【エルメス(HERMES)の名刺入れ7選】人気モデルから珍しいモデルまで徹底解説いたします!

【エルメス(HERMES)の名刺入れ7選】人気モデルから珍しいモデルまで徹底解説!

バーキンやケリーなどのバッグでお馴染みのハイブランド、エルメス(HERMES)。

エルメスには上質で手触りの良いレザーを使用したシンプルで美しいデザインのアイテムが豊富に揃っており、女性なら一度は憧れたことがあるブランドなのではないでしょうか。

そんなエルメスは、バッグだけでなく財布などの小物の製作にも力を入れています。

今回は、人気ブランドであるエルメスの名刺入れについて詳しくご紹介させていただきます。

お勧めの種類や選び方などを徹底解説いたしますので、これから新しい名刺入れを購入しようとお考えの方の参考になりましたら幸いです。

この記事を監修した鑑定士
西川 直良
法人営業部 部長西川 直良

ブランド買取販売店「ギャラリーレア」で法人営業部部長として勤務。「同業間取引」オークションを先駆けてスタートさせ、牽引し続けている。
ブランドに対する深い知識と確かな審美眼、持ち前のおおらかで明るい性格から社内外に多くのファンを持つ。

エルメス(HERMES)の名刺入れの特徴3つをそれぞれ解説!

エルメス(HERMES)の名刺入れには、どんな特徴があるのでしょうか。

こちらでは、エルメスの名刺入れの特徴について詳しく解説していきます。

エルメスの名刺入れの特徴1.洗練されたデザイン

エルメス名刺入れの洗練されたデザイン

HERMESの歴史は、創業者であるティエリ・エルメスが1837年にフランスのパリで高級馬具工房を開いたことから始まりました。

当時からその製品の耐久性とデザイン性は、パリの貴族から高い評価を得ていましたが、事業の転向を考えたエルメスは、1890年に馬具からファッション業界へと大きく舵を切りました。

そこから新たなエルメスの歴史は始まり、バッグなどのレザーアイテムだけでなくアパレルアイテム、香水など幅広く展開していきました。

上質でエレガントな雰囲気を持つエルメスのアイテムは、これまで多くのデザイナーによって生み出されてきました。

彼らはエルメスの伝統を引き継ぐだけでなく、ときには大胆な手法でブランドが持つ魅力を最大限に表現しています。

その伝統あるデザインは、今回ご紹介する名刺入れにもしっかりと受け継がれています。

良質な素材にこだわった高級感のある雰囲気はそのままに、使いやすさを重視したアイテムが多数展開されています。

名刺入れはビジネスシーンで使用されることから、装飾の少ないシンプルなデザインが好まれる傾向にあります。

HERMESの名刺もシンプルなデザインになっているのですが、その中にさり気なくロゴや刻印が入っているためブランドの主張もしっかりとしてくれます。

そのデザイン力の高さは、さすがエルメスと言えますね。

エルメスの名刺入れの特徴2.最高級のレザー

エルメス名刺入れのレザー

HERMESのアイテムは、開発から生産までの全てが一貫してフランスの本社で行われています。

そのエルメス製品が作られているアトリエには革保管部という場所があり、世界中から取り寄せられた上質な革が温度や湿度などに細心の注意を払って保管されています。

アトリエで厳選された素材を使用し、ひとつひとつ職人の手作業で作ることによって高い品質を維持しているのです。

実際にエルメスの商品を手に取ってみると、滑らかな手触りと確かな質感を感じることができます。

そこには、エルメスの妥協することのない強いこだわりが感じられますね。

エルメスのレザーの種類はとても豊富で、主に牛革や山羊革、そしてクロコダイルやリザードなどの爬虫類系のレザーが使用されており、その数なんと20種類以上のにも上ります。

柔らかさのあるレザーや高級感溢れる艶やかなレザーなど、見た目や手触りにそれぞれ個性がありますが、いずれの素材も良質で、そのレザーの特性に合うアイテムに使用されています。

名刺入れなどの小物にも、例外なく厳選された素材が使用されているので、たとえ使用頻度の高いアイテムであっても長く愛用することができます。

これが、エルメス製品が幅広い年代の方から長く愛されている理由のひとつです。

エルメスの名刺入れの特徴3.コストパフォーマンス

エルメス名刺入れのコスパ

HERMESの製品は、どのアイテムも決して安価なものではありません。

その理由には、すべて職人による手作業の商品であることや素材などの圧倒的な品質の良さ、一生モノと言われるほどの耐久性の高さが挙げられます。

確かに購入する際は勇気がいる価格ではありますが、一度購入すれば一生使用することができるほどの品質の高さが伺えます。

まさに、「良いものを長く使う」という考え方にふさわしいブランドと言えますね。

バッグと比べると小ぶりなアイテムである名刺入れですが、そんな小さなアイテムの中にもエルメス伝統のクラフトマンシップは随所に光っています。

そんな最高品質のアイテムを、名刺入れですと5万円台から購入することができるのです。

名刺入れは、ブランドの中でも比較的手が届きやすいお品物ということもあり、ファーストエルメスにもふさわしいと言われています。

「バッグは高すぎて手が出ない」「エルメスは私にはまだ早い」とお考えの方も、同じ品質の名刺入れは気負いなく購入できる、比較的手の出しやすいアイテムではないでしょうか。

エルメス(HERMES)の名刺入れの選び方を3つのポイントで説明します

エルメス(HERMES)の名刺入れを購入しようと考えたら、まずは種類を悩みますよね。

選び方のポイントを簡単にご説明させていただきますので、「たくさん種類があって選べない!」という方はぜひ参考にしてください。

エルメスの名刺入れの選び方1.デザインで選ぶ

エルメス名刺入れのデザイン

名刺入れに限らず、ブランドアイテムを購入する際、まず始めに検討する点と言えばデザインではないでしょうか。

気に入ったデザインのアイテムを持つと気分も高まり、毎日の生活によりハリがでますよね。

プライベートとビジネスシーンどちらの場面で使用するかなどでも選ぶ基準は変わってきますが、ご自身が気に入るデザインかどうかはどちらの場合においても重要です。

名刺入れは常に持ち歩くアイテムのひとつなので、気に入ったデザインのアイテムを選ぶことをお勧めいたします。

エルメスの名刺入れの選び方2.素材で選ぶ

前述した通り、HERMESには非常に多くの素材が展開されています。

素材によって質感や手触りなども全く変わってくるので、エルメスの製品を購入する際は素材で選ぶという方も多くいらっしゃいます。

初めてエルメスの製品を購入するという方には、使用しやすいベーシックな素材がお勧めです。

名刺入れのような毎日使用する小物には、型崩れがしにくいシェーブルやエプソンといった硬めの素材が特に多く使用されています。

また、小物にもラグジュアリー感を求める方には高級皮革のクロコダイルなどの素材もお勧めです。

せっかくエルメスの製品を購入するのだから、思い切ってレアな素材を選ぶというのも良いですよね。

エルメスの名刺入れの選び方3.機能性で選ぶ

エルメス名刺入れの機能性

使用頻度が高いアイテムにとって最も重要なポイントと言えば、やはり機能性ではないでしょうか。

名刺入れは職業によっては毎日使用するアイテムなので、機能性は重視して選びたいですよね。

名刺入れと言っても、ポケットの数や大きさ、ボタンの有無など仕様は製品によって大きく異なります。

使用目的やどれくらいの枚数を収納するかなどを事前にシミュレーションしてから選んでいただくことで、購入後のイメージの相違などを防ぐことができます。

エルメス(HERMES)の名刺入れの人気ランキングTOP7!メンズにもおすすめです

エルメス(HERMES)の名刺入れの魅力について詳しくお伝えしてきましたが、ここからは実際のアイテムについてランキング形式でご紹介させていただきます。

エルメスの人気名刺入れ1.ベアン

  • エルメスの人気名刺入れ:ベアン
  • エルメスの人気名刺入れ:ベアン(内側)
サイズ H7.5×W10.3cm
仕様 カードポケット×2
フラットポケット×2

エルメス(HERMES)の名刺入れの中でも最も人気のアイテムといえば、ベアンではないでしょうか。

ベアンは1990年代から発売されている、エルメスの人気コレクションのひとつです。

発売当時は長財布のみの取り扱いでしたが、人気の高さから現在ではサイズ違いの財布やカードケース、キーケースなど様々なアイテムが展開されています。

ベアンの名刺入れは、エルメスの象徴である「H」マークが金具部分にワンポイントで配されている飽きの来ないシンプルなアイテムです。

見開きで両サイドにカードを収納できる仕様になっており、コンパクトで無駄のない使いやすいデザインが魅力です。

プライベートからビジネスシーンまで幅広いスタイルに合わせやすいので、日々の生活に欠かせないアイテムとなること間違いなしです。

エルメスのスモールレザーグッズの代名詞とも言えるアイテムですね!

エルメスの人気名刺入れ2.ドゴン

  • エルメスの人気名刺入れ:ドゴン
  • エルメスの人気名刺入れ:ドゴン(内側)
サイズ H7.5×W10cm
仕様 カードポケット×1
フラットポケット×1

エルメス(HERMES)の人気ウォレットであるドゴンをさらにコンパクトにしたカードケースです。

ドゴンは、1997年のエルメスコレクションで初登場し、現在まで多くの人々に愛されているシリーズです。

ドゴンのカードケースは、シンプルで洗練されたデザインが魅力のアイテムです。

小銭や鍵など小さい持ち物も収納することができるため、名刺入れとしてはもちろん、カードケースやコインケースなど幅広い用途で使用することができます。

細やかなディテールまでエルメスのこだわりを感じさせられるそのボディは、ドゴン特有の柔らかいイメージも相まっていつでも持っていたいと思わせてくれますね。

飽きのこないシンプルなデザインということもあり、様々な年代の方から愛されています。

エルメスの人気名刺入れ3.カルヴィ

  • エルメスの人気名刺入れ:カルヴィ
  • エルメスの人気名刺入れ:カルヴィ(内側)
サイズ H7×W10.5cm
仕様 スナップ開閉式
ポケット×2

エルメス(HERMES)のカードケースの中でも最もシンプルなデザインのカルヴィ。

現在、アクセサリーの次に選ばれているエルメスのプレゼントとも言われているほどの人気です。

一枚革で作られているため縫い目が一切なく、レザーの質感をふんだんに感じ、この上ないお洒落なデザインを楽しむことができます。

通常の名刺入れは片方の収納が狭くなっているものが多いですが、カルヴィは両サイドのマチが同じサイズなので、いただいた名刺と自分の名刺をしっかりと分けて収納することができます。

通常の厚みの名刺だと最大で片側20枚(両側40枚)を収納することができるので、ビジネスシーンで活躍すること間違いなしですね。

クレジットカードのような厚みのあるカード類でも片側に6~7枚ほど収納できるため、プライベートのカードケースとしても使用することができます。

デザインだけでなく使い勝手も抜群のアイテムは、多くの方に愛されています!

エルメスの人気名刺入れ4.エンヴェロープ

  • エルメスの人気名刺入れ:エンヴェロープ
  • エルメスの人気名刺入れ:エンヴェロープ(内側)
サイズ H6×W10cm
仕様 フラップ開閉式
ポケット×1

封筒型のレザーカードケース、エンヴェロープ。

一枚革を折り畳み、先端を中央にスッと挿し込んで使用するシンプルなデザインです。

上質な素材と確かなクオリティ、そして卓越したハイレベルなスタイルは、エルメス(HERMES)ならではのアイテムと言えますね。

シンプルな革小物にこそ、センスの良さが現れますよね。

とてもシンプルなデザインながら、上品さも感じることができる人気アイテムです。

カルヴィ同様、プレゼントなどに選ばれることの多いアイテムです。

エルメスの人気名刺入れ5.MC2

  • エルメスの人気名刺入れ:MC2
  • エルメスの人気名刺入れ:MC2(内側)
サイズ H7.5×W10.5cm
仕様 フラットポケット×2
カードポケット×4

2004年に誕生した男性向けのスモールレザーグッズ、MC2。

MC2とは、アインシュタインによって発表された物理学の関係式であるE=MC2から命名されており、エルメスでは「現金&クレジットカード」を意味しているそうです

コンパクトなサイズのシンプルかつ上品なデザインのカードケースなので、名刺を使う機会の多いビジネスマンに人気のアイテムです。

名刺だけでなくお札なども収納することができるため、多くの男性に求められ続けています。

エルメスの人気名刺入れ6.セリエ

  • エルメスの人気名刺入れ:セリエ
  • エルメスの人気名刺入れ:セリエ(内側)
サイズ H10.5×W6.5cm
仕様 フラットポケット×1

エルメス(HERMES)のセリエボタンがついたシンプルなデザインのカードケース。

セリエボタンはどんな素材や形のアイテムにもマッチするデザインです。

エルメスらしいシンプルで上品なデザインで、独特のオーラが漂っていますよね。

バッグや小物だけでなく、アクセサリーや洋服などエルメスの多くの製品で展開されているので、アクセサリーとカードケースなど、持ち物をさりげなく合わせて楽しむのもいいですね。

エルメスの人気名刺入れ7.ミュルチプリ・エルメス

  • エルメスの人気名刺入れ:ミュルチプリ・エルメス
  • エルメスの人気名刺入れ:ミュルチプリ・エルメス(内側)
サイズ H8×W10cm
仕様 フラットポケット×2
カードポケット×8

2018年のエルメス(HERMES)の年間テーマである「演じる。遊ぶ。プレイフルな人生!」に関連して制作されたシリーズ、ミュルチプリ。

現在はポシェットとカードケースの展開がされています。

エルメスの上質なレザーが重なったシンプルなアイテムで、「H」を型取った独特なデザインはさりげなくブランドを主張することができます。

「まさにエルメス!」と言えるそのデザイン力の高さは、見るものを釘付けにしてしまいますね。

エルメス(HERMES)の名刺入れの中古はどこで買える?参考価格は?

商品名 素材 参考定価 中古価格
ベアン シェーブル ¥183,700 ¥176,400~
エプソン ¥178,200 ¥134,400~
ドゴン トゴ ¥127,600 ¥68,100~
スイフト ¥145,200 ¥69,300~
カルヴィ エプソン ¥41,040 ¥30,200~
エンヴェロープ シェーブル ¥88,000 ¥42,000~
MC2 エプソン ¥99,000 ¥99,000~
ミュルチプリ・エルメス スイフト ¥114,400 ¥74,800~

※価格はすべて税込の金額です。
※表の中古価格は新品・未使用を基準とした価格です。お品物の状態、色、その時の相場などによって変動いたします。

一度は持ってみたい憧れのブランド、エルメス(HERMES)。

確かに素敵だけれど、「高額なアイテムが多いためなかなか手が出ない…」「正規店では廃番してしまっている」「品薄でなかなか手に入らない」とお悩みの方もいらっしゃると思います。

そんな方にぜひ見当していただきたいのが、中古アイテムの購入です。

中古アイテムの購入を考えた際に最初に浮かぶ疑問は「いくらくらいで購入できるの?」「どこで購入できるの?」などではないでしょうか。

賢くお得にエルメスの中古品をゲットするためには、まずは参考価格を知ることが重要です。

上記の表はエルメスの名刺入れの参考価格です。

シリーズや素材はもちろんの事、流通量によっても中古価格は左右されますので、参考定価と中古価格に開きの少ないものから、とってもお得に購入できるものまで存在します。

参考価格を確認したら、次に検討するのは購入する場所です。

リユースショップの実店舗、オンラインショップ、個人で出品されているフリマサイトなど、現代では様々な購入経路の選択肢があります。

しかし、購入する商品の価格が高いほど、判断は慎重にしたいものです。

中古のお品物は実際に商品を見ることによって、傷の程度や汚れの具合の相違をなくすことが可能ですので、お店を構えているショップであれば、ネットのみでなくお店で実際に確認してから検討されことをおすすめします。

インターネットで購入する場合は、アイテムの価格だけでなく返品が可能なのか、返品可能期間はどれくらいかなどもの事前の確認をしておくといいでしょう。いざ届いたときに、商品ページでは見られなかった傷や汚れがあったという場合にもスムーズに返品ができます。

また、リユースショップを利用する利点は、廃番になってしまっているお品物でも、タイミングが合えば出会えるというところです。

入荷連絡をしているお店もありますので、廃盤商品を探している方は、そのようなサービスを利用すると希望のアイテムに出会える確率が上がりますね。

以上の点を踏まえて、中古のブランドアイテムを購入する際は信頼できるインターネットサイト、または店舗で自分だけのお気に入りのアイテムを見つけてください!

≫ ギャラリーレア 公式通販サイトで名刺入れをチェックする

エルメス(HERMES)の名刺入れについてまとめ

まとめ

  • 比較的購入しやすい価格なのでファーストエルメスにもおすすめ
  • 最も人気の名刺入れはベアン
  • エルメスのアイテムは最高級素材を使用しているため長く使用できる

いかがでしたか?

エルメス(HERMES)の製品は高い品質とデザイン性から、多くの人々に求められています。

ベーシックなデザインから遊び心のあるデザインまで、幅広いアイテムを展開しているからこそ世代を超えて愛されてきたのではないでしょうか。

ギャラリーレアでは、販売・買取ともにエルメスアイテムのお取り扱いには自信があります。

気になったお品物や売却をお悩みのお品物がございましたら、ぜひ一度ご相談ください。

皆さまからのお問い合わせ、お待ちしております!

【LINEするだけ】エルメスの名刺入れの高額査定を試すならこちら!【完全無料】

お知らせ
お知らせをもっと見る
今すぐ無料査定
お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から

選べる買取方法