1979年創業 ブランド高価買取ギャラリーレア

電話番号:0120-968-979/営業時間:10:00~19:00(年末年始休業)

日々の買取品に関しての情報や、高価買取になるコツをお伝えしています。

毎日店頭にやってくるすばらしい一流品の数々。時にはバイヤーが驚くほど珍しいお品も。

バイヤーブログ

ブラシやクロスなどの道具を使ってできる、ベルトのお掃除方法【自宅でできる、腕時計のお手入れ】

おしゃれビジネスマンにとって必須アイテムの腕時計。毎日ガンガン使ってるぜ! っていう人も多いんじゃないでしょうか。

そんな腕時計ですが、一度よくチェックしてみてください。ゴミが付着していたり、手あかで汚れてたりしてません?

腕時計のベルトは体に直接触れるので、けっこう汚れやすいアイテムです。なので今回はブラシやクロスを使った、自宅で簡単にできる腕時計のお手入れ方法を、ベルトの素材(金属、皮革、ラバー)ごとにご書いていきます。

金属ブレスの腕時計のお手入れ方法

つまようじや歯ブラシを使用して汚れを落とす

金属ブレスに皮脂や水分が残っていると、たとえステンレスであってもサビる可能性があります。定期的にお手入れしましょう。

普段のお手入れ方法は、つまようじや歯ブラシ(毛先の柔らかいもの)を使って腕時計の汚れを落とす。これが基本です。

つまようじや歯ブラシには何もつけなくて大丈夫ですが、ベルトの汚れが目立つ場合、歯ブラシに水と中性洗剤を少し染み込ませましょう。特に、裏ブタ(時計本体の裏側)やコマ(時計の針を調整する部分))の隙間は汚れがたまりやすいため、入念に磨いてください。

ティッシュペーパーやクロスで拭く

汚れを一通り落とし終えたら、濡らしたティッシュペーパーやメガネ用クロス、使い古しのコットンTシャツなどを使用して汚れを拭き取りましょう。水分が残っているとサビの原因にもなるため、ドライヤーの冷風を遠目から当てて、完全に乾かしておけば万全です。

革ベルトの腕時計のお手入れ方法

基本は丁寧に乾拭き

革ベルトは水や汗が染み込みやすいので、そのまま放置していると危険です。跡が残って見た目が悪くなるだけではなく、異臭が発生することもあります。(とくに夏場!)

直射日光や乾燥にも弱いので、日常のお手入れは時計を外すごとにベルトを乾いた柔らかい布で拭き取ることが基本です。

それでもダメージが目立つようになったら、革ベルトを時計本体から外して丁寧に水拭きしましょう。十分に乾燥させたら、クリームを塗って完了です。

汚れを落としたあとは革ベルトの裏側を上に向けた状態で、風通しの良い日陰で十分に乾燥させます。

乾燥させ終わったら、仕上げに少量の保革クリームを塗りましょう。

ラバーバンドの腕時計のお手入れ方法

時計本体をラップでくるむ

ラバーベルトは先ほどの金属ブレスと違って、歯ブラシはNGです。傷がついちゃいますからね。

ラバーベルトを洗う場合には、時計本体に水が掛からないように、キッチン用のラップなどでくるんだあとに作業を開始します。

中性洗剤で拭いて乾かす

5倍程度に薄めた中性洗剤をタオルに少量つけて、ベルトの汚れた箇所を拭きます。汚れを除去したあと、水を含ませたタオルを使用してベルトについた中性洗剤を落としましょう。最後に、ドライヤーで乾燥させれば完了です。

また、ラバー自体の弾力が弱くなった場合は、そのまま使い続けるとひび割れが発生してベルトが切れてしまう危険もあるため、早めに交換することをおすすめします。

腕時計のベルトはこまめに掃除して、きれいな状態を保ちましょう

簡単ですが、素材別に掃除の方法を紹介しました。お手入れを定期的に行うことで腕時計をキレイに保つことが可能です。ただし素材ごとに特徴があるので、お手入れ方法が全て同じ、というわけではありません。ケースや風防にキズがついた際の修理や、時計本体部分のクリーニングなどは自分で行おうとせず、メーカーや時計専門店に修理してもらうようにしましょう。

メンテナンスを丁寧にすることで、時計を長く使えるのはもちろん、不要になったとしても買取店に引き取ってもらうという選択肢も生まれます。日頃使うものだからこそ、ぜひお手入れにも気を使ってみてください。

オススメコンテンツ