ルイヴィトンのメンズ財布

【メンズ】ルイ・ヴィトン財布のおすすめ人気ランキングTOP10を解説!【LOUIS VUITTON】

誰もが知る世界的ラグジュアリーブランド、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)。

ファッション界において特に長い歴史を持つルイ・ヴィトンは、時代や世代を超えて愛され続けている唯一無二のブランドです。

そんなルイ・ヴィトンの名前を聞いて、すぐに思い浮かべるのはバッグや財布などではないでしょうか。

ルイ・ヴィトンの財布は、ファッションに詳しくない方でもきっと一度は目にしたことがあるぐらい有名なもの。また女性だけでなく男性ユーザーも多く、性別や年代を問わず支持されているのが特徴です。

この記事では、そんなルイ・ヴィトンの人気のメンズ財布について、詳しく解説していきます!

男性も虜にする人気ブランドの魅力に迫るとともに、おすすめ人気ランキングなどもご紹介いたしますので、ぜひチェックしてみてください。

この記事を監修した鑑定士
本田 昂士
神戸元町店 店長本田 昂士

ブランド買取販売店「ギャラリーレア」で神戸元町店の店長として勤務。確かな審美眼はもちろん「お客様ひとりひとりを大切に」をモットーとした誠実な対応が持ち味。抜群のセンスが光るスタッフスタイリングは社内随一の閲覧数を誇る。ユーモアあふれる性格から社内外に多くのファンを持つ。

目次

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のメンズ財布はなぜ人気?特徴を5つのポイントで解説

「ルイ・ヴィトンは女性向けのブランド」というイメージもあるかもしれませんが、財布は男性向けのものもあり、女性だけでなく男性のユーザーやリピーターが多いことでもよく知られています。

有名ブランドの財布は持つこと自体がステータスでもありますが、男性に人気の理由はそれだけではありません。

そこでここでは、様々なブランドの中でも特に男性人気の高いルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のメンズ財布の特徴を解説し、人気の理由を探っていきます!

ルイヴィトンのメンズ財布の特徴1:男性も長く使える普遍的なデザイン

ルイ・ヴィトンのメンズのダミエの長財布

まずルイ・ヴィトンのメンズ財布の特徴の1番に挙げられるのが、時代や流行に左右されない普遍的なデザインであること。

男性は、女性に比べて頻繁に財布を変える人はあまり多くないと思います。だからこそ、年齢を重ねたりトレンドが変わっても長く使える財布を選びたいものです。

ルイヴィトンの財布は、若者から大人の男性まで幅広く使えるようなシックなものが多く、それが男性からの人気が根強い理由の1つとなっているのでしょう。

特に人気の「ダミエ」や「モノグラム」などは、100年以上続く伝統あるデザインで、時代を超えて愛され続けています。

流行に左右されない唯一無二のブランド。古くから引き継がれてきた伝統を持つルイ・ヴィトンだからこそ、長く使える安心感がありメンズ財布において人気が高いのです。

ルイヴィトンのメンズ財布の特徴2:長持ちする丈夫な財布

ルイ・ヴィトンのメンズのモノグラムの長財布

ルイ・ヴィトンのメンズ財布は、丈夫で長持ちすることでも評価されています。

男性の場合、財布を服のポケットに入れて持ち歩くことも多いため、気になるのは耐久性。人前に出すこともあるため、なるべく綺麗に保つことができて、かつどこで出しても恥ずかしくないものがいいはず。

ルイ・ヴィトンの「ダミエ」や「モノグラム」などメインのシリーズに使われているのは、特殊加工されたキャンバス地。塩化ビニールがコーティングされていて傷がつきにくく、耐水性にも優れています。

決して安くはないルイ・ヴィトンの財布ですが、それでも男性の固定ファンが多くついているのは、一度手に入れれば長く使えるから。

ルーツをトランク職人に持つルイ・ヴィトンだからこそ、耐久性においても妥協がない財布を作り続けることができるのでしょう。

ルイヴィトンのメンズ財布の特徴3:収納力も抜群!機能性に優れた財布

ルイ・ヴィトンのメンズの長財布

ルイ・ヴィトンのメンズ財布は、見た目にはスタイリッシュなのに実は収納力に優れているのも特徴です。

特にカードを多く持ち歩く男性など、ビジネスマンには嬉しい実用的な財布となっています。

収納が少ない財布の場合、1つのポケットに2〜3枚カードを重ねて入れることもあると思いますが、その場合出し入れのしにくい財布となってしまいます。

ルイ・ヴィトンのメンズ財布は、見た目の美しさを邪魔せず、収納もしやすい作りになっています。特に長財布はカードポケットが10枚以上あったり、1枚1枚綺麗に見やすく収納できるスマートな仕様。

カードや現金の出し入れがしやすいルイ・ヴィトンの財布こそ、スムーズでスマートな会計を叶える大人のメンズにぴったりなのです。

ルイヴィトンのメンズ財布の特徴4:落ち着いたカラーと一目でわかる高級感

ルイ・ヴィトンのメンズのモノグラムのコンパクトな財布

ルイ・ヴィトンのメンズ財布は落ち着いたカラーラインナップとなっており、一目でわかる高級感があります。

財布は一度購入したら長く使うものなので、飽きがこないカラーを選ぶ人が多いはず。ルイ・ヴィトンのメンズ財布の魅力は、基本にはベーシックカラーが使われている中で、細やかなパターンによる高級感も感じられるところです。

カラーは最も有名なダミエやモノグラムの財布でも見られるブラウン系から、ブラック、グレー、ダークブルーなど。

大人の男性が持つのにぴったりで、スーツにも合わせて持ち歩けるようなシックなカラーが人気です。

決して主張はしないカラーなのに、ハイブランドらしいラグジュアリー感溢れるデザインが、誰もが憧れるルイヴィトンの格好良さなのです。

ルイヴィトンのメンズ財布の特徴5:種類が豊富でプレゼントにも最適

  • ルイ・ヴィトンのメンズの長財布
  • ルイ・ヴィトンのメンズのモノグラムのコンパクトな財布
  • ルイ・ヴィトンのメンズのモノグラムのコンパクトな財布
  • ルイ・ヴィトンのメンズの長財布

ルイ・ヴィトンのメンズ財布は、種類が豊富で選択肢が多いのも魅力です。

財布は人によって求めるデザインや機能が違いますが、ルイ・ヴィトンの財布は様々な形やデザインの組み合わせの中から、誰にとってもお気に入りの1点を見つけることができます。

例えば、たくさん収納できる長財布が良い人もいれば、二つ折りのコンパクトな財布が良いという人もいるかと思います。

ルイ・ヴィトンでは、それぞれのデザインや柄で多様な形の財布が作られているため、多くの選択肢の中から選べるのがメリットです。

そのため女性から男性へプレゼントする場合にも選びやすく、その人にぴったりの財布を見つけることができます。

贈り物としても失敗が少ないブランドとして、安心して選ぶことができるでしょう。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のメンズ財布の選び方を3つのポイントで解説!

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のメンズ財布は種類が豊富で選択肢も多いため、何を基準に選べばいいか迷ってしまいますよね。

財布は長く使うものだからこそ、購入して失敗しないためにおさえておくべき選び方がいくつかあります。

ここからは、そんなルイ・ヴィトンのメンズ財布を選ぶ際に参考にしたい3つのポイントについて解説していきます!

気に入った見た目で選ぶだけでなく、この先長く愛用できる財布となるように、その他の重要なポイントもチェックしておきましょう。

ルイヴィトンのメンズ財布の選び方1:財布の形(タイプ)で選ぶ

  • ルイ・ヴィトンのメンズのダミエの長財布
  • ルイ・ヴィトンのメンズのダミエのコンパクトな財布

まず1つ目の選び方のポイントとなるのは、財布の形(タイプ)で選ぶということ。

財布の形は様々ある中で、人によって使いやすいものは異なります。

ルイ・ヴィトンのメンズ財布は、大きく長財布と二つ折りのコンパクトウォレットに分けられます。

長財布は仕事とプライベート両方で使える収納力に優れたもので、反対にコンパクトウォレットはポケットに入れて気軽に持ち歩ける点がメリット。

さらにコンパクトな片手に収まるミニ財布などもあり、シーンに合わせた選び方ができるようになっています。

また財布のタイプには、留め具なしの「ポルトフォイユ」と、ファスナー開閉式の「ジッピーウォレット」があります。

ポルトフォイユは財布の開け閉めをせずにサッと取り出したい方におすすめ。スマートな雰囲気があり、ビジネスマンに特に使いやすい財布です。

ジッピーウォレットは、より安全に財布を持ち歩きできます。ルイ・ヴィトンの大人ラグジュアリーな雰囲気は残しつつ、少しのカジュアルさが加わり、実用性も高めたデザインです。

収納力重視で長財布を選んだり、ミニマリストの男性はコンパクトなものを選ぶなど、日常をイメージした選び方をしてみるといいでしょう。

ルイヴィトンのメンズ財布の選び方2:素材で選ぶ

ルイ・ヴィトンのメンズのダミエの財布

ルイ・ヴィトンのメンズ財布には様々な素材が使われており、それも選ぶ際の大きなポイントになります。

財布の素材には見た目の違いもありますが、種類によって耐久性や扱い方にも大きく差があります。

ルイ・ヴィトンのメンズ財布の素材で特に有名なものが、「ダミエ」や「モノグラム」などのキャンバス地。

特殊加工のビニールコーティングがされているキャンバス地は、レザーに比べて手入れもあまり必要なく、扱いやすいのがメリット。コーティング加工がされているため耐久性や耐水性に強く、比較的長く状態を保つことができます。

本革を使ったものでは、カーフレザー、ワニ革のクロコダイルやダチョウの皮のオーストリッチなどがあります。

レザーは日々の手入れが必要で、水にも強くないため適切な保管方法などを知っておく必要があるでしょう。

ただし日々の手入れをしっかり行えば、レザー特有の経年変化を楽しむことができたり、キャンバス地にはないような柔らかい質感を感じることができます。

素材にはそれぞれメリット・デメリットがあります。購入する前に、どのような手入れが必要なのかなど調べて選ぶこともポイントです。

ルイヴィトンのメンズ財布の選び方3:機能性(仕様)で選ぶ

ルイ・ヴィトンのメンズの長財布

その他ルイヴィトンのメンズ財布の選び方のポイントになるのが、機能性(仕様)で選ぶということ。

男性にとって財布を選ぶ際には、機能的に使いやすいかどうかも気になるところ。ルイ・ヴィトンの財布はアイテムによって内側の仕様にも様々なパターンがあり、その人にとって使い勝手のいいものを選ぶことができます。

具体的に異なる部分は、ポケットの数や種類。

長財布ではカードポケットが10枚以上と豊富な仕様になっていて、名刺や領収書も入れられるようなものもあります。

特に機能性を重視した「ジッピーXL」はスマートフォン専用のポケットが付いていたり、鍵やパスポートも収納できて、小ぶりのクラッチバッグのように使える財布です。

コンパクトウォレットでは、カード・紙幣・小銭を収納できる標準的なタイプから、カードと小銭のみ収納できるタイプなど、内側の仕様の種類にも充実しています。

仕事用かプライベート用かによっても選ぶ財布は変わり、男性にとっては機能性も大事な要素。

ルイ・ヴィトンのメンズ財布は、見た目の美しさはもちろん機能的にも優れた財布なので、内側の仕様もチェックして選んでみるといいでしょう。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のメンズ財布の人気デザイン(柄)5つについて解説!

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)と聞くと、代表的なデザインやアイコンがいくつか思い浮かぶはず。

有名だけど深くは知らないかもしれない、ルイ・ヴィトンのデザイン。その特徴や背景を知ることで、きっと新たな魅力に触れることができるでしょう。

ここからは、実際にメンズ財布にはどのようなデザインがあるのか、人気の柄5つについて解説していきます!

こちらもぜひ財布を選ぶ際の参考にしてみてください。

ルイヴィトンのメンズ財布の人気デザイン(柄)1:最も有名な「モノグラム」

ルイ・ヴィトンのメンズのモノグラムの財布

最も有名なのが、ルイ・ヴィトンの代名詞である「モノグラム」。ブランドのアイコニックなデザインとして、ルイ・ヴィトンにしかない存在感や高級感を醸し出します。

モノグラムは「LV」が重なったマークと、星や花のようなマークが散りばめられて構成されたデザイン。

実はこのマーク、ルイヴィトンの息子のジョルジュ・ヴィトンが、1867年パリで開催された万国博覧会にて日本の家紋を見て、そこからインスピレーションを受けて作られたデザインだと言われています。

現在では、メンズ財布を含めルイ・ヴィトンのほとんどのアイテムで見られる柄で、知らない人はいないほどの知名度と人気を誇るモノグラム。実は原点に日本との深い繋がりがある、特別なデザインなのです。

ルイヴィトンのメンズ財布の人気デザイン(柄)2:市松模様の「ダミエ」

ルイヴィトンのメンズのダミエの財布

モノグラムと並んでルイヴィトンを象徴するのが、市松模様の「ダミエ」。

モノグラムよりも先に誕生した伝統的なデザインで、現在のルイヴィトンで実は最も長い歴史を持つラインです。

ダミエは、一目でルイ・ヴィトンとわかるほどアイコニックな市松模様が特徴的。

1番はブラウン系が有名ですが、メンズ財布においてはグレーの「ダミエ・グラフィット」やダークブルーの「ダミエ・コバルト」も人気が高く、よりマスキュリンな雰囲気を演出。

ダミエも日本の市松模様から影響を受けて誕生したという説があり、実は我が国とゆかりの深いデザインとされています。

100年以上もの間世界のヴィトンファンに愛され続けてきたダミエは、ルイヴィトンを語る上で欠かせない存在となっています。

ルイヴィトンのメンズ財布の人気デザイン(柄)3:麦の穂をイメージした「エピ」

ルイ・ヴィトンのメンズのエピの長財布

「エピ」は、フランス語で「麦の穂」を意味する言葉。その名の通り、揺れる麦の穂をイメージして作られたデザインです。

エピの特徴は、レザー上に流れるような細かい線が見られる型押し加工。一見シンプルですが、エレガントな美しさを感じさせる模様が大人の男性に人気です。

エピの財布に使われるレザーは、耐久性に優れているグレインレザーと呼ばれる上質な本革で、型押し加工がされているためシワや傷なども目立ちにくいのがメリット。

また細かい凹凸があるため、光の当たり具合によってレザー特有の光沢感を放ちます。

モノグラムやダミエなど、一目でルイ・ヴィトンとわかるようなアイコニックなデザインとは一味違うエピの魅力。洗練されたデザインが、年代問わずおすすめです。

ルイヴィトンのメンズ財布の人気デザイン(柄)4:ビジネスマンにぴったりな「タイガ」

ルイヴィトンのメンズのタイガのコンパクトな財布

「タイガ」は、1993年に初のメンズラインとして誕生したデザイン。

その他の有名なデザインに比べ一見地味にも見えますが、そのシンプルな高級感ゆえ男性人気が高いラインです。ビジネスマンにもぴったりで、メンズ財布においては不動の人気を獲得しています。

タイガの細かいシワのような柄は、針葉樹林をイメージしたもの。艶の少ないマットな雰囲気の仕上がりが、落ち着きのある大人の男性を演出します。

またワンポイントで入っているLVマークが、飾りすぎない高級感を出しています。

オーソドックスなタイガの財布は、ルイヴィトンのファンでない方でも使いやすいデザインです。ブランド感を強調しすぎないため、プレゼントとしても選びやすいでしょう。

ルイヴィトンのメンズ財布の人気デザイン(柄)5:その他のレザー

ルイヴィトンのメンズのオーストリッチの長財布

その他ルイ・ヴィトンのメンズ財布では、様々な種類のレザーのデザインもあります。

ワニ革を使った「クロコダイル」や、ダチョウ革を使った「オーストリッチ」など、少し個性的な柄でレザー好きの人にはおすすめの財布も。

クロコダイルは長く使用するにつれシワに深みが増してきたり、独特の光沢感を楽しむことができるレザー。

オーストリッチは独特のドット模様のあるレザーで、オーソドックスな革財布とは違ったエキゾチックな魅力があります。

誰もが知っているような有名な柄ではなく、少し個性的な変わり種をお探しの方や、経年変化を楽しみながら財布を使いたい方。ルイ・ヴィトンの上質なレザーを使った財布を選んでみてはいかがでしょうか?

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のメンズ財布おすすめ人気ランキングTOP10!

持っているだけで自己肯定感を高めてくれそうな、ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のメンズ財布。

形は長財布やコンパクトな折りたたみなどがあり、デザインではルイ・ヴィトンらしい有名なものからビジネスシーンでも使えるシンプルなものまで、様々な組み合わせから選ぶことができます。

そんな豊富な種類を揃えるルイ・ヴィトンのメンズ財布の中から、おすすめ人気ランキングTOP10をご紹介いたします!

ルイヴィトンのメンズ財布おすすめ1:【二つ折り長財布】ポルトフォイユ・ブラザ(30代・40代に人気のタイガ/エピ)

  • 【二つ折り長財布】ポルトフォイユ・ブラザ
  • 【二つ折り長財布】ポルトフォイユ・ブラザ エピ

まず1つ目におすすめするのは、二つ折り長財布のポルトフォイユ・ブラザのタイガやエピ。

留め具のない二つ折り長財布は、忙しいビジネスマンにも人気が高く、スマートにカードや現金を取り出せるのが魅力です。

タイガやエピは、ルイヴィトンのメンズ財布の中でも特にスーツに合わせやすいデザインで、レザーの高級感と細やかな型押しのパターンが特徴的。

さりげない型押しの柄が美しい、全体的に落ち着いた雰囲気で高級感があるタイガやエピ。パーティーシーンから日常使いまで、どの場面においても活躍してくれるでしょう。

ルイヴィトンのメンズ財布おすすめ2:【二つ折り長財布】ポルトフォイユ・ブラザ(30代に人気のダミエ/モノグラムなど)

  • ルイ・ヴィトンのダミエの長財布
  • 二つ折り長財布 ポルトフォイユ・ブラザ ダミエ アンフィニ
  • 二つ折り長財布 ポルトフォイユ・ブラザ ダミエ グラフィット
  • 二つ折り長財布 ポルトフォイユ・ブラザ ダミエ グラフィット シュプリームコラボ

最もルイ・ヴィトンらしい財布をお探しなら、ロングセラーを誇るダミエやモノグラムの二つ折り長財布がおすすめ。

一目でルイ・ヴィトンだとわかるほどアイコニックなデザインは、ハイブランドの財布を持つ醍醐味です。

ブラウンを選べばルイヴィトンらしさが全面に出て、より男性的にするならダークブルーやグレーもおすすめです。

また、レア感のあるシュプリーム(Supreme)とのコラボデザインも若い世代に大注目のアイテム。

収納力もばっちりのポルトフォイユ・ブラザと、誰もが憧れるルイヴィトンの定番ラインで、贅沢な大人のおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ルイヴィトンのメンズ財布おすすめ3:【長財布】ジッピー・ウォレット(30代・40代に人気のエピ)

ッピー・ウォレット エピ

ルイ・ヴィトンのメンズの長財布では、ファスナー付きのジッピー・ウォレットも人気が高いです。

二つ折りの長財布に比べて、より安全に保管できることや、ビジネスシーンだけでなくプライベートにも使いやすいところが特徴です。

ジッピー・ウォレットの長財布は内側のポケットも豊富で、カードは12枚入れられる仕様。財布の中も見やすく実用的なところが魅力的です。

中でも黒のエピ素材は、見た目はエレガントかつカジュアルの絶妙なバランス。

30代・40代の中間層にぴったりの、程よい高級感と実用性を兼ね備えたジッピー・ウォレットはいかがでしょうか。

ルイヴィトンのメンズ財布おすすめ4:【長財布】ジッピー・ウォレット(30代に人気のダミエ・モノグラム)

  • ジッピー・ウォレット モノグラム アンプラント
  • モノグラム ジャイアント ジッピー・ウォレット
  • モノグラム・アンプラント ジッピー・ウォレット
  • ジッピー・ウォレット ダミエ

ジッピー・ウォレットの長財布と、ダミエやモノグラムなどのアイコニックな柄で、程よい高級感を演出するデザイン。普段あまりスーツを着ない方や、収納力重視の方におすすめの財布です。

ダミエやモノグラムは、柄の大きさやカラーで見た目に大きな差が出ます。

モノグラムのLVマークは大きければ大きいほどよりカジュアルテイストになり、オリジナルとは一味違った雰囲気に。

型押し加工されたモノグラムは、単色カラーで落ち着きはありながらも、凹凸で柄を見せているのがおしゃれです。

ファスナーにポイントカラーが入っているものもあったり、ジッピー・ウォレットは財布によって細かい違いがあるのも魅力でしょう。

ルイヴィトンのメンズ財布おすすめ5:【コンパクトな折りたたみ】ポルトフォイユ・マルコ NM

  • ポルトフォイユ・マルコ NM モノグラム エクリプス
  • ポルトフォイユ・マルコ NM モノグラム エクリプス中

「財布はポケットに入れていつでもサッと取り出せるものがいい」という方にはこちら。コンパクトな二つ折りのポルトフォイユ・マルコがおすすめです。

長財布は収納力がありますが、反対にコンパクトウォレットは持ちやすさが大きなメリット。

男性の中にはバッグを持ち歩かない方や、財布の中も必要最低限のものだけにする方も多いと思います。

ルイヴィトンの財布はコンパクトでもブランドらしい高級感がちゃんとあり、どこで出しても恥ずかしくないのが魅力です。

必要なのはカードとちょっとした小銭だけ。そんなミニマリストのメンズには、ルイヴィトンのコンパクトな財布はいかがでしょうか?

ルイヴィトンのメンズ財布おすすめ6:【長財布】ジッピー・ロックミー

ジッピー・ロックミー

なめらかなカーフレザーが心地いい、長財布のジッピー・ロックミー。スタイリッシュなかっこよさが人気の財布です。

機能性抜群のジッピーに洗練されたファッション性がプラスされ、モダンなメンズのおしゃれを演出します。飾りすぎないラグジュアリーさがあり、パーティーシーンにも活躍するでしょう。

財布の表にはフロントポケットが付いており、チケットなどすぐに取り出したいものを入れるのに便利。

装飾は中心のシルバー製のLVマークがあるのみで、不要なものを削ぎ落としたデザイン。黒とシルバーのコントラストが目を引く、ルイ・ヴィトンらしい大人の雰囲気が感じられる財布です。

ルイヴィトンのメンズ財布おすすめ7:【二つ折り長財布】ポルトフォイユ・タノン

  • ポルトフォイユ・タノン
  • ポルトフォイユ・タノン中

こちらは、キャンバス地のモノグラムとブラックレザーのトリミングが特徴的なポルトフォイユ・タノン。スリムな財布で、長財布でも持ち歩きしやすいところが魅力です。

モノグラムのブラウン系にブラックレザーが組み合わさることで、より大人のマスキュリンな雰囲気に。

内側のポケットも多すぎず少なすぎず、ちょうどいい収納力があり使いやすい仕様です。

内側にもモノグラムの柄が入っていて、財布を開いた時にも見えるさりげないデザインポイントがおしゃれ。

スーツのジャケットのポケットにも収まりのいいスリムな財布をお探しの方は、こんな長財布もいかがでしょうか。

ルイヴィトンのメンズ財布おすすめ8:【長財布】ジッピー・ウォレット ヴェルティカル

  • ジッピー・ウォレット ヴェルティカル
  • ジッピー・ウォレット ヴェルティカル中

ジッピー・ウォレット ヴェルティカルは、機能性に優れたデザイン。

この財布の大きな特徴は、ジッピー・ウォレットとは違い見開きタイプであること。中身が一目で確認できて、カードを探す手間が省けるメリットがあります。

カードは10枚収納可能で、その他に名刺入れスロットや、領収書やレシートも収納できるコンパートメントも。

小銭を入れるファスナー付きポケットは、あまり多くは入らないスリムな作りになっているので、入れすぎてかさばることもありません。

モノグラムが型押しされたレザーデザインは、ルイ・ヴィトンらしさを控えめにアピール。飾らない高級感がかっこいい長財布です。

ルイヴィトンのメンズ財布おすすめ9:【コンパクトな折りたたみ】ポルトフォイユ・ミュルティプル

  • ポルトフォイユ・ミュルティプル
  • ポルトフォイユ・ミュルティプル中

極力現金を持ち歩きたくない方には、コンパクトでスリムなポルトフォイユ・ミュルティプルがおすすめ。

キャッシュレス時代にはコンパクトな財布の人気が高く、男性には数枚のカードと予備の紙幣のみ持ち歩くミニマリストスタイルの方も多いのではないでしょうか。

そんな方には、ジャケットやパンツのポケットにも入れられる二つ折り財布がいいでしょう。

コンパクトでも劣らない高級感があるのが、さすがルイ・ヴィトン。こちらの財布はダミエの市松模様が黒でデザインされ、さりげない光沢感を放ちます。

ちょっとした外出時にも持ち歩きしやすく、かつ大人の男性のラグジュアリー感も演出するおすすめの財布です。

ルイヴィトンのメンズ財布おすすめ10:【コンパクトなミニ財布】ディスカバリー・コンパクトウォレット

ディスカバリー・コンパクトウォレット

支払いはほとんどスマホとカードのみ。そんな方には、さらにコンパクトになったディスカバリー・コンパクトウォレットがおすすめです。

手に収まるサイズ感のミニ財布は、コンパクトさを求める人には嬉しいスマートデザイン。

見た目は小さくても、しっかりカード・紙幣・小銭が収納できる作りになっているので、予備の現金も持ち歩けます。

デザインは、タイガレザーとモノグラムキャンバスのコントラスト。美しいブルーに留め具のシルバーがアクセントとなり、モダンなルイヴィトンを楽しめます。

ミニ財布は、日常的に服のポケットに入れて持ち歩けるだけでなく、ランニング時などにも邪魔にならないのでおすすめですよ。

【番外編】ルイヴィトンのメンズ財布おすすめ:夏にピッタリのさわやかな白

  • SINCE1854 ジッピーウォレット
  • タイガラマ ジッピーウォレット
  • タイガラマ ポルトフォイユ・ブラザ
  • ダミエ・アズール ジッピーウォレット

その他男性にもおすすめしたいのが、さわやかな白を使ったルイヴィトンの財布です。

メンズ財布というと黒やグレーなどの暗い色を選びがちですが、白も実は男性にもおすすめのカラーです。

特に夏など、ファッションに白が増えるシーズンにぴったり。明るく華やかな白を財布に取り入れれば、メンズファッションの上品なアクセントになるでしょう。

有名なモノグラムやダミエの財布も、白で配色されることで一味違った新しい雰囲気に。

これまで暗めの色のルイ・ヴィトンの財布を使ってきたなら、さわやかな白で心機一転してみてはいかがでしょうか?

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のメンズ財布を中古で買うならおすすめはどこ?

女性のみならず男性も虜にする、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の財布。

いつかは手に入れたいと思っていても、高価なハイブランドの財布になかなか手が出せないという方もいるのではないでしょうか。

そんな方は、ルイ・ヴィトンの公式で購入する以外にも中古で購入する手もあります。

ここでは、ルイ・ヴィトンのメンズ財布を中古で買うメリットや、おすすめの購入場所についてご紹介していきます!

ルイヴィトンのメンズ財布を中古で買うメリットは?

  • 定価より安く手に入る
  • 新品や未使用品も手に入る
  • 公式では手に入らないレアものが見つけられる

ルイ・ヴィトンのメンズ財布を中古で買うメリットには、上記のようなことが挙げられます。

ルイ・ヴィトンの財布は特に中古でも需要が高く、数多く市場に出回っています。

そんな中で最大のメリットとなるのは、定価より安く手に入るということ。「中古品」と言っても新品や未使用が販売されていることも多く、新品と同様の状態のものが定価より安く購入できることもあります。

また中古の場合、公式では廃盤となったモデルなど、レアものも見つけられるのも大きな魅力。

現行品では見られなくなったものに出会えるチャンスもあるので、人と被らない財布をお探しの方にはおすすめです。

ルイヴィトンのメンズ財布を中古で買う方法はいくつかある

  • フリマサイトで購入する
  • リサイクルショップで購入する
  • 大手のブランド品専門店で購入する

ルイ・ヴィトンのメンズ財布を中古で買う場合、上記のような方法があります。

最も手軽で安く購入できる場所は、オンラインのフリマサイトなど。店舗に行かなくてもネットで全国的に探せることや、中古の中でも特に安く購入できるなどのメリットがあります。

ただし、個人が出品するフリマサイトではコピー品の可能性もあり、ルイヴィトンほどの人気ブランドだとその確率も上がるため注意が必要です。

その他、古着などを扱うリサイクルショップで購入する方法、大手のブランド品販売専門店で購入する方法などもあります。

少しでも安くしたい方はフリマサイトもいいですが、大手のブランド品専門店などではプロの鑑定士が状態をチェックした上で販売しているため、中古でも安心して購入したい方にはおすすめです。

ルイヴィトンのメンズ財布を中古で買うなら、おすすめは信頼のあるブランド品専門店ギャラリーレア!

ギャラリーレア

ルイ・ヴィトンのメンズ財布を中古で買う場合、おすすめするのが老舗ブランド品専門店の「ギャラリーレア(GALLERY RARE)」です。

ギャラリーレアは、偽造品や不正商品の流通を取り締まる「AACD(日本流通自主管理協会)」に加入しており、ルイ・ヴィトンのような高額なアイテムでも安心して購入することができます。

熟練したスタッフによる厳しい検品を経たアイテムが販売されており、ルイ・ヴィトンは特に品揃えも豊富。

ギャラリーレアは実店舗もありますが、オンラインで購入することも可能です。オンラインで中古品をいきなり買うのが不安であれば、ネット注文して店舗で実物を確認してから購入することもできます。

中古品は商品の状態や偽造品などの不安要素もありますが、実績のあるプロが販売するギャラリーレアなら、安心してお買い物ができますよ。

ギャラリーレア公式通販サイトで
ルイヴィトンのメンズ財布を見る

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のメンズ財布を買取に出すならどこがおすすめ?

「ずっと使ってきたルイ・ヴィトンのメンズ財布が古くなってきて、そろそろ買い替えたい…」

リピーター率の高いルイヴィトンでは、そんな方も多いかと思います。

その古くなったルイヴィトンの財布、捨ててしまうのはもったいないです。なぜなら古くなったものや使い込んであるものでも、ルイ・ヴィトンなら売れる可能性が高くなるからです。

ここからは、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のメンズ財布を買取に出す場合のメリットやおすすめの方法をご紹介していきます!

ルイヴィトンのメンズ財布を買取に出すメリットは?

  • メンズ財布の中でも圧倒的人気ブランドなため、高く売れる可能性がある
  • 買取率が高いブランドなので、たとえ古いものでも売れる可能性がある
  • 買取に出したお金が、新しい財布を買う資金になる

「いくらルイ・ヴィトンでも、古い使用品だと売れないのでは?」と思うかもしれませんが、ルイ・ヴィトンは中古といえどかなり需要が高いブランド。中古でも高めの価格で売れる可能性があります。

買取率の高いルイ・ヴィトンの財布は、古いものでも十分売れる可能性があるため、使用品でもまずは査定に出して見るのがいいでしょう。

もし状態のいいものが買取に出せれば、次のルイヴィトンの財布を購入する際の資金の足しにできるなどのメリットもありますよ。

ルイヴィトンのメンズ財布を買取に出す前にチェックしたいポイント!

  • 傷や汚れはできる限り落とす
  • 外箱など付属品もあるとなお良い
  • 名前の刻印はない方が買取額が上がる

ルイ・ヴィトンのメンズ財布を買取に出す前に、まずは自身でできる限り綺麗な状態にし、汚れなどは落としておくようにしましょう。

古いものや状態が悪いものでも、ルイ・ヴィトンなら買取してもらえる可能性は高いですが、やはり新品にできるだけ近い状態の方が買取額は高くなります。

付属の箱や袋などがあればなお良いでしょう。

またルイ・ヴィトンの財布を購入する際に、名前を刻印する方も多いかと思いますが、刻印がないものだとより買取額は上がります。

せっかく買取に出すなら少しでも高額になるよう、自身でできる限りチェックしてから持ち込むのがおすすめです。

ルイヴィトンのメンズ財布を買取に出す場合もおすすめ!ブランド品専門店のギャラリーレア

【メンズ】ルイ・ヴィトン財布のおすすめ人気ランキングTOP10を解説!【LOUIS VUITTON】

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のメンズ財布を買取に出す場合も、ブランド品専門店のギャラリーレアがおすすめです。

ルイ・ヴィトンの高価買取実績も多数あるギャラリーレア。高価買取を誇る理由は、実店舗だけでなくECサイト、大手ショッピングサイトや海外向け自社サイトなど多岐に渡る販売路があり、需要と供給のバランスの見極めができるから。

グローバルな視点で常に世界の買取相場を見ているので、「高値で売れるものを高値で買う」というシステムが成立しているのです。

店舗をはじめ、電話やメール、LINEなどでも気軽に査定ができるので、忙しくて時間がない方にもメリット。

眠っているLOUIS VUITTONのメンズ財布をお持ちの方、まずは査定に出してみてはいかがでしょうか?モデルや状態によっては、思わぬ高値がつくこともあるかもしれませんよ。

ルイ・ヴィトンの財布の高価買取査定はこちら!

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のメンズ財布についてまとめ

まとめ

  • ルイヴィトンのメンズ財布は、高級感あるデザインと実用性を兼ね備えているのが人気の理由
  • 有名なモノグラム柄からシンプルなものまであり、ビジネスシーンからプライベートまで使える
  • ルイヴィトンのメンズ財布を中古で買う・売るなら、安心のブランド品専門店ギャラリーレアがおすすめ!

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、メンズ財布の中でもトップ人気を誇る唯一無二のブランド。

誰もが認めるルイヴィトンのメンズ財布には、ハイブランドを持つことのステータスだけではない多くの魅力が詰まっています。

自分への最高のご褒美に、または大切な人へのプレゼントに。最高峰のLOUIS VUITTONの財布で、ワンランク上のメンズに生まれ変わってみてはいかがでしょうか?

そして使わないルイ・ヴィトンのお財布がございましたら、売却という選択肢もあります。

ギャラリーレアでは財布をはじめ、ルイ・ヴィトンの買取を強化しています。状態問わず、精一杯の査定額をご提示していますので、お気軽にお問い合わせください。

まずは査定から
選べる買取方法
お知らせ