バイヤーブログ


ブランドバッグを長く使うためのケア方法と、収納・保管のコツを解説!

ブランドバッグを長く使うためのケア方法と、収納・保管のコツを解説!

欲しかったあのバッグ、自分へのご褒美に買った憧れのバッグ。 どうせならきれいなままで長く愛用したいものです。

大切なバッグをキレイに保つためには、バッグそれぞれの素材に合ったお手入れが必要です。 しっかりと丁寧にケアすれば、それだけバッグを長持ちさせてあげられますよ。

それではお手入れのコツと保管方法についてご説明していきますので、ご参考になれば幸いです。

バッグを汚したくないなら、初めが肝心です!

バッグを汚したくないなら、初めが肝心です!

まず最初に必要なものは、素材に合った保革クリームやレザークリーナー、そして防水スプレーです。

たとえばバッグのハンドルはいつも触る部分。手汗や皮脂汚れによって傷んでしまいます。 バッグのボディや底部も同様に汚れてしまいます。 汚れを取ってきれいな状態を保つためには、クリームやスプレーが必要になってきます。

かならず目立たない箇所でテストをしてから、やさしくケアしてあげましょう。

バッグの汚れは放置しない

バッグの汚れは放置しない

どれだけ気をつけていても、バッグは汚れてしまうもの。 ケアするのが遅くなればなるほど汚れは落としにくくなりますので、汚れがあるか毎日チェックをしてください。

バッグを使った後はケアが大事

バッグを使ったあとは、柔らかい布で全体を乾拭きするのがオススメ。 素材にもよりますが、毛先の柔らかいブラシでホコリなどの付着物を払い落とすのも効果的です。

また、雨にぬれてしまったときなどは、水分を拭き取ってから陰干しをしてください。 直射日光にあてると変色や退色のおそれがあるので、風通しの良い日陰で乾燥させることがポイントです。

素材別のケア方法

革製品のバッグの基本的なお手入れ方法としては、柔らかい布などで汚れを取り除き専用クリーナーを使って磨きます。 はじめは色落ちしないか確かめるため、目立たない箇所からクリーナーを使うことがポイントです。 革の種類によって合わないものもあるため、かならず確認しておきましょう。 クリーナーの使用後は保護クリームを塗り、十分に乾拭きして仕上げます。

雨などの水分が付着した場合には、素早く乾いた布で拭き取ります。 型崩れしないよう整えてから陰干しした後、クリーナーを使いお手入れしましょう。 完全に水気がなくなってから、収納するようにしてください。

ポリウレタン製のバッグであれば、プラスチック消しゴムで優しく擦ってみてください。 それでも落ちない汚れは、中性洗剤を薄めて(5~10倍程度)拭き取ります。

キャンバス地のバッグは、汚れの種類を見極めてから適した洗剤を用いてたたき落とすようにすると良いです。

ポリウレタン・キャンバス地のどちらも、洗剤成分や水分が残っていると変色の原因になります。 水拭き・乾拭きをしっかりしてから水分が残らないように乾かしてください。

バッグの収納場所をつくる

バッグの収納場所をつくる

お気に入りのバッグだからと言って、毎日使い続けるのはNGです。 使えば使うほど傷んでしまいますから、3~4日の一度のペースでバッグをローテーションして休ませてあげましょう。

バッグは立体的に使うものなので、その形状を維持することが最も傷みの少ない収納方法です。 重ねたり押し込んだりするのもNG。 その形のまま置けるように、収納場所を確保しましょう。

例えば、タンスの上にブックスタンドやファイルボックスを立てると、1つずつ仕切ってバッグを置いておけます。 クローゼットの下の方に空間がある場合は、突っ張り棒を用意してS字フックなどで掛けられるようにすることもできます。

ブランドバッグの保管のコツは?

ブランドバッグの保管のコツは?
>

大切にしている高級ブランドバッグを長く愛用するためには、正しく保管することが重要です。 手入れが面倒だからといって放置してしまうと、カビや型崩れなどのトラブルが発生します。

【保管するコツ1】短期収納か長期収納かで保管の仕方は異なる

ブランドバッグを保管する際、まずは使う頻度を考えてみてください。 ほぼ毎日使用するバッグは短期的な収納ですから、簡易的な収納方法で十分です。

カゴと布を使って収納するとよいでしょう。 バッグのサイズよりやや大きめのカゴやラックを用意し、ディスプレイするように並べて収納します。 そこにホコリがかぶらないよう、レースなどの布を上に被せておきましょう。

バッグを長期収納する場合は、汚れを落とした上で不織布保管袋を活用する方法をおすすめします。

その際、型崩れを防止するためにバッグの中に紙を入れることがポイントです。 紙は市販されている薄紙など、印刷されていない紙ならどのようなタイプでも問題ありません。 ただし紙が湿気を吸ってカビを発生させる可能性があるため、 長期保管する場合は定期的に風を通すようにしましょう。

【保管するコツ2】革製バッグは湿気に要注意

高級ブランドバッグはヨーロッパの気候に合わせて作られた革製品が多いため、日本で保管する場合は湿気対策が重要なポイントとなります。

バッグを並べて収納する場合には、適度な間隔をとることが大切です。 タンスやクローゼットにしまう際には風通しのよい上段部分で保管しましょう。

また、湿気対策として乾燥剤を使う場合には種類と量に注意が必要です。 市販されている乾燥剤の中には香り付きのものがありますが、バッグの保管には無臭タイプを選びましょう。 乾燥剤で湿気を吸収すれば、金具部分の錆びも防ぐことができます。

ただし乾燥剤を大量に入れてしまうと、革の水分まで吸収してしまう可能性があります。 必要な水分まで奪ってしまうと革が傷む原因となるため、乾燥剤の使い過ぎには注意が必要です。 狭い場所に収納するなら、乾燥剤は1つだけで十分です。

防虫剤を使用する人もいますが、あまりおすすめはできません。 揮発した防虫剤は、バッグに使われている接着剤や塗装と化学反応を起こしてバッグを劣化させる恐れがあります。 乾燥剤だけでケアは十分であると考えてください。

【保管するコツ3】バッグ同士を密着させない

エナメルや型押しなどの革製バッグを互いに接触した状態で保管すると、革同士が貼り付くこともあるため注意してください。

このような状態を避けるためには、不織布の保存袋がおすすめ。 ブランドバッグの購入時に入っている布袋よりも通気性が良くて、革に貼り付くこともありません。

さらに、バッグの中には紙を詰めて型崩れを防止し、通気性の良さを意識して保管することが大切です。 乾燥剤や防虫剤は有効ですが、使い過ぎには注意しましょう。 たまに保存袋から取り出して虫干ししてください。

日頃のお手入れで、バッグの美しさをできるだけ長く保ちましょう

日頃のお手入れで、バッグの美しさをできるだけ長く保ちましょう

ブランドバッグは、丁寧に扱えばきれいな状態のまま長く使えます。 日頃のメンテナンスはもちろん、型崩れさせずに風通しの良い場所で保管しましょう。

そして、定期的に使用することを心掛け、使わないのであれば状態が良好なうちに買取店への売却を検討してみましょう。 (その際はぜひ、ギャラリーレアへお願いします!)

それもバッグを生かす選択肢の1つです。

当買取店について

今すぐ無料査定

お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から


選べる買取方法