ロレックス(ROLEX)のシンボルカラーである人気のグリーンサブマリーナ

ロレックス(ROLEX)のシンボルカラーである人気のグリーンサブマリーナ

ロレックス(ROLEX)のカラーと言えば、やはりグリーンですよね。
過去のレディースモデルやハイエンドモデルなど一部を除いて、ロレックス(ROLEX)の箱はグリーンを基調としたデザインで統一されてきました。
しかし実は時計本体にシンボルカラーのグリーンを基調としたモデルはこれまでありませんでした。
なぜ作らなかったのか…?というところは定かではないですが、昔はスポーツモデルのGMTマスターも青赤(ペプシ)よりもシンプルな黒の方が人気がありましたし、単純にカラフルな色合いのモデルが不人気だったのかもしれません。

そんな中で、2003年にサブマリーナの誕生50周年を記念して、ついに登場したのがこちらのグリーンのサブマリーナ、通称「グリーンサブ」です。
人気の「Ref.16610 サブマリーナデイト」のベゼルにシンボルカラーのグリーンを採用。
型番(Ref.)にはルーレットヴェールを意味する「LV」がつきました。
販売当初から注目度は高く、中古市場でも通常の「Ref.16610 サブマリーナ」よりも「16610LV グリーンサブ」のほうが高値で取引されていました。

2010年には新型「Ref.116610LV グリーンサブ」が登場し、ベゼルがセラミックに、文字盤もグリーンに変更となりました。
そして10年が経過した2020年、新型として更に生まれ変わった「Ref.126610LV グリーンサブ」が登場。
ベゼルは旧型と同じくセラミックを採用し、文字盤は初代グリーンサブを彷彿とさせるブラックに再変更されました。

ロレックス(ROLEX)のシンボルカラーである人気のグリーンサブマリーナ
ロレックス(ROLEX)のシンボルカラーである人気のグリーンサブマリーナ

初代グリーンサブと現行グリーンサブを比較すると、ベゼルがセラミックになったことによるグリーンの色味の違いや、5桁品番から6桁品番になった際のスポーツロレックス全体における重厚感のアップなど、同じ色合いといえども見た目から大きく変わりました。

またパワーリザーブも40時間から70時間へと大幅にアップしています。
限界までゼンマイを巻けば3日動き続けるというのは、機械式時計の欠点を補う強力な進化ではないでしょうか!
特に機械式時計を複数使いまわしている方にとっては朗報と言えます。

色合いや重厚感は人それぞれ好みが分かれるところではありますが、もし現行グリーンサブをギャラリーレアで見かけた際にはぜひ一度ご試着していただき、その適度な重厚感を味わっていただけましたら幸いです。

ギャラリーレア 東心斎橋店ではロレックス(ROLEX)をはじめ、ブランド品の販売・買取を承っております。
気になる方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

LINEで問い合わせる
ロレックスの買取実績を見る
ロレックスの在庫一覧を見る
この店舗の詳細を見る

お知らせ

お知らせをもっと見る

今すぐ無料査定

お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から


選べる買取方法