ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

世界的に有名な人気ブランドのひとつであるルイ・ヴィトンですが、バッグや財布だけでなく靴も多数展開していることをご存知でしょうか。

個性豊かな靴が揃っているので、ファッションに合わせて足元を飾り、様々なコーディネートを楽しめるのがルイ・ヴィトンの靴の魅力です。

本記事では、ルイ・ヴィトンの靴について徹底解説しています。ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の靴のサイズ感は?サイズ表で分かりやすく解説!

ルイ・ヴィトンの靴の選び方のポイントや、レディース・メンズそれぞれにおすすめの靴TOP5も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事を監修した鑑定士
浜口 英孝
常務執行役員浜口 英孝

ブランド買取販売店「ギャラリーレア」で常務執行役員として勤務。高級時計、宝石の査定を得意とし、業界で15年以上の豊富な経験を持つ。
現在は「お客様にとっての特別な企業になる」という信念と共に、国内11の店舗を統括している。

目次

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の靴にはどんな種類がある?

ルイ・ヴィトンの靴は、フォーマルなビジネスシューズやパンプス、普段使いにおすすめのサンダルやスニーカー、ブーツなど幅広く展開しています。

きっと使いたいシーンにぴったりの靴が見つかりますよ。

ルイヴィトンの靴の種類1:ビジネスシューズ

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

ビジネス向けの靴には、レースアップタイプやスリッポンタイプなどがあり、それぞれに豊富なデザインが揃っています。

ビジネスシューズは仕事の妨げにならないよう、ブランドの主張をおさえたデザインが中心です。

その分、素材や細部までこだわって仕上げられた高品質なシューズはいずれも洗練された雰囲気があり、一目で上質な靴と分かるものばかりです。

独特のグレイン(型押し)が特徴のタイガ・レザーを使った「ケンジントン・ラインダービー」や、しなやかなワックスドカーフレザーを使用した「ヴァンドーム フレックス・ラインダービー」など、素材とモデルの組み合わせで雰囲気はガラッと異なります。

きっと持っているスーツに合う一足が見つかりますよ。

ルイヴィトンの靴の種類2:パンプス

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

ルイヴィトンのパンプスは、エレガントで上品なフォルムが特徴です。

女性の美しいシルエットを引き立てる、まさに女性の理想の靴といえるでしょう。

ビジネスシーンやパーティーシーンはもちろん、綺麗めの普段着に合わせてもおしゃれですし、デニムに合わせてカジュアルに取り入れるのもおすすめです。

ヒールの高さや太さも様々なので、歩きやすさも考慮して自分に合ったパンプスを選んでください。

ビジネスやパーティーではラインを美しく見せるピンヒール、普段のお出かけには歩きやすいブロックヒールなど、いくつか持っておいて使い分けると良いでしょう。

ルイヴィトンの靴の種類3:ローファー

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

ルイヴィトンのローファーは、フォーマルなシーンでもカジュアルなシーンでも活躍するアイテムです。

どんなファッションとも相性がよく、カジュアルになりすぎず上品なイメージに仕上げてくれます。

メンズ・レディースともに豊富に展開されており、デザイン・色・素材は多岐にわたります。

ロゴの大きさやソールの種類によって雰囲気も異なりますので、選ぶ際は細部にもこだわってみてくださいね。

ルイヴィトンの靴の種類4:サンダル

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

ルイ・ヴィトンはサンダルもメンズ・レディースともに豊富に展開があります。

メンズのサンダルは、スポーティな中にも洗練された雰囲気を感じられるデザインになっています。レザーを使用したサンダルは履き心地も抜群で、暑い季節の足元を軽快に彩ってくれます。

レディースのサンダルはバリエーションが多く、フラットソール、ウェッジソール、トングサンダルなど、夏に履きたいサンダルが数多く取り揃えられています。

アクティブに動く夏にぴったりのスポーティなサンダルもあり、海などのリゾートでも活躍するでしょう。ほどよいリラックス感のあるエスパドリーユのサンダルは、どんなファッションにも合わせやすく普段使いにぴったり。

サンダルも、パンプスと同様にヒールの細さや高さが様々なので、使うシーンに合わせてぴったりのものを選んでくださいね。

ルイヴィトンの靴の種類5:スリッポン

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

履きやすさと歩きやすさを兼ね備えたルイヴィトンのスリッポン。スリッポンはもっともシンプルなデザインですが、シンプルながら少し履きこなすのが難しいアイテム。

スリッポンを上手くコーディネートに取り入れられると、おしゃれ上級者に見えること間違いなしです。

シンプルなフォルムにモノグラムなどのヴィトンらしいモチーフが映えて、カジュアルな中にしっかりと高級感も感じられるのがヴィトンのスリッポンの魅力。

モノグラム・ジャイアントをエンボス加工した「ビバリーヒルズ・ライン」は、柔らかいカーフレザーを使用しているため伸縮性があり着脱しやすいのが特徴で、アウトソールも軽いので歩きやすさも抜群です。

用いられる素材によって手入れの方法や履き心地にも違いがあるので、スリッポンを選ぶ際は素材や履き心地にも注目してみてください。

スリッポンは頻繁に新作が発表されているので、これからルイヴィトンのスリッポンを買いたいと考えている方は、新作情報をチェックしてみてはいかがでしょう。

ルイヴィトンの靴の種類6:ブーツ

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

ルイ・ヴィトンのブーツは、ヴィトンらしい個性的なデザインからシンプルなデザインまで幅広く、それぞれにメリットがあります。

モノグラムやダミエなど、ブランドを象徴するアイコンを全面に押し出したデザインだと、ブーツの存在感が増しブーツがファッションの主役になってくれます。

シンプルなデザインのブーツなら、どんな服装にも合わせやすく普段使いもしやすいでしょう。

ルイ・ヴィトンのブーツはレースアップやサイドゴア、サイドジップなど仕様もさまざまで、それぞれ着脱のしやすさや歩きやすさが変わってきます。

レースアップは着脱に時間はかかりますが、歩く際に足元が安定し、足元の編み上げがコーデのアクセントに。着脱しやすさを重視するならサイドジップやサイドゴアがおすすめ。

見た目の可愛さだけでレースアップを選んでしまうと、人によっては着脱が面倒で履く機会が減ってしまったりすることも・・・。

着脱のしやすさも考慮して、自分に合うものを選んでみてくださいね。

ルイヴィトンの靴の種類7:スニーカー

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

デザイン性だけでなく履き心地にもこだわっているルイ・ヴィトンのスニーカー。メンズ向けもレディース向けも豊富に展開していて、デザインの選択肢も幅広いです。

ルイヴィトンの定番である白のスニーカーは、ファッショ二スタの鉄板アイテムなので1足は持っておきたいところ。どんな服装にも合わせやすく、初めてルイ・ヴィトンのスニーカーを購入する方にもおすすめできます。

他にもヴィトンのスニーカーは、個性的なデザインが多くカラー展開も豊富です。定番の白や黒はもちろん、青・赤・ピンク・緑など、ファッションのアクセントになるカラーも多数展開しています。

コーディネートの差し色として遊び心のあるデザインを選んでも、大活躍すること間違いなしです。華やかなスニーカーで足元からおしゃれを楽しみましょう。

ルイヴィトンは、ナイキやシュプリームなど人気ブランドとのコラボスニーカーも発売しています。どのコラボスニーカーも発売当初から大きな話題になり、売り切れも続出していました。

レアスニーカーが好きな人には、人気ブランドとのコラボスニーカーもおすすめです。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の靴の3つの選び方

ルイ・ヴィトンの靴はバリエーションが豊富なので、1つに絞るのは難しいと思います。

そこで、選び方のポイントを3つピックアップしたので、順番にひとつずつ解説していきます。ポイントを抑えて靴選びに役立ててくださいね。

ルイヴィトンの靴の選び方1:使うシーンで選ぶ

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

最初に、ルイヴィトンの靴を使うシーンから考えてみましょう。仕事で使いたい方は、ビジネスシューズやローファー、パンプスなどから選ぶことになるでしょう。

普段履きしたいという方は、スニーカーやスリッポン、サンダルやブーツなどから、自分のファッションに合わせて選ぶのがおすすめ。ローファーやパンプスなら、仕事でも普段のファッションでも使いやすいでしょう。

ヴィトンの靴は様々なデザインのバリエーションが多いので、仕事で使うなら主張が控えめで上品なアイテムがおすすめです。ロゴもそれほど主張されず、さりげないブランド感のものを選ぶと、嫌味にならずに取り入れることができます。

プライベートで使うなら、季節感も考えて選ぶと良いでしょう。夏に使いたいならサンダルやスニーカー、冬ならブーツなど、どの季節に主に履きたいかを考えるのも大事なポイントです。

1年中使えるものを選ぶなら、スニーカーやスリッポンなどが適しています。スニーカーはどんなファッションにも合わせやすいので、1足持っておくと重宝します。

ルイヴィトンの靴の選び方2:デザインで選ぶ

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

ルイヴィトンの靴には様々なデザインのアイテムが存在していて、同じモデルでもラインが違うと大きく印象が異なります。

靴においても、バッグなどと同様で定番のラインはモノグラムやダミエになるでしょう。

ヴィトンのアイテムを既に持っている場合は、バッグなどとお揃いのラインで揃えると、ファッションに統一感が出てより靴のデザインを引き立たせることができるでしょう。

ビジネスシーンで使うローファーやビジネスシューズなどであれば、ヴィトンを主張しすぎないシンプルなデザインを選ぶのがおすすめです。普段使いなら、ひと目でヴィトンと分かるようなLVのイニシャルやロゴがあしらわれたデザインの靴も良いでしょう。

合わせやすい定番の白や黒を選ぶのもおすすめですが、遊び心のあるファッションに挑戦してみたい方は、緑や赤、ピンクや青などアクセントカラーの靴を取り入れてみるのもおすすめです。ヴィトンの靴ならコーディネートの主役として、足元を飾ってくれるでしょう。

ルイヴィトンの靴の選び方3:素材や履き心地で選ぶ

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

素材や履き心地は、靴を選ぶ上で重要なポイントです。

ルイヴィトンの靴に用いられる素材は、主にトアル地やパテント・スエード・デニム・ジュート・カーフレザー・アリゲーターレザーなどがあります。

どの素材を選んでも、ルイヴィトンの靴は丈夫で履き心地も優れていますが、素材によって手入れの方法や機能性に違いがあります。それぞれの特徴について簡単に紹介します。

モノグラムやダミエで用いられるトアル地は、キャンバス素材にビニールコーティングしたもので、本革よりも軽量で雨にも強いのが特徴です。

カーフレザーは柔らかくしなやかな牛革で、最初からある程度の柔らかさがありますが、履いていくほどに馴染んでいきます。しかし、傷が付きやすく水に弱い素材でもあるので、取り扱いには注意しましょう。

パテントレザーは、革の表面にエナメル加工を施した素材で、美しい光沢があり水に強いのが特徴です。カーフレザーなどの革素材と異なり、雨に濡れてもシミになったりしないので、天候を気にせず履きたい方にもおすすめです。

「リヴォリ・ライン」などで用いられるアリゲーターレザー(ワニ革)は、より高級感が感じられラグジュアリーな存在感を演出します。

デニム素材など布製のスニーカーは、軽量でカジュアルな雰囲気が魅力ですが、汚れたり破れたりしてしまうとメンテナンスが難しいので注意が必要です。

このように素材によって様々な違いがあるため、素材の特性を理解し、ルイヴィトンの靴選びに役立ててください。

【レディース】ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の靴の人気TOP5!

ルイ・ヴィトンのレディース向けの靴、人気TOP5を紹介します。

どのモデルも履きやすさ抜群の靴ばかりです。デザインや素材にも注目して、気に入ったものを選んでください。

【レディース】ルイヴィトンの靴のおすすめ1:モノグラム ローファー グロリア・ライン

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

モノグラム・キャンバスを使用したローファー、グロリア・ラインです。軽くてしなやかな履き心地を実現し、クラシカルなデザインが特徴。

アッパー(甲革)は手縫いで丁寧に仕上げられ、他の部分とモノグラムの配色が逆になった個性的なアイテム。あしらわれた小さなLVサークルもアクセントになっています。

ビジネスシーンでも、プライベートでも活躍する1足になること間違いなしです。

【レディース】ルイヴィトンの靴のおすすめ2:モノグラム アッパーケース・ライン ローファー

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

ブランドを象徴するモノグラムを使用したアッパーケース・ライン。LVのゴールドの装飾がアクセントとなり、洗練された印象に仕上がっています。

モノグラム・キャンバスはPVCコーティングが施されているため、水や汚れに強いのも嬉しいポイントです。もし汚れてしまっても早めに柔らかい布で拭き取っておけば、綺麗に長持ちさせることができるでしょう。

アッパーケースラインは、サケット製法というインソールを使用しない伝統的な製法で作られています。サケット製法によって実現した、しなやかな履き心地も魅力です。履くほどに足に馴染んでいくのが実感できるでしょう。

【レディース】ルイヴィトンの靴のおすすめ3:パンプス マドレーヌ・ライン

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

ラウンドトゥと、ブロックヒールのくぼんだ形状が特徴的なマドレーヌ・ライン。

つややかなパテント加工の施されたカーフレザーを使用しています。カーフレザーのしなやかさが魅力で、履き心地も抜群。

また、パテント加工の素材は雨や汚れに強く、お手入れを怠らなければ綺麗な状態を保ちやすいのが魅力です。

LVイニシャルのロゴをあしらい、高級感のある上品な1足に仕上げました。フォーマルやドレッシーなシーンに活躍する1足です。

【レディース】ルイヴィトンの靴のおすすめ4:パンプス オープントゥ

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

ルイヴィトンのオープントゥパンプスは、スカートスタイル・パンツスタイルのどちらにも合わせやすい洗練されたデザインです。

また、ルイヴィトンのオープントゥパンプスは、ロゴが控えめにデザインされているモデルが多いので、さりげなくヴィトンを身に着けたい方におすすめです。

脚を長く見せたい方はヌーディーなベージュを選ぶのがおすすめですが、普段シンプルなコーディネートが多い方は赤などのアクセントカラーを選ぶと足元が華やかになりますよ。

デザインのバリエーションも多いため、ファッションに合わせて足元のおしゃれを楽しみましょう。

【レディース】ルイヴィトンの靴のおすすめ5:エスパドリーユ

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

カジュアル過ぎず上品な印象のあるエスパドリーユも、ルイヴィトンの靴の人気モデルです。底にジュート(麻)素材を使用していて履き心地も抜群、夏のカジュアル靴として人気を博しています。

エスパドリーユは通気性がいいため、着用するのはやはり夏がおすすめです。足首が見えるアンクル丈のパンツやリゾートワンピと合わせて、リラックススタイルに仕上げるとオシャレに決まります。

ジュート素材は水に弱いため、エスパドリーユは雨の日の使用は避けた方がいいでしょう。

【メンズ】ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の靴のおすすめTOP5!

続いてルイ・ヴィトンメンズ向けの靴、人気TOP5を紹介します。

フォーマルシーンからプライベートまで幅広く紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【メンズ】ルイヴィトンの靴のおすすめ1:ダミエ オースマン・ライン ダービー

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

ダミエ・パターンがエンボス加工された、さりげないデザインがおしゃれなオースマン・ライン ダービー。

ブランドの主張が強すぎないデザインで、ビジネスシーンに活躍してくれるでしょう。カーフレザーを使用しており、安定した履き心地と上質な高級感が楽しめる1足。

大人の男性の足元をドレスアップしてくれる、ラグジュアリーな1足です。

【メンズ】ルイヴィトンの靴のおすすめ2:モンテカルロ・ライン ローファー

  • モンテカルロ・ライン ローファー黒
  • モンテカルロ・ライン ローファー黄色

しなやかなカーフレザーで仕立てられたメンズローファー、モンテカルロ・ライン。

インソールを使用しないチューブラー製法と、ラバーパッドを添えて柔軟性を高めたアウトソールで、快適な履き心地の1足となっています。

LVイニシャルの金具がアクセントになり、ひと目でヴィトンと分かるラグジュアリーな存在感が魅力のローファーです。

シンプルなフォルムなのでどなたでもコーディネートを選ばず履きやすいデザインです。

【メンズ】ルイヴィトンの靴のおすすめ3:レーストラック・ライン ローファー

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

ベルト部分にあしらわれたバックルがオシャレなドライビングシューズ。

目立つロゴやシグネチャーは入っていませんが、ルイ・ヴィトンのバッグに良く用いられるバックルのため、見る人が見ればすぐにヴィトンのシューズと分かる存在感があります。

靴底はフラットでかかとまでしっかりとソールで覆われているため、ドライビングをスムーズにサポートしてくれる上、愛車のフロアを傷つけることもありません。

良く車の運転をされる方やドライブが趣味という方へのプレゼントにもおすすめの1足です。

【メンズ】ルイヴィトンの靴のおすすめ4: チャップマンブラザーズ スリッポン

ルイ・ヴィトンのレディース&メンズ靴のおすすめやサイズを詳しく解説!【LOUIS VUITTON】

個性的なデザインが展開されているルイヴィトンのスリッポン。人とは違ったデザインの靴を探している方はスリッポンから探してみるのがいいかもしれません。

モノグラムが前面にあしらわれたルイヴィトンを象徴するデザインのものから、写真のように黒豹が描かれたスリッポンなど、さまざまなアイテムが幅広く展開されています。

キャンバス素材の軽さとしなやかなラバーソールで歩きやすさも申し分ない仕上がりです。

ルイヴィトンのスリッポンの中から、自分のお気に入りの1足を見つけてみてはいかがでしょうか。

【メンズ】ルイヴィトンの靴のおすすめ5:シュプリームとのコラボスニーカー

ルイヴィトンとシュプリームのコラボスニーカー

ルイヴィトンは、ストリートファッションの人気ブランドであるシュプリームとのコラボモデルも展開しています。

表参道にポップアップストアがオープンした日には、8,700人を超える人が並ぶほどの大盛況となりました。

過去最大と言っても過言ではないほど大人気のコラボ商品となりました。

コラボモデルは今なお手に入りにくいほどの人気ですが、探している方は、中古品を取り扱うブランドリユース店で流通があるので諦めずにチェックしてみてください。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の靴は買取ってもらえる?高価買取してくれるお店はどこ?

  • 稀少性の高いヴィトンの靴は高価買取が期待できる
  • 査定はプロのバイヤーがいるブランドリユース店で
  • ギャラリーレアはルイ・ヴィトンの靴の買取実績が豊富

ルイ・ヴィトンは不動の人気のブランドなので、中古品であっても比較的高価買取をしてもらえるブランドのひとつです。

今は廃盤になっているモデルや、人気のコラボモデルなどは特に高価買取が期待できるでしょう。

また、定番モデルなども万人受けが良く市場価値が高いので、高値で買い取ってもらえる傾向にあります。

状態が良くないと値段が付かないかもしれないと思っても、ブランドリユース店に持ち込むと思わぬ高値が付くケースもありますので、もう使わないルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の靴をお持ちの方は、1度ブランドリユース店で査定してもらうことをおすすめします。

査定に持ち込む前には靴を綺麗にしておくことと、箱などの付属品も忘れずに用意しておきましょう。綺麗にしておくだけでも査定額が上がる場合があるので、持ち込む前に状態をチェックするのをお忘れなく。

ギャラリーレアではルイ・ヴィトンの買取に力をいれています。ルイ・ヴィトンの靴の売却をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

ルイ・ヴィトンの靴を買取査定
【ギャラリーレア】に問い合わせる

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の靴は中古で買える?値段はどれくらい?

  • ルイ・ヴィトンの靴は中古品も多く出回っている
  • フリマアプリよりブランドリユース店がおすすめ
  • ギャラリーレアではお探しのモデルの入荷予約も可能

ルイ・ヴィトンは幅広い世代から人気のブランドなので、ほとんどのブランドリユース店で取り扱われています。

廃盤になってしまった靴を探している方も、中古なら見つかる可能性は十分にあります。

ルイ・ヴィトンの中古品はフリマアプリに出品されるケースもありますが、フリマアプリでの購入は避けるのが無難です。

なぜなら、出品されているブランド品を自分で見極めることは難しく、思わぬトラブルに発展してしまうケースも少なくないためです。

そのため、もし中古でルイ・ヴィトンの靴を購入するなら、信頼できるブランドリユース店を利用しましょう。

経験豊富なプロの鑑定士が査定したブランド品のみを取り扱っているため、安心して購入ができます。個人間の取引ではないので、フリマアプリで懸念されるようなトラブルも避けられます。

値段についてはモデルによっても大きく変わるので、探しているモデルがある方はブランドリユース店を訪れてみてください。

人気のモデルは入荷してもすぐに売り切れてしまうケースが多く、自分に合うサイズに出会えるかどうかはタイミング次第ですが、親切なブランドリユース店なら探しているモデルを伝えておくと入荷次第連絡してくれます。

ギャラリーレアではお探しのモデルが入荷次第速やかにご連絡させていただきますので、お気軽にお声掛けください。

【ギャラリーレア】で
ルイ・ヴィトンの靴を探す

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の靴のサイズ感は?サイズ表で分かりやすく解説!

イギリスサイズ 日本サイズ 足のサイズ
3 22.5cm 22.5cm
3.5 23cm 23.0cm
4 23.5cm 23.5cm
4.5 24cm 23.9cm
5 24.5cm 24.4cm
5.5 25cm 24.8cm
6 25cm 25.2cm
6.5 25.5cm 25.6cm
7 26cm 26.0cm
7.5 26cm 26.5cm
8 26.5cm 26.9cm
8.5 27cm 27.3cm

ルイヴィトンの靴は、外国人の足に合わせて足幅がやや広めに作られているため、この表通りのサイズを購入すると大きく感じる場合もあります。

足幅が細めの方は、いきなりジャストサイズを購入するのではなく、0.5サイズ小さめか1サイズ小さめを試着してみて、履き心地を確かめるとよいでしょう。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)には子供用の靴もある?

  • ルイ・ヴィトンは子供用の靴も展開している
  • 子供靴を探すのもブランドリユース店がおすすめ

ルイ・ヴィトンには、キッズサイズの靴もあります。

すぐに成長して履けなくなってしまう子供の靴、遊びまわっているとどうしても汚れてしまいますし、できればコストを抑えたいですよね。

正規店で購入するのはちょっと予算が・・・という方は、ブランドリユース店で探してみると良いでしょう。今は在庫がないという場合でも、子供の靴のサイズを伝えておいて、ちょうどいいサイズか少し大きめが入荷したら連絡をもらいましょう。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)とナイキがコラボした靴が話題!入手方法はある?

ナイキのエアフォース1とルイ・ヴィトンがコラボしたスニーカーが、200足限定でオークションに出品され、大きな話題になりました。

モノグラムやダミエなどヴィトンを代表するラインが用いられた特別な1足となっています。

こちらのオークションの収益は、「ポスト・モダン」奨学金基金に寄付され、優秀な学生を支援するために使われました。

ルイ・ヴィトンのファンだけでなく、ナイキのファンからも購入を熱望する声が多く、コラボモデルの注目度の高さが伺えます。

現時点では一般販売は未定のため、公式からの発表があるまで楽しみに待ちましょう。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の靴についてのまとめ

まとめ

  • ルイ・ヴィトンの靴は使うシーン・デザイン・素材や履き心地で選ぶ
  • ルイ・ヴィトンの靴は、フォーマルにもカジュアルにもおすすめ
  • 廃盤モデルやコラボモデルはブランドリユース店で入手可能

ルイ・ヴィトンの靴について解説してきました。気に入ったモデルの靴が見つかったでしょうか。

フォーマルに対応できるビジネスシューズやパンプス、プライベートシーンに役立つスニーカーやブーツなど、ひと口にヴィトンの靴といっても実に幅広いアイテムが展開されています。

このようにルイ・ヴィトンの靴は様々なモデルが展開されているため、お気に入りの1足を選ぶ楽しみもありますよ。

また、ルイ・ヴィトンの靴の中には完売してしまったコラボモデルや廃盤になったモデルなどで、根強い人気を博しているものも存在します。

お探しのヴィトンの靴がある方は、ぜひ1度ギャラリーレアにご相談ください。履いていないヴィトンの靴があるという方も、喜んでお買い取りさせていただきますので、ぜひお問い合わせください。

ルイ・ヴィトンの高価買取査定はこちら!

まずは査定から
選べる買取方法
お知らせ