自分好みに持ち歩けるのも良いところです。

好みのカラー・持ち方で、エピのバッグを楽しみましょう。

ルイ・ヴィトンのエピのバックおすすめ2.プティット・サックプラ【ハンドバッグ/ショルダーバッグ】

ルイ・ヴィトンのエピのバック:サックプラ

長方形型のシンプルなデザインのバッグ「サックプラ」のミニチュアバージョンとして展開されている「プティット・サックプラ」。

こちらもショルダーベルト付きの2WAYバックで、シルエットがスマートでちょっとしたお出かけにもぴったりです。

高級感のあるエピレザーが全面に使われており、ブランドロゴはレザーと同色で施されています。

サイズは「14×17×5cm」と小さめですが、財布やスマートフォンをはじめお出かけの必需品をすっきりと仕舞えます。

またバッグ内にはポケットが1つ付いているため、小物類もバッグの中で迷子になりません。

ショルダーベルトは付け外し自由なため、2WAYでその日のコーデに合わせて持ち方を変えられます。

カラーはシンプルなワントーンカラーから、持ち手とボディで異なる色が使われたバイカラータイプなど多岐に渡ります。

ファッションの差し色にするにもちょうどいいサイズ感なので、カジュアルに持ちたい方は明るい色のエピを選んでみてはいかがでしょうか。

ルイ・ヴィトンのエピのバッグおすすめ3.ツイスト【ショルダーバッグ】

ルイ・ヴィトンのエピのバック:

ルイ・ヴィトンの「LV」ロゴがフラップのツイストロックとして組み込まれている「ツイスト」。

ツイストはフラップの湾曲している部分にあたる光によって、エピの素材の光沢感が存分に味わえるショルダーバッグとして支持されています。

ノワール(ブラック)を選べばフォーマルではもちろん、カジュアル系・モード系など幅広いファッションにあわせることができ、クオーツ(ピンクベージュ)などパステル系・ペール系のカラーはフェミニンな印象をプラスできるため、好みに合わせて選びましょう。

また、一般的にチェーンタイプのショルダーベルトは肩への負担が掛かりやすい傾向にありますが、ツイストは肩に当たる部分がレザーベルトに切り替えられています。

そのため長時間肩にかけて持ち歩いても疲れにくく、持ち歩きの負担が少ないショルダーバッグとしてもおすすめです。

ルイ・ヴィトンのエピのバックおすすめ4.ネオノエ【ハンドバッグ/ショルダーバッグ】

ルイ・ヴィトンのエピのバック:ネオノエ

大人カジュアルにルイ・ヴィトンのエピのバッグを持ち歩きたい方におすすめなのが「ネオノエ」です。

ネオノエは、昔からエピのラインで販売されていたノエをベースにデザインを一新した、レザーバックでは珍しい巾着型のショルダーバッグです。

エピならではの高級感はありながら、ファッションにカジュアル感をプラスします。

バッグは口のベルトを調節するだけで簡単に開閉できるため、持ち歩くものに合わせて開き具合を調整できます。

バッグ内は中央に仕切りがあり、2つのスペースに分けられているため荷物を整理しやすいことはもちろん、仕切りもファスナー付きのフラットポケットになっています。

荷物を整理しやすいブランドバッグを探している方にもおすすめします。

また、ネオノエの大きな特徴が、豊富なカラーバリエーションです。

ネオノエはワントーンカラーのものから、ボディ部分と裏地、ベルト・持ち手部分で異なるカラーが使われたものもあります。

カラーの組み合わせで見た目の印象がガラリと変わるため、ネオノエを選ぶときは色の組み合わせに注目してみても良いでしょう。

ルイ・ヴィトンのエピのバッグおすすめ5.キーポル・バンドリエール【ハンドバッグ/ボストンバッグ】

ルイ・ヴィトンのエピのバック:キーポル

ルイ・ヴィトンのバッグとして1930年代から登場している旅行用かばんの「キーポル・バンドリエール」。

エピのキーポル・バンドリエールは、シンプルで高級感溢れるデザインが大きな魅力で、3~4泊の旅行や、出張の多いビジネスマンなどにもおすすめです。

汚れや傷が目立ちにくい特性から、エピは旅行かばんにピッタリの素材といえるでしょう。

また使えば使うほど味のでるレザーなので、旅のお供に連れていく度に愛着のあるバッグとなること間違いなしです。

近年ではシュプリームとコラボした赤いエピのキーポルがプレミア価格で取引されるなど、ファッションアイテムとしても注目されています。

バッグの重量は1~1.5キロで、この大きさのレザーバッグとしては許容範囲の重さですが、中に荷物を入れる事を考えると必要以上に大きいものは避けた方が無難です。

用途に合わせてサイズを選びましょう。

その他のルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のエピの人気アイテムを解説!キーケースやコインケースについて

レザーアイテムと言えば財布やバッグが定番ですが、ルイ・ヴィトンのエピは他にもさまざまなアイテムに展開され販売されています。

なかでも根強い人気があるのがキーケースやコインケースです。

これらのアイテムも、普段から愛用している方は多いのではないでしょうか?

以下ではルイ・ヴィトンのエピの人気アイテムについて、さらに3点ご覧ください。

ルイ・ヴィトンのエピのキーケース:ミュルティクレ6

ルイ・ヴィトンのエピのキーケース:ミュルティクレ6

ルイ・ヴィトンのエピで展開されている定番のキーケースとして挙げられるのが「ミュルティクレ6」です。

カバンの中で擦れても傷がつきにくく丈夫なため、普段使いのアイテムにエピを取り入れるのは賢い選択といえます。

ミュルティクレ6は3つ折りタイプのシンプルなキーケースで、中に鍵を取り付けられるフックが6つ内蔵されています。

デザインが非常にシンプルなため性別・年齢問わず使いやすいキーケースです。

40,700円とルイ・ヴィトンの中でも手の出しやすい価格帯なので、大切な人へのプレゼントにしてみてはいかがでしょう。

ルイ・ヴィトンのエピのコインケース1:ジッピー・コインパース

ルイ・ヴィトンのエピのコインケース:ジッピー・コインパース

ミニバッグの流行に伴い、コインケースを持ち歩く方も増えています。

小物だからこそ、あえてビビッドなカラーをチョイスするというかたも多く、エピのジッピー・コインパースはこれまでに様々なカラーが発売されてきたアイテムです。

色が変わるだけで印象がガラリと変わるので、ジッピー・コインパースを選ぶ時にはぜひ色にこだわってみてくださいね。

実用性はというと、ファスナータイプで口が大きく開くよう設計されており、中は2つのポケットに区切られています。

両サイドにはカード入れも2箇所ずつあり、コンパクト使いやすい小銭入れとして支持されています。

キャッシュレス化の波に乗って現金をあまり持ち歩きたくない方、とにかくキレイな色のコインケースを持ちたい方におすすめです。

ルイ・ヴィトンのエピのコインケース2:ポルトフォイユ・エピZ

ルイ・ヴィトンのエピのコインケース:ポルトフォイユ・エピZ

同じくルイ・ヴィトンのエピのコインケースとして注目したいのが「ポルトフォイユ・エピZ」です。

丸みのあるかわいらしいシルエットのコインケースは、シックなデザインで性別問わず持ち歩けます。

エピレザーの硬さを生かした立体感のあるコロンとしたフォルムで、左右対称になるように型押しされたレザーパーツが組み合わせられています。

直線上の型押しがされたエピがあえて斜めに配置されており、通常のエピとはまた違った雰囲気があります。

中には仕切りやカードポケットが無いため、コインをたくさん入れられるコインケースとしても重宝します。

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のエピを高価買取に出すならどこがおすすめ?中古の相場金額は?

LOUIS VUITTONのエピは、シンプルかつ高級感溢れるレザーの質感で、国内外問わず人気の高いモデルラインです。

時には手持ちのファッションアイテムを手放して新しいアイテムに挑戦するのも良いでしょう。

エピを手放す際、特に気になるのはエピの買取相場ですよね。

アイテムのコンディションやモデル、需要やその時の相場によって買取額は変わってきますが、ギャラリーレアではその時にできうる限りの高値をお伝えしています。

ここでは過去の買取実績を3つご紹介しますが、お手持ちの買取価格が気になる方はお気軽にギャラリーレアにお問い合わせください。

≫ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)の他の買取実績を見る

ルイヴィトンのエピの買取実績1.エピ プティット・サックプラ ローズバレリーヌ (105,000円)

エピ プティット・サックプラ ローズバレリーヌ

詳細
査定時期 2021年9月
商品状態 中古A

流行りのミニバッグで、状態も若干使用後が見られる程度の良好なコンディションだったため、高値での買取となりました。

流行りのアイテムは需要が高く、買取金額も高くなる傾向にあります。

もう使わないなとおもったら、流行りが終わる前に売却するのが得策です。

ルイヴィトンのエピの買取実績2.エピ ジッピー・ウォレット ノワール(91,000円)

エピ ジッピー・ウォレット

詳細
査定時期 2021年8月
商品状態 新品

ヴィトンのジッピーウォレットは売れ筋商品のため、常に買取を強化しています。

今回ご紹介している物は新品ですが、状態にかかわらずできる限りの査定額をご提示しますので、使っていないエピのお財布がありましたら、ギャラリーレアにご相談ください。

ルイヴィトンのエピの買取実績3.エピ サブロン カスティリアンレッド(43,000円)

エピ サブロン カスティリアンレッド

詳細
査定時期 2021年6月
商品状態 中古A

1998年に製造された古いモデルですが、ギャラリーレアではしっかりとした買取額で買い取らせていただいています。

「もうだいぶ昔の物だから値段なんてつかないかも…」と思う物でも、一度ギャラリーレアにお問い合わせください。

精一杯の査定額をご提示します。

ギャラリーレアでは店舗での直接買取に加え、LINE査定も受け付けています。

お気軽にご依頼ください。

【完全無料のLINE査定】
ルイ・ヴィトンのエピの査定額をチェック

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のエピについてまとめ

まとめ

  • エピは型押しレザーを使ったシンプルで高級感のあるレザーアイテムが魅力
  • 耐久性に優れた「グレインレザー」で作られているため長くキレイに使える
  • カラーバリエーションが豊富で年齢・性別問わず好みのアイテムを見つけやすい
  • 財布やバッグ、キーケース・コインケースなどアイテムの種類が豊富

LOUIS VUITTONのエピは、本革に直線状の型押しが施された、耐久性・デザイン性ともに優れたレザーアイテムを多く展開しています。

派手な装飾や柄がないシンプルなデザインのため、普段使いできるレザーアイテムとして選びやすく、自分へのご褒美としてはもちろん、プレゼントとしてもおすすめです。

また、多くの方が使いやすいオーソドックスなデザインのハイブランドバッグは中古市場でも値崩れしづらく、高価買取を期待できるアイテムでもあります。

ギャラリーレアではルイ・ヴィトンの買取に力を入れておりますので、売却をご検討の際はお気軽にギャラリーレアにご相談ください。

お知らせ
お知らせをもっと見る
今すぐ無料査定
お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から
選べる買取方法