ブランド品の買取ならギャラリーレア

オークネット(東証プライム:3964)のグループ会社です

ブライトリング『クロノマット』の人気モデル8選!中古相場や買取価格も徹底解説【BREITLING】

ブライトリング『クロノマット』の人気モデル8選!中古相場や買取価格も徹底解説【BREITLING】

クロノマットは、ブライトリング(BREITLING)のフラッグシップモデルで、パイロットウォッチの代名詞とも言える存在です。

「プロのための計器」として時計作りを行うブライトリングならではの高い実用性を持ちながら、ファッション製の高いデザインが特徴です。

1984年に登場して以来、時代のニーズに合わせてデザインや技術をアップデートしてきました。

2020年には新たなクロノマット42シリーズが登場し、クラシカルなデザインと最新技術を搭載したモデルに注目が集まっています。

その一方で、デザインやサイズなどバリエーションが豊富で「どれを選べばよいのかわからない」と感じてしまう方も。

今回はブライトリングのクロノマットの魅力や、おすすめモデル、そして中古相場や買取価格などを解説します。

「ブライトリングのクロノマットがほしい」「かっこいいパイロットウォッチに憧れる!」という方は、ぜひ参考にしてみてください!

この記事を監修した鑑定士
米津 圭敏
大阪第二営業部 部長米津 圭敏

ブランド買取販売店「ギャラリーレア」で大阪第二営業部部長として勤務。業界屈指の激戦区である大阪エリアにおいて10年以上の経験を持つ。
日本流通自主管理協会(AACD)の認定査定士として、ブランドに対する確かな知識とお客様に寄り添ったサービスを武器に第一線で活躍している。

目次

ブライトリング(BREITLING)クロノマットの3つの魅力

ブライトリング(BREITLING)クロノマットの主な魅力を3つご紹介します。

ブライトリング『クロノマット』の魅力1.多彩なバリエーション

 

この投稿をInstagramで見る

 

BREITLING(@breitling)がシェアした投稿

ブライトリング『クロノマット』の1つ目の魅力は、多彩なバリエーションがある点です。

クロノマットが誕生したのは1984年。イタリア空軍フレッチェ・トリコローリと協力し、プロのパイロットが本当に必要としている機能を厳選して開発されました。

クロノマットはプロ仕様の時計であるのと同時に、高いファッション性を評価され、プロだけでなく一般のファンからも高い人気を獲得しました。

こういった背景もあり、クロノマットは次々に新たなモデルをラインナップしていきます。

初期のクロノマットはクラシカルな意匠で、ケースサイズも少し小さめでした。

2004年に登場した「クロノマット・エボリューション」からはケースが大型化し、防水性も向上しています。

2009年に登場した「クロノマット44」ではデザインが一気にクラシカルになり、内部ムーブメントも刷新。自社製ムーブメント「ブライトリング01」を搭載し、スペックが大幅に向上しました。

さらに2020年には現行モデルの「クロノマット42」をリリース。ケースサイズが42mmになったと同時に、ケースとシームレスになったルーローブレスレットを採用しました。

ルーローブレスレットは、筒状のコマが生み出すなめらかな質感と優れた着用感が特徴。

これは1984年にリリースされた初代のクロノマットの意匠を引き継いでおり、クラシックな雰囲気が漂う仕上がりになっています。

これまでの無骨なデザインから上品さを感じさせるデザインへと大きく印象が変わっています。

洗練されたスポーティなデザインは、近年人気を集めているラグジュアリースポーツウォッチを思わせる風格があります。

このように、時代のニーズに合わせて大きくデザインを進化させているのが、クロノマットの特徴でもあります。

自分の好みのクロノマットのデザインはどれか、年代やモデルごとに探してみてみるのも面白いでしょう。

ブライトリング『クロノマット』の魅力2.高性能なムーブメント

 

この投稿をInstagramで見る

 

BREITLING(@breitling)がシェアした投稿

ブライトリング『クロノマット』の2つ目の魅力は、高性能なムーブメントです。

ブライトリングは、1999年に「100%クロノメーター宣言」をして時計業界を驚かせました。

クロノメーターとは、スイスクロノメーター協会(COSC)という第三者機関による、時計の精度を測る検査に合格したムーブメントのことです。

このクロノメーターに合格するムーブメントは、全体のわずか3%と言われており、その検査の厳しさはかなりのものです。

しかしブライトリングは、すべての時計をクロノメーターに通すことを宣言し、実行しました。

「高精度・高性能」を謳うブランドは数多くありますが、ブライトリングは徹底的にそれを追求するブランドなのです。

そのブライトリングが2009年に生み出したのが、完全自社開発ムーブメントの「B01」。

このキャリバー01の最大の特徴は、壊れにくい上にメンテナンスがしやすい点です。

通常、ムーブメントの設計師と時計修理を行う技術者は異なる職種になりますが、ブライトリングはキャリバー01を開発するに当たり、設計チームに修理部門の技術者を交えて開発しました。

これにより、高精度かつ壊れにくい設計でありながら、同時にメンテナンスのしやすい構造を実現できたのです。

このムーブメントのすごいところはそれだけではありません。実際に使うユーザーにとっても嬉しい設計になっています。

それが24時間いつでも日付の変更が可能という点です。

カレンダー機能がついた機械式時計は、20~3時の間に日付の変更をすることができません。なぜなら20時~3時は、カレンダーと時刻の歯車が噛み合っている時間帯だから。

そのためその時間帯に日付の変更を行うと、歯車同士がぶつかって破損してしまいます。

しかしキャリバー01は、24時間いつでも日付の表示ができる設計になっています。

このキャリバー01は「機械式クロノグラフムーブメントの完成形」とも称される、傑作ムーブメントとして知られています。

ブライトリング『クロノマット』の魅力3.ライダータブの操作性

 

この投稿をInstagramで見る

 

BREITLING(@breitling)がシェアした投稿

ブライトリング『クロノマット』の3つ目の魅力は、ライダータブの操作性が優れていることです。

ラダータブとは、回転ベゼルの「0分」「15分」「30分」「45分」の4箇所に配置された突起状の目盛りのこと。

このライダータブは突起状になっているためパイロットグローブをしていても、指にひっかかりやすく操作がしやすい特徴があります。

突起がアクセントになっており見やすかったり、耐久性に優れていたりといったメリットもあります。

また、ライダータブは、「15分」と「45分」の入れ替えが可能で、カウントアップとカウントダウン双方に使用できる機能性を備えています。

このライダータブは、クロノマット44で一旦姿を消し、突起のみの搭載となりますが、ファンからはライダータブ復活を願う声が多く上がっていました。

こうしたニーズを反映したのか、2020年に新たに登場したクロノマット42では、ライダータブが再び復活し、多くのファンが歓喜しました。

ブライトリング(BREITLING)クロノマットのおすすめモデル8選!

ブライトリング(BREITLING)クロノマットは豊富なバリエーションが魅力ですが、「どれを選べば良いのかわからない!」感じている方もいらっしゃるでしょう。

ここではブライトリングクロノマットのおすすめモデルを8つ紹介します。

ブライトリング人気モデル1:クロノマット44 黒文字盤 AB0110

ブライトリング クロノマット44 A011M24PA/AB0110 BREITLING 腕時計 AB0110 クロノグラフ

ケースサイズ 直径44mm
素材 ステンレススティール
ムーブメント ブライトリング01
防水性能 水深500m

ケースサイズ44mmと、存在感のある大きさが特徴です。ベゼルは操作性だけでなく光の反射までも考慮されたポリッシュ仕上げとなっています。

文字盤は、バーインデックスと3つ目のインダイヤルと日付表示が見事に調和しています。高スペックであることはもちろん、美しいデザイン性も備えたクロノマットの良さを体現したモデルです。

耐久性に優れたケースの設計により、500m防水を実現しているのもポイントです。

ムーブメントは、ブライトリング初の自社開発ムーブメント、キャリバー01を搭載。約70時間のパワーリザーブに加え、24時間いつでも日付変更できるなど、実用性に富んだ機能を備えています。

無骨でスポーティなクロノマットの雰囲気を存分に体現した一本です。

「無骨でメカニカルな時計がほしい」「ずっしりとした、存在感のある時計が好き」という方におすすめです。

ブライトリング人気モデル2:クロノマット44 シルバー文字盤 A012G84PA

ブライトリング クロノマット44 クロノグラフ A012G84PA BREITLING 腕時計 ウォッチ AB0110

ケースサイズ 直径44mm
素材 ステンレススティール
ムーブメント ブライトリング01
防水性能 水深500m

ブライトリングクロノマット44のシルバー文字盤です。

クロノグラフや日付表示、500m防水、自社開発ムーブメントキャリバー01といった基本的なスペックは黒文字盤と同様です。

ベゼルは、つや消しのサテン仕上げでマットな質感となっていて、黒文字盤よりもシックで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

そのため、ビジネスやフォーマルなシーンでも着用しやすく、コーデを選びません。

パワーリザーブは約70時間のため、金曜日に外し土日に別の時計を着けていても、月曜日まで動いているという実用的な時計でもあります。

ブレスレットには、フィット感のある5連のコマが連なったメタルブレスレットを採用しています。

ブライトリング全般のモデルに共通することですが、ブレスレットが手首にフィットするように計算されているため、優れた着用感を実現しています。

「ビジネスやフォーマルシーンにも使えるクロノマットがほしい」「落ち着いた雰囲気の時計が好き」という方におすすめです。

ブライトリング人気モデル3:クロノマット44 JSP 日本限定 AB011511

ブライトリング クロノマット JSP AB011511/BF70 BREITLING 腕時計 日本限定 安心保証

ケースサイズ 直径44mm
素材 ステンレススティール
ムーブメント ブライトリング01
防水性能 水深500m

キャリバー01を搭載したクロノマット44です。キャリバー01は、従来のキャリバーよりもスリムに設計されており、ケースの厚みがわずかながら薄くなっています。

しかしケースバックの作りは堅牢なものに改良されており、防水性能を前モデルの300mから500mへとアップデートしています。

こちらは日本限定のスペシャルエディションで、ベゼルにライダータブ、インデックスの両サイドに蓄光塗料を施した特別仕様になっています。

「ライダータブのついたクロノマット44がほしい」「クロノマットの限定モデルがほしい」という方におすすめです。

ブライトリング人気モデル4:クロノマットB01 42 アイスブルー文字盤

ブライトリング クロノマット B01 42 PB0134101C1S1 BREITLING アイスブルー文字盤 【安心保証】

ケースサイズ 直径42mm
素材 ステンレススティール×プラチナ×ラバーストラップ
ムーブメント ブライトリング01
防水性能 水深200m

2021年に登場したクロノマット42です。爽やかなアイスブルーが気品あふれる印象で、一味違ったクロノマットの雰囲気を味わえます。

ケースはステンレスですが、ベゼルにはプラチナ素材が使われています。クロノマットらしいスポーティな印象を残しながらも、ラグジュアリーな印象がプラスされているのも魅力です。

ベゼルの4箇所には、クロノマットを象徴するライダータブが復活しており、ブライトリングファンにはたまらない仕様となっています。

文字盤は、アイスブルーのカラーにブラックのインダイヤルのコントラストが印象的。そこに深い青色の秒針がアクセントとなっています。

ムーブメントは、ブライトリングが誇るキャリバー01を搭載しており、シースルーバックになった裏蓋からムーブメントを鑑賞することもできます。

200m防水に加え、ラバーストラップを採用しているため、マリンスポーツや海辺のアクティビティにも活用できます。

年間の製造本数が限られている特別なモデルのため、見かけたら早めに入手されることをおすすめします。

ブライトリング人気モデル5:【新作】スーパー クロノマット B01 44

ブライトリングAB0136161C1A1 スーパー クロノマット B01 44

画像出典:ブライトリング公式サイト

ケースサイズ 直径44mm
素材 ステンレススティール
ムーブメント ブライトリング01
防水性能 水深200m

2021年に登場した新作のスーパークロノマットです。

このモデルは、1980年代に発売された初期のクロノマットにインスパイアされたデザインが特徴です。

印象的なベゼルとリューズ、プッシュボタンには非常に硬度の高いセラミックインサートを使用し、堅牢性をより強固なものとしました。クロノマットでセラミック×ステンレスベゼルを用いたのはこのモデルが初となります。

もう一つの大きな特徴は、ルーローブレスレット。当時のブレスレットを再設計し、より優れた着用感を実現しています。

実際にパイロットからも「頑丈でフィット感に優れている」と評価の高いブレスレットです。

バックル部分もブライトリングのロゴが入ったワンプッシュ式を採用しており、着脱が楽になっています。

裏蓋はシースルー仕様となっており、ブライトリングの自社開発ムーブメント、キャリバー01の美しさを堪能できます。

クラシカルな意匠を忠実に再現しながらも、最新技術を駆使した高スペックかつ使いやすさにこだわったモデルと言えます。

「ヴィンテージウォッチが好き」「ラグスポテイストな時計がほしい」という方におすすめです。

ブライトリング人気モデル6:クロノマット44 ビコロ 黒文字盤 IB011012

ブライトリング クロノマット 44 ビコロ ブラック ローマ字 IB011012/B957 SS×K18PGピンクゴールド BREITLING 腕時計 ウォッチ

ケースサイズ 直径44mm
素材 ステンレススティール×K18ピンクゴールド
ムーブメント ブライトリング01
防水性能 水深500m

ベゼルのライダータブが、K18ピンクゴールドのビコロ仕様になったクロノマットです。

またライダータブに合わせて、リューズ・プッシュボタン、ローマンインデックス、針が同じくK18ピンクゴールドになっているのもポイントです。

クロノマットの無骨でスポーティなデザインに、華やかさが加わっています。

大きなローマンインデックスは、視認性に優れているだけでなくデザイン性を高めているのもポイント。

ムーブメントは、キャリバー01。パワーリザーブ約70時間に加え、24時間調整可能な日付表示など、実用性も兼ね備えたモデルです。

「通常のクロノマットでは無骨すぎる」「おしゃれで人と被らないクロノマットがほしい」という方におすすめです。

ブライトリング人気モデル7:クロノマット エボリューション 日本限定400本

ブライトリング クロノマット エボリューション 日本限定400本 A13356/A156B15PA BREITLING 黒文字盤 安心保証

ケースサイズ 直径44mm
素材 ステンレススティール
ムーブメント ブライトリング13
防水性能 水深300m

1984年の登場から20周年に当たる2004年に登場したクロノマットエボリューションです。

こちらは、日本限定400本のブラック文字盤とアラビアインデックスの組み合わせがクールなモデルです。

初期のクロノマットは、どこかクラシカルな印象の強いコレクションでしたが、エボリューションの登場によって、一気にデザインがモダンになったと言われています。

サイズもそれまでの39mmから44mmへと大きくなり、その後のクロノマット44や現行モデルのクロノマット42にも、大きな影響を与えています。

2000年代の時計とは言え、このときのブライトリングはすでに100%クロノメーター宣言をしており、こちらのムーブメントもCOSC認定、クロノメーター規格と精度の高いムーブメントです。

400本限定ということもあり、市場に出回っている数の少ない希少なモデルです。クロノマットのアラビアインデックス自体の数も少なく、レア度の高い1本と言えるでしょう。

ブライトリング人気モデル8:【レディース】クロノマット36 白文字盤

ブライトリングA10380101A3A1 クロノマット オートマチック 36

画像出典:ブライトリング公式サイト

ケースサイズ 直径36mm
素材 ステンレススティール
ムーブメント ブライトリング10
防水性能 水深100m

クロノマットと言えばメンズの時計という印象は強いですが、実はレディースモデルも展開しています。

クロノマット36は、18Kレッドゴールドやダイヤモンドを使ったコレクションを展開しています。

こちらのモデルは、36mmのケースにホワイトの文字盤、そしてバーインデックスを採用したシンプルで上品な雰囲気を持ったモデル。

クロノマットのアイコンでもあるライダータブを備えており、クロノマットのDNAはしっかりと体現されています。

ブレスレットには、初期のクロノマットに使われていたルーローブレスレットを採用しています。

ムーブメントは、COSC認定のクロノメーター規格である、キャリバー10を搭載。パワーリザーブ約42時間と実用的な点も魅力です。

モダンさとレトロな雰囲気を併せ持つデザインで、オンオフ問わず幅広いスタイルに合わせることができます。

「人とは被らないスタイリッシュな時計がほしい」「レトロな雰囲気を持った時計がほしい」という女性におすすめです。

ブライトリング(BREITLING)クロノマットの中古相場と買取価格を紹介!

ブライトリング(BREITLING)クロノマットの中古相場や買取価格がどれくらいなのか気になる方も多いかと思います。ここでは、クロノマットの人気モデルの中古相場と買取価格を紹介します。

※中古相場・買取価格ともに未使用~新品同様ランクの相場をもとにご紹介しています。状態や製造年、為替によって価格は変動します。

お持ちのクロノマットが今いくらで売れるのか知りたいという方は、無料査定を試してみましょう。

BREITLINGクロノマットの
高価買取査定はこちらから‼

ブライトリングの中古相場と買取価格1:クロノマットB01 42 PB0134101C1S1

ブライトリング クロノマット B01 42 PB0134101C1S1 BREITLING アイスブルー文字盤 【安心保証】

型番 PB0134101C1S1
中古相場 100~110万円
買取価格 70~80万円

2021年に登場したクロノマット42です。アイスブルーの文字盤は製造数が限られており、市場にあまり数が出回っていないということもあり、買取価格・中古相場ともに高額となる傾向にあります。

こちらはラバーストラップを採用したモデルですが、買取の際は時計のケースだけでなくラバーストラップの状態も買取価格に影響します。

ブライトリングのラバーストラップは丈夫ですが、ステンレスブレスレットに比べると耐久性が劣るため、劣化の激しいラバーストラップは買取額が抑えられる傾向にあります。

中古でクロノマットを購入する場合は、ストラップの状態にこだわらなければ、比較的安く手に入れられるため、ストラップを付け替えることも視野に入れて探してみると良いでしょう。

ブライトリングの中古相場と買取価格2:クロノマットB01 42 AB0134101B1A1

ブライトリング クロノマット B01 42 AB0134101B1A1 BREITLING 腕時計 ウォッチ 黒文字盤

型番 AB0134101B1A1
中古相場 60~65万円
買取価格 45~50万円

2020年に刷新されモダンレトロに生まれ変わった、クロノマット42。こちらのモデルは人気のブラックとシルバーのコントラストが印象的なモデルです。

ライダータブや3つ目のインダイヤルなど、クロノマットを象徴する意匠が散りばめられており、初めてクロノマットを購入する方からも人気の高いコレクションです。

また、市場に数が多く出回っているため、中古での価格がそれほど高騰していないのもポイントです。クロノマットをお得に手に入れたいという方は、中古での購入がおすすめです。

売却を検討している方は、付属品を一緒に持ち込むことを忘れないようにしましょう。

保証書はもちろん、箱や替えベルト、ベルト調整の際に出たコマなどの付属品が揃っていると、高価買取に繋がりやすいです。

ブライトリングの中古相場と買取価格3:クロノマット44 A011B67PA

ブライトリング クロノマット44 AB011012/B967 BREITLING 腕時計 A011B67PA

型番 A011B67PA
中古相場 40~50万円
買取価格 25~32万円

クロノマット44のシンプルなバーインデックスを配したモデルです。クロノマットの定番モデルとも言える一本で、買取価格・中古相場ともに安定しているのが特徴です。

ブライトリングの自社開発ムーブメント、キャリバー01を搭載しており、高精度かつ堅牢さも魅力です。

発売から時間が経っていることもあり、定価から比べるとお手頃に入手できるのも魅力。

「新作モデルにこだわらない」「生産終了品を入手したい」という方は、中古の時計を視野に入れてみましょう。

また中古で購入する際は、時計のメンテナンスがしっかりとされているブランド専門のリユース店での購入がおすすめです。

買取を依頼する場合は、付属品を全て揃えるのはもちろん、事前に時計の汚れを拭き取りできるだけきれいな状態にしておくと、高価買取に繋がりやすくなります。

ブライトリング(BREITLING)クロノマットの歴代モデルを解説

ブライトリング(BREITLING)クロノマットは、1984年に誕生してから40年以上にわたり、様々な進化を遂げてきました。ここではクロノマットの歴代モデルを紹介します。

ブライトリング『クロノマット2000』(1984年~2004年)

1999年に、ブライトリングが「100%クロノメーター宣言」を行った後に誕生したのがクロノマット2000です。

名前の通り2000年に誕生したモデルで、クロノメーターに合格した高精度なムーブメントを搭載しています。

文字盤には、それを裏付ける「CHRONOMETRE(クロノメーター)」の文字が記されています。

クロノマット2000は、初期のクラシカルなクロノマットの意匠を強く残した最終形とも言われています。

サイズも39mmと現行モデルよりも一回り小さく、日本人の腕にちょうどよいサイズ感も魅力です。

「現行モデルは少し大きい」「クラシカルな時計が好き」という方におすすめです。

ブライトリング『クロノマットエボリューション』(2004年~2011年)

ブライトリング クロノマット エボリューション 日本限定400本 A13356/A156B15PA BREITLING 黒文字盤 安心保証

クロノマット2000を進化させたモデルが、2004年に登場したクロノマット・エボリューションです。

クロノマット2000よりも一回り大きくなり、現行モデルに近いサイズになっています。

さらに、プッシュボタンにねじ込み式ロックを採用したことで、防水性も従来の100m防水から300m防水へと向上しています。

ケースサイズやスポーティな印象は、その後に続くクロノマット44や現行モデルのクロノマット42に通ずるものがありますね。

しかし文字盤のインダイヤルは、前モデルと同じく縦目であり、後継モデルとはまた違った雰囲気のあるデザインが特徴です。

ブライトリング『クロノマット44』(2009年~2020年)

ブライトリング クロノマット44 AB0110 AB011012/A690 BREITLING 腕時計 ホワイトローマン

2009年に登場したのが、クロノマット44です。

回転ベゼルが大きくなり、ライダータブは突起のみ、文字盤のインダイヤルが横3つ目になるなど、クロノマット・エボリューションから大きく進化しました。

変わったのは外装だけではありません。ムーブメントも大きく進化しました。

ブライトリングが生み出した自社開発ムーブメント、キャリバー01が搭載されています。

メンテナンス性の向上、24時間日付変更可能、パワーリザーブ約70時間とこれまでのムーブメントから20時間ほど伸びるなど、さまざまな面で大幅にスペックが向上しています。

クロノマットの数あるモデルの中でも、大型のサイズと無骨なデザインが特徴です。

「ブライトリングの技術を結集したムーブメントを堪能したい」「無骨なデザインの時計が好き」という方は、クロノマット44がおすすめです。

ブライトリング『クロノマット42』(2020年~現在)

ブライトリング クロノマット B01 42 AB0134101G1A1 BREITLING シルバー文字盤

2020年に登場した最新モデルにあたるクロノマット42は、1984年に発売された初代クロノマットの意匠を引き継いだデザインが特徴です。

ベゼルに配されたライダータブや、ルーローブレスレットなど、名作を彷彿とディテールもありながら、決して古臭くないモダンで洗練されたデザインへと昇華しています。

ケースサイズはクロノマット44よりも一回り小さい42mmと使いやすいサイズ感で、実用には申し分ない200m防水となっています。

過去の意匠と最新技術をうまく融合した、クロノマットの集大成とも言えるモデルです。

また裏蓋はシースルーバックになっているため、キャリバー01の動きを鑑賞できるのも魅力です。

「モダンレトロなクロノマットがほしい」「ヴィンテージウォッチが好きだけどある程度のスペックはほしい」という方におすすめのモデルです。

ブライトリング(BREITLING)クロノマットについてのまとめ

まとめ

  • クロノマットは高性能ムーブメントやライダータブの優れた操作性が特徴
  • 最新モデルのクロノマット42はモダンとレトロを融合したデザインが魅力
  • クロノマットは価格高騰の影響が少ないため中古で購入するのもおすすめ

ブライトリングのクロノマットは、プロのパイロットに向けた時計として登場しました。

1984年に登場し、長い歴史の中でデザインや性能の面で大きな進化を遂げてきました。年代やモデルによってデザインが異なるため、自分好みのクロノマットを探すのも楽しいでしょう。

中古相場は比較的落ち着いているため、手に入れやすい価格帯も魅力です。

クロノマットの中古時計を購入する際には、メンテナンスやアフターサービスが充実しているブランドリユース店を選びましょう。中でもブライトリングの時計を豊富に取り揃えているギャラリーレアがおすすめです。

店頭だけでなく、公式通販サイトで在庫を確認することもできるため、気になるクロノマットの在庫がないかチェックしてみましょう。

BREITLINGクロノマットを
ギャラリーレアでチェックする

まずは査定から
選べる買取方法
お知らせ