どんなレザーが高価なの?皮革の種類や特徴をご紹介

どんなレザーが高価なの?皮革の種類や特徴をご紹介

皮革には、牛や豚、ワニなどさまざまな種類があり、それぞれ使用される製品や特徴が異なります。
そこで今回は、皮革にどのような種類や特徴があり、どのような皮革が高価とされているのかなどについてご紹介します。

一般的な皮革の種類と特徴

牛革

キップ
キップは、生後6カ月から2年以内の中牛の皮革です。生後6カ月以内の仔牛の革に次いで傷が少なくきめも細かいのですが、なめらかさはそれほどないといわれています。
しかし、厚みがあって強度が高いため、汎用性が高く、美しさと強度が求められる雑貨に多く使用されています。

ステアハイド
生後3カ月から6カ月以内に去勢を済ませ、生後2年以上経っている成牛の雄の皮革。比較的厚みが均一で、きめもキップに近く耐久性にすぐれているため、幅広い革製品に使用されています。

カウハイド
生後2年以上で出産を経験した雌の成牛の皮革です。厚みや強度はキップとステアハイドのほぼ中間で、大型の雑貨に使用されています。

豚革

豚の皮革は、日本国内で製造工程のすべてを行うことが可能です。革の上に3つずつ空いている穴が全層を貫通しているため、通気性にすぐれており、軽くて薄いにもかかわらず摩耗にも強いことが特徴。バッグの内装や靴の中敷きなどに多く使用されます。

鹿革

柔らかく耐水性にすぐれていることが特徴です。また、植物油でなめした革(セーム革)は、水分を吸収しても硬くならず伸びても元に戻るため、レンズや自動車を磨くための道具として使用されています。

羊革(シープ)

生後1年以上の羊の皮革です。繊維が粗いため強度はあまりありませんが、毛穴によるきめは細かく、薄くて柔らかい上に断熱効果が高いことが特徴です。そのため、衣類でも防寒着によく使用されます。

高価な皮革の種類と特徴

どんなレザーが高価なの?皮革の種類や特徴をご紹介

牛革(カーフ)

生後6カ月以内の仔牛の皮革です。主に乳牛の雄が使用されており、生後間もないため傷が少なくなめらかで、薄いことが特徴です。
生後3カ月以内の仔牛の皮革はベビーカーフと呼ばれ、カーフよりもきめが細かく薄い上に、1頭から採れる量も少ないため高級革材料とされています。

ハラコ

死産した胎児や生後間もない仔牛の皮革です。細かく柔らかい毛が密集していることが特徴。流通量が少ないため、希少価値が高い革材料です。

馬革

重量馬の臀部の皮革はコードバンと呼ばれ、採れる面積が少なく、空気や水を通さないほど繊維が緻密で光沢が美しく、硬いのが特徴です。

ヤギ革

ゴートスキン
成長したヤギの皮革。細やかで独特のシボ模様(革表面の凹凸による模様)があり、薄く柔らかいにもかかわらず、強度が高く繊維が緻密なため型くずれしにくいことが特徴。また、加工方法によっては非常に美しい光沢を持たせることも可能なため、多くの有名ブランドで使用されています。

キッドスキン
仔ヤギの皮革で、ゴートスキンよりも革のきめが細かく、柔らかい上に薄くて軽いことが特徴。生産量も少ないため、高級革材料として重宝されています。

羊革(ラムスキン)

生後1年以内の仔羊の皮革。シープと比較してみると毛穴が細く、しっとりとしています。非常に薄いため強度は低いのですが、柔軟性が高く保温性もあるため皮革素材の中でも高級品です。
また、生後半年未満の仔羊の皮革はベビーラムスキンと呼ばれ、ラムスキンよりさらに高級とされています。

その他の高価な皮革の種類と特徴

オーストリッチ

ダチョウの皮革です。型くずれの少ない丈夫な革として知られており、表面にあるいぼ状の模様(クイルマーク)がある背中の革が高級なものとされます。クイルマークが大きく盛り上がっていて、傷が少ないものほど高級です。

は虫類(ワニ革、リザードなど)

どんなレザーが高価なの?皮革の種類や特徴をご紹介

ワニ革(クロコダイル)

四角形に近いウロコの凹凸が特徴的な皮革です。ウロコが細かく、そろっているほど高級とされています。
最高級品とされるスモールクロコダイルの他、ナイルクロコダイルやラージクロコダイル、シャムクロコダイルなどの種類があります。

トカゲ革(リザード)
ナイルオオトカゲやミズオオトカゲなど、主に9種類のトカゲの皮革です。トカゲの種類によって、ウロコの大きさや模様などの特徴が異なります。

ヘビ革(パイソン、スネーク革)
アミメニシキヘビやビルマニシキヘビなどのヘビの皮革です。背中の部分を使用するベリーカット、腹部を使用するバックカットの2タイプがあります。

おわりに

皮革には、他にも象革(エレファント)やサメ革(シャークスキン)など、数多くの種類があり、同じ動物でも使用する部位、月齢や性別などの違いから使用される用途や価値が異なったり、模様の違いで価値が変わったりします。

皮革製品を選ぶときは、皮革の種類に注目してみてはいかがでしょうか。

お知らせ
お知らせをもっと見る
今すぐ無料査定
お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から

選べる買取方法