1979年創業 ブランド高価買取ギャラリーレア

電話番号:0120-968-979/営業時間:10:00~19:00(年末年始休業)

日々の買取品に関しての情報や、高価買取になるコツをお伝えしています。

毎日店頭にやってくるすばらしい一流品の数々。時にはバイヤーが驚くほど珍しいお品も。

バイヤーブログ

革靴を長持ちさせよう! 革靴の汚れを落とす方法や、お手入れの頻度

革靴はその人を表すといわれるだけに、ビジネスマンであれば普段からきちんと手入れをしておきたいもの。

革靴は長く履き続けるほど自分の足になじんでいくのが特徴のため、お気に入りの革靴であればあるほど、できる限り長く履き続けていきたいと誰もが思うことでしょう。

そこで今回は、革靴を長持ちさせるための日常のケア方法や雨にぬれた際の対応方法、お手入れの頻度などについてご紹介します。

1日の汚れを落とす

汚れは革靴の天敵になるため、帰宅したらブラシを使用して一日のうちに革靴についた汚れやホコリを払い落としてください。

布を使用して、から拭きするだけでも表面の汚れは落ちますが、ブラシを使用する方が縫い目やソールの結合部の隙間汚れまで除去できます。使用するブラシは毛質が柔らかい馬毛ブラシがおすすめですよ。

ワックスが汚れを抑える役目を果たしているので、毎日のケアは拭き取るだけでかまいません。ブラッシング後は、シューキーパーを入れて革靴の型崩れが起きないようにしておけば良いです。

毎月1回の手入れで輝きを取り戻す

皮革が乾燥して栄養不足状態になるとひび割れの原因にもなります。靴がダメージを受けてきたと感じたら、クリームを使用して栄養を補給してあげましょう。クリームを使用した手入れは月1回が目安です。

具体的には、以下のようにケアしてください。

  1. 1.靴表面上の汚れを毎回使用するブラシで取り除く
  2. 2.汚れ落とし用の靴用クリームを使用して、古くなったクリームや染み込んだ汚れを落とす
  3. 3.靴全体の汚れを取り除いたら、新たに乳化性クリームを塗り込んでいく。つま先やかかと、靴底との縫い目部分には油性ワックスを使用する
  4. 4.靴全体を目の細かい布で磨き上げる

お手入れの頻度

クリームを使用した手入れは毎月1回が目安ですけど、実際は「間隔」よりも「履く回数」をベースに決めるといいです。どうしてかっていうと、革靴が吸った大量の汗が不快な臭いを発生させ、靴の寿命を縮めることにもつながるからです。

そのため、一度履いた靴は2日間ほど空け、クリームを使用したお手入れは7回程度履いたら行うという考え方が適切です。

一方で新品の革靴の場合、購入してから初めの頃に行うケアが後々の革質を決定づけます。

できれば最初の数か月間は、1週間に1回程度クリームを使用して手入れを行ってください。少量のクリームを継続的に塗り込んでいくことによって、革靴に必要な脂分が染み込み、水分や汚れに対する耐久性が増します。

雨の日の対策

毎回のブラッシングや定期的なクリーム補給とは別に、必ずお手入れが必要となるのが雨にぬれた場合です。

雨にぬれたままの状態で放置していると、ひび割れや型崩れが生じて革靴の劣化を早めることにもなりかねません。最悪の場合、カビが発生することも。

具体的には、以下のようにケアしてください。

  1. 1.靴の表面についた水を布で拭き取る
  2. 2.靴の中に、キッチンペーパーや新聞紙を詰め込んで水分を吸収させる。中に詰めたものはカビの発生する要因にもなるため、1日に2回程度は交換する
  3. 3.完全に乾燥するまで2~3日程度は室内の風通しの良いところで陰干しする
  4. 4.十分に水分が取れたら、定期的な手入れで使用しているクリームでしっかりコーティングする

大事な革靴はしっかり手入れしてください

革靴のお手入れは「毎回履いたあと」と「毎月1回」が基本です。

また、毎日同じ靴を履き続けていると劣化が早まるため、1回履いたら1~2日休ませて、1週間で2~3足をローテーションで履くというスタイルが理想的。

最初は面倒かもしれませんが、革靴を長持ちさせるには履き始めの時期のケアが非常に重要です。

日常的にホコリや汚れを落とすだけではなく、定期的なクリームの使用、また雨の日にはプラスアルファでケアしてあげると、靴の劣化を抑えより長く履くことができますよ。

オススメコンテンツ