ロレックスのシリアルナンバーで時計の製造年数がわかる??

ロレックスのシリアルナンバーで製造年がわかる?プレミアモデル特定も可能

「自分が持っているロレックスの製造年や価値を知りたい!」

一度はこんな風に考えたことがあるのではないでしょうか?

ロレックスの腕時計は製造年によって価値が変わってきます。

今回はロレックスのシリアルナンバーと製造年の関係について解説していきます。
是非、購入や手放す際の参考にしてくださいね。

ロレックスのシリアルナンバーから製造年がわかる??

ロレックスに刻印されているシリアルナンバーから製造年がわかるのか?
気になりますよね。

結論を申し上げますと、わかるものもあれば、わからないものもあります。

ポイントは2010年より前に製造されているかどうかです。

残念ながら2010年以降に製造されたロレックスのシリアルナンバーは完全なランダムとなっているため、ナンバーから製造年を確認することはできません。

つまりシリアルナンバーをもとに製造年を推測できるのは2010年以前の時計となります。

ロレックスのシリアルナンバーは時計のどこにあるの?

ロレックスの時計本体には、その時計固有のシリアルナンバーが刻印されています。

また、ロレックスウォッチに付いてくる保証書には当然ながらシリアルナンバーが記載されています。
保証書があればわざわざブレスレットを外してシリアルを確認する必要はありません。

2010年(G番)より前のモデル

6時側のブレスレットを外したケースサイドにシリアルナンバーが記載されています。

ロレックスのシリアルナンバーで時計の製造年数がわかる??

2010年以降のモデル

文字盤内部の6時位置にある見返り部分にシリアルナンバーが刻印されています。

ロレックスのシリアルナンバーで時計の製造年数がわかる??

ロレックスのシリアルナンバーと製造年の対応表

ここからはロレックスのシリアルナンバーと製造年の早見表をご紹介します。

しかし、こちらはロレックスが正式に公表しているデータではありませんので、あくまでも参考程度にお考え下さい。

数字のみのシリアルナンバー

1925年から1987年にかけては、数字のみのシリアルが刻印されています。

数字の桁数が年代によって変わっており、

・1940年までは5ケタ
・1941年~1964年までが6ケタ
・1965年から1987年までが7ケタ

となっています。

製造年 シリアルNo 製造年 シリアルNo
1925年 ~20000 1956年 139400~
1927年 21691~ 1957年 321884~
1928年 23969~ 1958年 360171~
1929年 24747~ 1960年 693808~
1930年 28290~ 1962年 763663~
1932年 29312~ 1964年 985015~
1933年 29933~ 1965年 1259699~
1934年 30823~ 1966年 1871000~
1935年 35365~ 1967年 2163900~
1936年 37596~ 1968年 2426800~
1937年 40920~ 1969年 2689700~
1938年 43739~ 1970年 2952600~
1939年 71224~ 1971年 3215500~
1940年 99775~ 1972年 3478400~
1941年 106047~ 1973年 3741300~
1942年 143509~ 1974年 4004200~
1943年 230873~ 1975年 4267100~
1944年 269561~ 1976年 4538000~
1945年 302459~ 1977年 5008000~
1946年 387216~ 1978年 5482000~
1947年 529163~ 1979年 5958000~
1948年 628840~ 1980年 6434000~
1951年 710776~ 1981年 6910000~
1952年 840396~ 1982年 7386000~
1953年 929426~ 1983年 7862000~
1953年 941699~ 1984年 8338000~
955466~ 1985年 881400~
1954年 937170~ 1986年 9290000~
952892~ 1987年 9766000~
1955年 282632~ ~9999999

アルファベットと数字を組み合わせたシリアルナンバー

1987年の後半からは先頭にアルファベットが付いたシリアルナンバーへと変更されました。最初の5年間はROLEXのO(オー)以外を頭文字としたシリアルが使用されています。

O(オー)が使われなかったのは0(ゼロ)と混同しないためと言われています。

X以降のアルファベットはランダムで選ばれていたようで、このシリアル表記は2010年のG番まで続いています。

製造年 シリアルNo 製造年 シリアルNo
1987~88年 R000001~ 1998~99年 A000001~
1989年 L000001~ 2000年 P000001~
1990年 E000001~ 2001年 K000001~
1991年 X000001~ 2002年 Y000001~
N000001~ 2003~04年 F000001~
1992年 C000001~ 2005年 D000001~
1993年 S000001~ 2006年 Z000001~
1994~95年 W000001~ 2007~08年 M000001~
1996年 T000001~ 2009年 V000001~
1997年 U000001~ 2010年 G000001~

ランダムシリアルナンバー

2010年のG番以降は、シリアルナンバーが完全なランダム表記となっています。
したがって2010年以降のランダムシリアルから製造年を推測するのは不可能となりました。

クラスプコードでも製造年数がわかる

ロレックスのシリアルナンバーで時計の製造年数がわかる??

シリアルナンバー以外にもロレックスウォッチの製造年を確認する方法があります。
それはクラスプ(バックルを構成する金具)に刻まれている「クラスプコード」と呼ばれるものです。

上記写真のクラスプコードは「A」なので、1976年製ということがわかります。
ただし、クラスプコードもシリアルナンバー同様、完全な1年刻みではありません。あくまでも参考程度に考えてください。

また、ブレスレットが交換されている場合は当然クラスプコードも変わり、時計本体のシリアルとはズレが発生してしまうので注意しましょう。

詳しいクラスプコードの対応年については下記の表をご覧ください。

製造年 クラスプコード
1976年 A
1977年 B
1978年 C
1979年 D
1980年 E
1981年 F
1982年 G
1983年 H
1984年 I
1985年 J
1986年 K
1987年 L
1988年 M
1989年 N
1990年 O
1991年 P
1992年 Q
1993年 R
1994年 S
1995年 T もしくは W
1996年 V
1997年 Z
1998年 Z もしくは U
1999年 X
2000年 AB
2001年 DE
2002年 DT
2003年 AD
2004年 CL
2005年 MA
2006年 OP
2007年 EO
2008年 PJ
2009年 LT
2010年 RS
2011年 CP もしくは ランダム
2012年 この年以降、ランダム

なぜシリアルナンバーがあるの?

なぜシリアルナンバーがあるの?

少なくとも2010年以降に製造されたロレックスのシリアルナンバーは製造年を示すものではありません。
では、なぜシリアルナンバーが必要なのか、気になりますよね。

ここからはシリアルナンバーの必要性について説明していきます。

1.盗難時の照合
2.プレミアモデルの特定

1.盗難時の照合

万が一、盗難に遭ったとしてもシリアルナンバーが重要な手がかりとなります。

盗難された時計が売却された場合はシリアルナンバーと保証書を照合し、ご自身の時計であることを証明できます。

2.プレミアモデルの特定

また、売却する際には、シリアルナンバーからプレミアモデルが特定できます。
もし、ご自身がお持ちのロレックスがプレミアモデルだった場合は高価買取も望めるでしょう。

プレミアモデルなのにも関わらず、シリアルナンバーを確認せずに知識の薄い業者に安値で売却してしまうともったいないですよね。

売却する際は必ずシリアルナンバーを確認しプレミアモデルかどうか確かめましょう。

保証書の有無で買取価格に差が出る

売却する際は保証書があると価格が上がりそうな気がしますよね。

実は、保証書のタイプや、シリアルナンバーと保証書の組み合わせによっても買取価格に大きな差が出てきます。

組み合わせや種類によってその差額はさまざまですが、最大で数百万の差額が生まれるので、保証書は大切に保管しておきましょう。

シリアルナンバーを知り、損をしない購入や売却を

普段使っていると気に留めない、ロレックスのシリアルナンバー。

実は、製造年がわかるだけでなく、盗難時や売却時に必須の番号です。

時計のお手入れのついでに確認してみてはいかがでしょうか?

ロレックス買取はギャラリーレアで

お知らせ
お知らせをもっと見る
今すぐ無料査定
お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から

選べる買取方法