ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)人気の香水おすすめランキングTOP10!メンズレディースそれぞれ解説!

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)人気の香水おすすめランキングTOP10!メンズレディースそれぞれ解説!

堅牢な旅行用カバンを販売するお店としてスタートしたルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)。今ではフランスを代表する老舗ハイブランドとして、日本を含め世界中で愛されています。

ルイ・ヴィトンと言えば良質なレザーを使ったバッグや財布などのレザーアイテムが有名です。

しかし、実は専属の調香師が作る、こだわりと個性が詰まった香水も高い人気があることをご存じですか?

パッケージデザインや、レザーの香りを加えたユニークな調香など、細部までルイ・ヴィトンらしさが感じられる香水は、男女問わずプレゼントとしても人気です。

今回はそんなルイ・ヴィトンの香水の特徴や、数ある名香の中からメンズ、レディースにおすすめの人気香水ランキングをご紹介します。

ギャラリーレアの公式通販サイトで
ルイ・ヴィトンのアイテムをチェックする

この記事を監修した鑑定士
本田 昂士
神戸元町店 店長本田 昂士

ブランド買取販売店「ギャラリーレア」で神戸元町店の店長として勤務。確かな審美眼はもちろん「お客様ひとりひとりを大切に」をモットーとした誠実な対応が持ち味。抜群のセンスが光るスタッフスタイリングは社内随一の閲覧数を誇る。ユーモアあふれる性格から社内外に多くのファンを持つ。

目次

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の香水の特徴を3つのポイントで解説!

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、歴史あるハイブランドの中でも珍しく2016年まで香水の販売を定番化していませんでした。

しかし、2012年に専門の調香師ジャック・キャヴァリエを迎え入れ、2016年からは続々と新作の香水シリーズを展開しています。

そんなルイ・ヴィトンの香水にはどんな特徴があるのか、3つのポイントをご説明します。

ルイ・ヴィトンの香水はほんのりレザーの香りを加えた個性派が人気

 

この投稿をInstagramで見る

 

Louis Vuitton(@louisvuitton)がシェアした投稿

2016年に発表されたシリーズ「レ・パルファン ルイ・ヴィトン(Les Parfums Louis Vuitton)」の7本には、どれもほんのりとレザーの香りを盛り込んでいることが話題になりました。

これはルイ・ヴィトンのブランド発足のきっかけになったトランクをイメージし、レザーバッグを持って世界中を旅する思い出を香りにしたシリーズです。

2022年2月現在で13本のラインナップがありますが、いずれも子供の頃の思い出や旅先での記憶を香りにした個性的で深いストーリーが隠されているものばかりです。

ルイ・ヴィトンというブランドのルーツを大切にしつつも、これまでにない新鮮で個性的な調合と上品な香りの数々は、既存のルイ・ヴィトンファンだけでなく、香水コレクターにも高く評価されています。

ルイ・ヴィトンの香水は「香り」を主役にするシンプルなボトルデザイン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Louis Vuitton(@louisvuitton)がシェアした投稿

2016年から販売されているルイ・ヴィトンの香水は、すべて透明なボトルに黒のキャップをつけたシンプルな円柱デザインです。

これは、ルイ・ヴィトンが手掛ける香水は、あくまでも香りが主役であるというこだわりゆえのデザインなのです。

パッケージも同じ円形を採用したデザインで、万年筆ブランドのモンブランや、ナイキなど数々の有名ブランドでデザインを担当してきたマーク・ニューソによって手掛けられました。

なめらかで上品なボトルデザインとパッケージは凛とした雰囲気と高級感がありつつも、あくまで香りを主役にするためシンプルさを追求しています。

ルイ・ヴィトンの香水は専属調香師ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュード氏が手掛けている

ヴィトンの香水の調香

現行で販売されているルイ・ヴィトンの香水は、2012年から専属調香師として活躍しているジャック・キャヴァリエ=ベルトリュード氏が手掛けています。

ジャック・キャヴァリエは、調香界のモーツァルトと呼ばれる名匠です。8歳の頃にパフューマーになると決意し、子供のころから香水の調香に関わってきました。

ルイ・ヴィトンの専属調香師になる前から、数々の高級ブランドで香水を手掛けてきた実績があり、香りが見える調香師として知られています。

トップノートからラストノートまで繊細に香りが移り変わるコントラストの美しさがジャック・キャヴァリエの調香の魅力の1つで、匂いによって特定の映像やイメージが浮かび上がると語っています。

香料にとことんこだわり、最高級の素材から生まれる香水の数々は、ルイ・ヴィトンでしか体験できない独自の香りばかりです。

【メンズ】ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の香水のおすすめ人気ランキングTOP5!

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、メンズ向けの香水を定期的に発売しています。

香水にはそれぞれ香りのテーマがあり、シンプルなデザインのボトルをひとたび開けると、個性的で上品な香りの数々を楽しめます。

ここでは、メンズにおすすめのルイ・ヴィトンの香水人気ランキングTOP5をご紹介します。

どのような香りが人気なのか、どんなシーンに合うのか詳しくまとめていますので、香り選びの参考にしてはいかがでしょうか。

【メンズ】ルイ・ヴィトンのおすすめ香水1:大人の男性の魅力を引き出すオリエンタルな香り「ヌーボー モンド」

 

この投稿をInstagramで見る

 

D U R I V A G E(@marc_durivage)がシェアした投稿

香りの種類

  • アガーウッド
  • ココア
  • サフラン
  • ウードアッサム
  • パチョリ
  • インセンス
  • ブラックカラント

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の「ヌーボー・モンド」は、ココアビーンズにウード・アッサムを組み合わせたオリエンタルな香り漂う香水です。

スモーキーな香りの中には、さりげなくサフランのスパイスを感じられ、異国情緒あふれる個性的な香りを堪能できます。

異国でたくましく生きる男性をイメージしており、これまでにない新鮮な印象を与えてくれます。

人とは違う個性的な香りを身につけたい方や、香りの冒険をしてみたい方におすすめの香水です。また、落ちきのある香りなので、ダンディな印象を与えたい方にもぴったりです。

「ヌーボー・モンド」の特徴はつけ方によって香りが大きく変わるところです。

少量を離れた位置からワンプッシュすると、ふわっと甘くビターな香りに。首元や手首など香りを強く感じやすい部分にしっかりつければ、まるで森林の中にいるかのようなウッディテイストの香りに変化します。

甘さがありますがスパイシーな印象もあり、暖かい季節に特に似合います。

オーソドックスな香りに飽きた方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

【メンズ】ルイ・ヴィトンのおすすめ香水2:パワフルなシトラスの「メテオール」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Louis Vuitton(@louisvuitton)がシェアした投稿

香りの種類

  • アガーウッド
  • マンダリン
  • ネロリ
  • ベルガモット
  • ブラックペッパー
  • ピンクペッパー
  • 花椒
  • ベチバー

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の「メテオール」は、2020年に発売されました。テーマは「流星のように力強さを感じるシトラス」です。

2018年から2年ぶりとなったメンズ香水の新作で、メテオールという名前は「流星」の「メテオ」から名づけられました。

メテオールは、ベルガモットやマンダリン、シチリアオレンジなどのはっきりしたシトラスノートを楽しめます。

みずみずしいシトラスは、やがてグレープフルーツとスパイスを組み合わせたような独特の香りに変化。カルダモンやナツメグなどのスパイスが、さわやかな香りの中に深みと力強さを与えています。

最後には土の香りと混ざり合うことで、さわやかな印象からエレガントな高級感のある香りのラストノートになっていきます。

大人の男性の清潔感とクールな印象をひきたてるメテオールは、普段使いはもちろんビジネスシーンにも活躍する上品な香りです。

また、メテオールはほかのルイ・ヴィトンの香水と重ね付けが楽しめる香水でもあります。

同じシトラス系を組み合わせればさらにさわやかな印象に。フローラルな香りやバニラなどの甘さや華やかさを感じる香水と合わせれば、女性にもおすすめの香りを作れます。

【メンズ】ルイ・ヴィトンのおすすめ香水3:スパイシーなサンダルウッドの「オーアザール」

 

この投稿をInstagramで見る

 

ParfümProbe(@parfumprobe_de)がシェアした投稿

香りの種類

  • サンダルウッド
  • カルダモン
  • アンブレットシード
  • マンダリン
  • プチグレン

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の「オーアザール」は、シトラススパイシーな香りの香水です。

「オーアザール」は「予期せぬ旅」という意味を持っており、その名前のとおり計画を立てずに自由気ままに旅する先々での出会いを期待する気持ちを香りで表現した香水です。

トップノートからサンダルウッドが香るため、ウッド系の甘めな香りが好きな方におすすめです。

サンダルウッドと相性の良いマンダリンなどのシトラスのさわやかな香りや、カルダモンなどのスパイスがアクセントとして香り、エネルギッシュで清涼感が感じられます。

まさにこれまで行ったことがないお店や、旅先、バーなど、さまざまなシーンに身にまとって出かけたい、気合いが入る香りです。

行動的な気分にさせてくれる「オーアザール」は日中の活動的な時間帯におすすめです。

【メンズ】ルイ・ヴィトンのおすすめ香水4:イマジネーションを刺激する「イマジナシオン」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Louis Vuitton(@louisvuitton)がシェアした投稿

香りの種類

  • アンブロックス
  • ブラックティー
  • ネロリ
  • シチリアン シダー
  • カラブリア ベルガモット
  • ナイジェリアン ジンジャー
  • セイロン シナモン

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の「イマジナシオン」は、メンズ香水の中ではめずらしい紅茶系フレーバーの香水です。

お茶のフレーバーを取り入れた香水は、かつてマテ茶をテーマにした「カクタスガーデン」が販売されています。

「イマジナシオン」のテーマは空想の旅。香水のボトルは海をイメージしたマリンカラーで、壮大な海へと船を出すかのような冒険を連想させます。

メインである甘めのアンアンブロックスを感じつつ、トップノートはベルガモットのシトラスが香り、ラストノートに移行するにつれブラックティーの中に、ガイヤックウッドとインテンスが加わり、さらにワイルドで深みのある香りに変わっていきます。

シナモンやジンジャーなどのスパイスも使われているため全体的に力強くセクシーな印象ですが、それに加え、海のようなボトルのイメージをそのまま香りにしたような、アクア系の香りもしっかりと感じるのが「イマジナシオン」の特徴です。

思わず旅に出たくなるような、エネルギッシュでさわやかな香りは幅広いシーンにおすすめです。

【メンズ】ルイ・ヴィトンのおすすめ香水おすすめ5:「オラージュ」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Louis Vuitton(@louisvuitton)がシェアした投稿

香りの種類

  • ベチバー
  • イリス
  • パチョリ
  • ベルガモット
  • アンブレットシード

ウッディノートが香るルイ・ヴィトンの「オラージュ(写真中央)」は、調香師のジャック・キャヴァリエが「感覚が冴えるエネルギー」という意味を込めた香水です。

人間の脆さと、自然の荒々しさのパラドックスを香りで表現したと言われています。

香りの特徴はパチョリやペチパーのシングルノートです。

ほんのり香るベルガモットオレンジは柑橘系の甘い爽やかさを、イリスはパウダリーでエレガントな印象を与えてくれます。

シンプルな香りの中に、ホワイトムスクなどの濃厚なフレーバーも取り入れていて、優しさと力強さが共存するような香水です。

季節を選ばない香水ですが、汗ばみやすい夏には特に濃厚なウッディ香りを楽しむことができます。

【レディース】ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の香水のおすすめ人気ランキングTOP5!

香りにとことんこだわったルイ・ヴィトンの香水は、のレザーの香りを含んだユニークなものから、女性らしさを高めるフローラルな香水までバラエティ豊かな香りが生み出されています。

そんなルイ・ヴィトンの香水の中から、女性におすすめの人気香水ランキングTOP5をご紹介します。

【レディース】ルイ・ヴィトンの香水のおすすめ1.2021年新作!金木犀が香る「エトワールフィラント」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Louis Vuitton(@louisvuitton)がシェアした投稿

香りの種類

  • オスマンサス(金木犀)
  • マグノリア
  • ジャスミン

2021年に誕生したルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の新作レディース香水の1つが「エトワール・フィラント」です。

その香りは金木犀(キンモクセイ)が主役であるフローラルフレグランスをベースに、ジャスミンやストロベリー、マグノリアといったみずみずしいフローラルな香りが立ち上ります。

また、オスマンサスにアプリコットやカシスのようなフルーティな香りが重なり、独自の華やかな芳香を放ちます。

この香りは、調香師のジャック・キャヴァリエが幼少期に金木犀のオスマンサスに出会い、遠い異国を想像させる独特の香りに魅せられたことに由来し、中国の花市場で甘い香りが漂うような風景をイメージして作られました。

贅沢に花々が香る様子を表現した「エトワールフィラント」は、一言で表現できないうっとりするような香りです。

日常使いはもちろん部屋やソファ、枕などのファブリックにワンプッシュするなど、日常の生活シーンに取り入れてみてはいかがでしょうか。

【レディース】ルイ・ヴィトンの香水おすすめ2.バラ畑をイメージした「ローズ・デ・ヴァン」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Louis Vuitton(@louisvuitton)がシェアした投稿

香りの種類

  • グラース産ローズセンティフォリア
  • トルコ産ローズ
  • ブルガリア産ローズ
  • イタリアンイリス
  • シダーバージニアン

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の「ローズ・デ・ヴァン(写真右)」は、人生の行く末が素晴らしいバラ色のものになるようにという願いを込め、2016年にジャック・キャバリエがルイ・ヴィトンの専属調香師として作り出した第一作目の香水です。

「フレッシュな花々の香りをどうやってボトルに入れられるか」を追求して開発されただけあり、その香りはまさにローズ。

そのフレッシュな花の香りを再現するため、歴史上初めて「超臨界CO2抽出法」という特別な手法を花に用い、ローズの贅沢で芳醇な香りを取り出すことに成功ています。

また、ルイ・ヴィトンはこの方法を用いて、グラース産のメイローズとジャスミンから精油を抽出する独占使用権を獲得しています。

つまり、この贅沢なローズとジャスミンの香りはルイ・ヴィトンでのみ販売できる、門外不出の香水なのです。

【レディース】ルイ・ヴィトンの香水おすすめ3.太陽の日差しのように暖かい「サン・ソング」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Louis Vuitton(@louisvuitton)がシェアした投稿

香りの種類

  • オレンジブロッサム
  • レモン
  • ベルガモット
  • ネロリ
  • ジャスミン
  • ムスク

2019年に生まれたユニセックス香水の「サン・ソング(写真中央」は、地中海を連想させるエネルギッシュな太陽を閉じ込めたような柑橘系の香りを楽しめます。

レモンやベルガモットのさわやかな香りに、甘いオレンジ・ブロッサムやネロリが加わります。

そこにジャスミンとムスクによる甘さとほのかな苦みが加わり、真夏のやわらかな陽光を浴びているような暖かい気分を堪能できます。

シングルノートなので香りは大きく変化しないものの、さわやかで清潔感のある「サンソング」はまさに夏場のバカンスを彩ってくれる存在です。

ボトルカラーには、カリフォルニアの降り注ぐ日差しを浴びるサングラスのレンズから着想を得た黄色を採用し、香りに加え、見た目からもエネルギーとポジティブな気持ちを得られます。

【レディース】ルイ・ヴィトンの香水おすすめ4.マンダリンのさわやかな香りの「カリフォルニア ドリーム」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Louis Vuitton(@louisvuitton)がシェアした投稿

香りの種類

  • マンダリン
  • アンプレットシード
  • ベンゾイン

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の「カリフォルニアドリーム」は、2020年の2作目に当たる香水です。

この「カリフォルニアドリーム」の誕生のきっかけは、調香師のジャック・キャヴァリエがロサンゼルスで見た、太陽が地平線に沈んでいく情景からでした。

青空がだんだんとピンク色に染まる美しいコントラストを見たジャック・キャヴァリエは「この美しい景色を香水にしよう」と、すぐ助手に香りのレシピを伝えたと言われています。

ボトルカラーにはその風景を表現したブルーとピンクのグラデーションを採用し、とても美しく華やかな印象です。一見レディース香水のようなデザインですが、ユニセックス向けとして販売されています。

「カリフォルニアドリーム」の香りはフルーティでさわやかでフレッシュなノートが特徴です。

トップはマンダリンオレンジのシトラスノートで、ベースにはムスクやアンブレットシードなどの甘みを取り入れています。

さわやかなシトラスから、だんだんとムスキーな香りに変化する様子は、まさに日中から夜に移り変わる空を香りで再現したように感じられます。

【レディース】ルイ・ヴィトンの香水おすすめ5.JO1メンバーも推す「アトラップレーヴ」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Louis Vuitton(@louisvuitton)がシェアした投稿

香りの種類

  • カカオ
  • ピオニーアコード
  • パチョリ
  • ターキッシュローズ
  • ジンジャー
  • ベルガモット

カカオの甘い香りの中に、フローラルな印象もあるグルマン系の香水。

人気男性アイドルグループJO1のメンバーの一人が、女性につけてほしい香りの香水として選んでいることでも有名で、20代の女性や男性にも愛用者が多い香水です。

トップノートはベルガモット、ジンジャーやライチのさわやかでスパイシーな香りを楽しめます。

そしてミドルノートではピオニーとカカオパウダーを組み合わせた甘さの中に、ライチなどの柑橘系の弾けるさわやかなノートが混ざってきます。

ラストノートはパチュリが香り、全体を通してグルマン系の甘い香りが特徴です。

さまざまな香りを感じますが、お互いを打ち消さずうまく調和しています。

この調和により、これまでにないフローラルでスパイシー、そして甘さも感じる複雑で深みのある香水に仕上がっているのです。

甘いと言っても決して重くなく、季節問わず活躍する香水です。いつものファッションをワンランクアップさせるような、上質で高級感あふれる香りを堪能できます。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の香水のサンプルはどこで手に入る?もらい方はある?

ルイヴィトンのお店
ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の香水は決して安価なものではありません。

トップノートからラストノートまで、じっくりと香りを試してから購入したいという方も多いのではないでしょうか?

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の香水サンプルは、店舗で買い物をした際に2ml程度が入ったミニボトルをもらえることが多いです。そのタイミングで気になっている香りがあればサンプルがないか尋ねてみましょう。

基本的には店舗以外でサンプルをもらうことは難しいため、お住まいの場所や環境によってはサンプルをもらうことは難しいと言えるでしょう。

香りを確かめにお店へ足を運ぶのが難しい、でも確かめずに購入するのはちょっと…

そういう場合はルイ・ヴィトンの公式オンラインで香水を注文すると、気になる香りの無料のサンプルをもらう事ができます。

注文する香水と同じサンプルを選べば、届いた香水を開封する前にサンプルで香りを確認することができ、もし好みとは異なる香りの場合は本体を返品することが可能です。

返品することになった場合はサンプルも一緒に返送しなくてはいけないので、店舗でもらうサンプルとは異なり手元においておくことはできません。

多少手間はかかりますが、高価な香水ですから慎重に検討したいですね。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の香水を使った方の口コミについて解説

フランスを代表する老舗ハイブランドのルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)。

堅牢でデザイン性に富んだバッグたちを手掛けてきたルイ・ヴィトンのこだわりは、香水にも詰まっています。

ここでは、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の香水を使っている方々の口コミや感想をまとめました。

ルイ・ヴィトンの香水を使った方のTwitterの口コミ

とにかく嗅いだことがないような良い香りだと評判のルイ・ヴィトンの香水。

周りの人々から思わず「何の香水を使っているのか」と質問されるほど、忘れられない上質で気品あふれる香りを身にまとえます。

ルイ・ヴィトンの香水を使っているだけで気分が華やぐだけでなく、人としての魅力や印象をワンランクアップさせてくれます。

また、ほかの人とは一味違った香水を身にまといたい方にも人気があります。

ルイ・ヴィトンの香水を使った方のInstagramの口コミ

 

この投稿をInstagramで見る

 

kiripink????(@kiripink18)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

林檎(@ringo.lu4e)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

@niyako0220がシェアした投稿

インスタグラムでもルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の香水に魅了された方々の投稿がありました。

ルイ・ヴィトンの香水は原材料にこだわり、最高級のものを提供しているからこそ、決してお安くはありません。

しかし、だからこそ唯一無二の高級感と、個性あふれる香りは一度は身にまとってみたい上質なものばかり。

インスタグラムでもシンプルながら、香水の種類やテーマに合わせてカラーリングされた、おしゃれなボトルを撮影した写真が投稿されています。

香りはもちろん、インテリアとしても美しいデザインは、老舗ハイブランドのルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)らしい確かな品格を感じさせます。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の香水についてまとめ

まとめ

  • 調香師は調香界のモーツァルトと呼ばれるジャック・キャヴァリエ=ベルトリュード
  • 理想の香りを生み出す調香のため、独自の精油抽出方法を採用
  • レディース・メンズともに豊富な種類

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、2012年に専属の調香師ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードが就任したことをきっかけに、2016年から香水シリーズを定番化しました。

2012年から実に4年もの歳月をかけて、ていねいに作られたルイ・ヴィトンの新作香水シリーズは、素材の調達や調香にそれほどこだわったことの証です。

今では1~2年に一度は新作の香水シリーズが発表されており、レディースだけでなくメンズ香水も高い評価を受けています。

理想の香りを生み出す調香のため、精油の抽出方法1つ取ってもジャック・キャヴァリエが納得いくまで探求する姿勢は、ほかとは一線を画す最高級の香りを生み出し続けています。

そしてルイ・ヴィトン自体が、老舗ブランドとしての技術力、ブランド力を活用し、精油の抽出方法の独占使用権を得るなど、香水に対して力を注いでいることがわかります。

まだ香水の販売が定番化してから日が浅いものの、そのクオリティと気品はまさに世界トップレベルです。

思わずほかの人に自慢したくなるような、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の特別な香水を身にまとってみてはいかがでしょうか。

ギャラリーレアではルイ・ヴィトンの買取・販売に力を入れています。ルイ・ヴィトンの人気のバッグやお財布、アクセサリーなど様々なアイテムを取り扱っています。

売却をご検討中のルイ・ヴィトンのアイテムや、購入を考えているルイ・ヴィトンのアイテムがございましたら、ぜひギャラリーレアをご利用ください。

ルイ・ヴィトンの高価買取査定はこちら!

まずは査定から
選べる買取方法
お知らせ