1979年創業 ブランド高価買取ギャラリーレア

電話番号:0120-968-979/営業時間:10:00~19:00(年末年始休業)

日々の買取品に関しての情報や、高価買取になるコツをお伝えしています。

毎日店頭にやってくるすばらしい一流品の数々。時にはバイヤーが驚くほど珍しいお品も。

バイヤーブログ

引き出しやケースに入れた方が良いの?腕時計の収納・保管方法、保管場所

時計好きのお客さま! 皆さんは腕時計をいくつお持ちでしょうか。複数お持ちの方はもちろん、お気に入りの1つを毎日身に着けている方であっても、家に帰れば外して休ませているはず。

このとき、どのように保管するかによって腕時計の寿命も大きく変わります。特にブランド時計の場合、いずれ手放す際に保管状態が良ければ、高価買い取りも期待できます。

今回はそんな、資産価値の高い腕時計を上手に保管する、コツのご紹介です。

収納前にお手入れを

使ったらその日のうちに

腕時計は肌に直接着けるため、皮脂や汗による汚れは避けられません。日常的に使用していれば、ホコリや細かいゴミだけでなく、手洗いなどによる水分も付いてしまいます。

そのままにしておくと本体やベルト部分を傷める原因になってしまうため、腕時計を外したら必ずその日のうちに汚れを落としましょう。

まず柔らかい布で全体を拭き取ります。これだけでも効果はありますが、綿棒やつまようじを使って細かい部分や溝を掃除すると、さらに清潔に使うことができます。

ベルトに余裕を持たせる

また、ベルト部分を傷めないためにはあらかじめ装着時の通気性をよくしておくことが有効です。サイズぴったりで着けるのではなく、指一本分の余裕を持って調整しましょう。ベルト部分は素材によってお手入れの方法も違います。

乾燥させる

金属やポリウレタンのベルトは水洗いできますが、革ベルトはできません。いずれも水分をしっかり拭き取り、乾燥させることがポイントです。

金属は摩擦によって光りますが、ポリウレタンと皮革は強くこすると色あせしたりツヤが無くなったりします。それぞれの特徴を押さえて日々のお手入れをしてください。

保管方法の基本

通気性が良い場所で

腕時計の保管の際には、ホコリや高温多湿を避け通気性が良い場所を選びましょう。機械式の腕時計は、保管場所の温度によって進みや遅れが出ることがあります。湿度が高いと時計の内部に水分が入り込み、金属部分のサビや皮革部分のカビが発生しやすくなるため、気を付けてください。

電子機器の近くに置かない

さらに注意する点として、磁気を避けることが挙げられます。機械式やクオーツ式の腕時計は、磁気によって部品が磁化すると精度に影響を及ぼします。強い磁気が内部に残ってしまった場合は、正しく作動しなくなるため専門技師が磁気を取り除く作業をしなければなりません。

電化製品は多かれ少なかれ磁気を発生させるため、テレビやオーディオ機器、パソコン、ケータイ、電子レンジ、冷蔵庫などの近くに置かないようにしてください。

また、電子機器以外にもマグネットなど、磁気の発生源は身の回りに多くあるため普段から注意しましょう。

収納ケースを活用しよう

腕時計の保管する際に、購入時の化粧箱をそのまま使う方や机の引き出しにきれいに並べている方も多いでしょう。

もちろんそれでも良いのですが、似たような箱が複数個あると中身が分かりにくくなります。また、デザイン性の高い腕時計や、ブランド物の腕時計を見えない場所にしまい込んでおくと、もったいない気がしませんか?

そこで、ふた付きで天板(正面)がガラス製の収納ケースを使えばホコリが入らず、日常的に眺めて楽しむことができるためおすすめです。

手巻き式・自動巻き式の腕時計にはワインディング機能付き、日常使いの時計にはスタンド型、観賞用にはコレクションボックス型のようにケースを使い分けると楽しみも広がるのではないでしょうか。

時計は大事な相棒! 愛を持ってお手入れを

腕時計はファッションや、TPOに合わせて選ぶことができます。普段身に着けるものだからこそ、きちんとお手入れして長持ちさせたいものですね。

ホコリは傷の原因になり、汗や水分はベルト部分の劣化を招きます。使った日の汚れはその日のうちに落とし、保管する場合は通気性や磁気などに気を配るなど、腕時計のことを考えたケアを行って愛用品を長く使っていきましょう。

オススメコンテンツ