婚約指輪の選び方に基準はある?? ギャラリーレアの中の人が解説!

お世話になっております。

ギャラリーレアの中の人です。

今回は、“婚約指輪(エンゲージリング)の選び方”を学んでまいりましょう。

女性の方にとって、大切な方からの大きなプレゼント。男性にとっては最愛の方への愛する記し。そんな愛の証とも言える婚約指輪の探し方を今回お伝えしたいと思います。

まずは宝石、次に宝石のセッティング方法、デザイン、さらにはアームの素材選びなどがあります。

それぞれ見ていきましょう!

婚約指輪の宝石の選び方について

エンゲージリングの定番として選ばれるのが、言わずとしれた「ダイヤモンド」です。ダイヤモンドが選ばれる理由として、まずは傷がつきにくい石の硬さ、そしてカッティングによって放つ美しい輝きが他の宝石よりも勝っていると言われているからです。

さらにダイヤモンドの石言葉が「永遠の絆、純潔」ということからも、婚約指輪にふさわしい石と言えるのではないでしょうか。最近ではピンクが色付いた、希少価値の高い「ピンクダイヤモンド」を婚約指輪に選ばれる方も多いようですよ。

セッティングについて

宝石をリング自体の土台に付けることをセッティングといいます。方法が2種類あり、「爪あり」と「爪なし」にわかれます。

「爪あり」は、光が宝石に上下左右から入ることができるので、宝石が美しく光輝くのが特徴です。ただ複数の爪で留めるため、宝石と土台に負担がかかり、宝石が外れやすくなりさらには変形しやすいという点があります。

「爪なし」は、立て爪なく宝石を土台にはめ込むので土台に負担がかかりにくく、さらには爪ありよりも高さが出ないのでひっかかりが少なく、生活する上での負担もかかりにくくなります。ただ爪があるものよりも、光を受けにくいので比較すると輝くは落ち着いているものが多いです。

デザインについて

こちらについては様々な好みがあると思います。

婚約指輪には、完成された指輪が売られている既製品、お店で用意される石やデザイン、アームの材質を組み合わせて完成させるセミオーダー、そして自分たちが思い描くイメージをデザイナーが描き、材質、石などまで自分たちのこだわりを形にするフルオーダーがあります。

アームの素材選びについて

日本ではプラチナやゴールドが主流と言えます。ゴールドの中でも、イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドなどの色合いがあり選ぶ楽しみがありますね。

欧米では、ゴールドの人気が高いようです。

ただ婚約指輪で主流とされているダイヤモンドの輝きには、プラチナのような色合いと相性が良いので、日本では支持が高いのかもしれません。

まとめ

簡単ではありますが、婚約指輪の基本的なポイントについて書いてきました。

ただ弊社はブランド専門店ですので、弊社で婚約指輪をお求めになるお客さまは皆さんブランドジュエリーを選んででいかれます。

ブランドジュエリーをエンゲージリングに選ぶ利点は、何よりも「普段から身に着けられるデザイン」ということです。

使うシーンを限定される普通の婚約指輪と比べて、大きなアドバンテージがありますよね。

ぜひハリーウィンストンやヴァンクリ、ティファニーなど憧れのブランドから、心が喜ぶ素敵なリングを見つけてみてください。

また、ギャラリーレアではジュエリーの買取もおこなっております。

ノーブランドのダイヤの買取でも、ブランドもののリングでも、もちろん高く査定いたします。

ブランド品のエンゲージリングをもらったから、古いリングは売ってしまおうかなとお考えの際にはギャラリーレアをご用命ください。

お知らせ

お知らせをもっと見る

今すぐ無料査定

お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から


選べる買取方法