ブランド品の買取ならギャラリーレア

オークネット(東証プライム:3964)のグループ会社です

<初めて買取ご利用のお客様限定>3,000円分のAmazonギフトカードプレゼント
<初めて買取ご利用のお客様限定>3,000円分のAmazonギフトカードプレゼント
Cartier(カルティエ)のトリニティリング

カルティエのトリニティ人気アイテム20選!ピアスやネックレスも解説【Cartier】

多くの人にとって、永遠の憧れであるCartierのジュエリー。

かつてフランス国王エドワード7世に「王の宝石商、宝石商の王」と称されたCartierは、世界5大ジュエリーの1つとして数えられるブランドで、1847年の創業以来その人気は衰えることなく現在まで続いています。

Cartierのジュエリーには多くの名品が揃っていますが、そんな中でも特に有名なコレクションが「トリニティ(Trinity)」です。

この記事では、Cartierのトリニティについて徹底解説していきます。

Cartierのトリニティを手に入れたい方に向けて、その魅力や人気アイテム、お得に手に入れる方法などお伝えしていくので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

この記事を監修した鑑定士
清水 花梨
青山表参道店 店長清水 花梨

ブランド買取販売店「ギャラリーレア」で青山表参道店の店長として勤務。高級ブランドの旗艦店が立ち並ぶ表参道エリアにおいて、お客様の立場に寄り添った丁寧なヒアリング接客を武器に活躍。日・英・仏の3か国語を操り、国内だけではなく海外のお客様からの信頼も厚い。

目次

Cartier(カルティエ)のトリニティとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cartier Official(@cartier)がシェアした投稿


カルティエを代表するコレクションのトリニティ。

トリニティには「3つ組」「3重」といった意味があり、カルティエのトリニティはその言葉の通り、ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールドの3色のゴールドリングが絡み合う、シンプルな美しさが魅力です。

1924年にリングで誕生して以降、ネックレスやブレスレット、ピアスなど様々なジュエリーのデザインで登場し、男女問わず支持され続けています。

バブル期に爆発的に流行したジュエリーですが、誕生から100年ほど経った今も、マダムから若者まで幅広い層に愛されるトリニティ。

3つの素材にもそれぞれ特別な意味が込められていることも、長年愛されている秘密でしょう。

そんなトリニティに込められた意味も含め、魅力をさらに紐解いていきましょう。

Cartier(カルティエ)トリニティリングの魅力3つ

メゾンのアイコン的存在であるトリニティはリングから始まりました。

そんなトリニティリングは、長年のカルティエファンはもちろん、カルティエを初めて身に着ける方にも選ばれるアイテムです。

何がそんなに人々を引きつけるのか、カルティエのトリニティリングが持つ魅力3つを見ていきましょう。

カルティエのトリニティリングの魅力1:お守りとしての意味

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cartier Official(@cartier)がシェアした投稿

まず最初に挙げられるカルティエのトリニティリングの魅力は、デザインに込められた意味です。

3種類のゴールドはそれぞれ意味をもっており、ホワイトゴールドは「友情」、イエローゴールドは「忠誠」、ピンクゴールドは「愛」を象徴しています。

このような意味を持って生まれたトリニティですが、現在は「その意味は身に着ける人に委ねられる」とされていて、お守りとして身に着ける方も多くなっています。

フランスの芸術家ジャン・コクトーが生涯愛用していたことや、若き日のダイアナ妃が家紋入りのピンキーリングと重ね着けしていたことでも有名です。

見た目だけでなく背景にある意味も素敵なトリニティリングは、一度手に入れれば一生もののジュエリーとして愛用できるのはもちろん、パートナーとのペアリングにもぴったりです。

毎日身に着けるお守りとして、または特別なシーンでの願掛けとして、それぞれの想いを乗せて楽しめるカルティエのリングとして長年愛されています。

カルティエのトリニティリングの魅力2:豊富なラインナップ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cartier Official(@cartier)がシェアした投稿

トリニティのリングには、太さや素材にいくつかのバリエーションがあります。

代表的な3色ゴールドのトリニティ以外にも、ゴージャスな雰囲気を楽しめるダイヤをあしらったデザインや、メンズにぴったりのブラックセラミックを使用したデザインなども展開されていて、それぞれの好みやこだわりに合わせて選べるようになっています。

さらにカルティエのトリニティはリング以外にも、ネックレスブレスレットなどの展開があり、それぞれに驚くほど多彩なラインナップが用意されています。

そのため、リングを身に着ける習慣がない方はファッションに取り入れやすいブレスレットを選んだり、複数合わせてトータルコーディネートを楽しんだりと、様々な選び方ができることも魅力です。

トリニティは歴史あるコレクションのため、現行のアイテムだけでなく、中古で販売されているヴィンテージアイテムも含めると、さらに選択の幅が広がります。

カルティエファンなら誰もが知るコレクションでありつつも、選ぶものや合わせ方によって個性も出せることから、性別や世代を問わず支持されているのでしょう。

カルティエのトリニティリングの魅力3:着ける人を選ばない

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cartier Official(@cartier)がシェアした投稿

着ける人を選ばないデザインであることも、カルティエのトリニティリングの魅力です。

3つのリングが絡み合った特徴的なデザインのトリニティは、存在感がありつつも派手すぎない印象で使えるジュエリーです。フォーマルなシーンからカジュアルなシーンまで馴染むため、世代を問わず愛されています。

また3色のゴールドを使ったトリニティリングは、あらゆる肌の色に合わせやすいこともポイント。

通常イエベ肌の方にはゴールド、ブルベ肌の方にはシルバーが似合いやすいとされていますが、単色のジュエリーと異なり、3色のゴールドが使われているトリニティは、パーソナルカラーを問わずどんな肌色の方でも似合いやすくなっています。

また、他のジュエリーと重ね着けする場合も色味を選びません。カルティエを主張しすぎないデザインのため、他のコレクションやブランドと合わせても自然に馴染んで使えます。

流行り廃りのないタイムレスなデザインのため、親から受けついで使う方も多く、長く愛用できるジュエリーです。

Cartier(カルティエ)トリニティの人気リング7選!

ここからは、カルティエのトリニティの中で最も代表的なリングから、人気アイテム7選をご紹介します。

デイリーに使えるシンプルなデザインから、特別なシーンに取り入れたいラグジュアリーなデザインまでご紹介するので、豊富なラインナップの中からお気に入りのトリニティリングを見つけてみてください。

カルティエの人気リング1:トリニティ リング クラシック(MMサイズ)

Cartier(カルティエ)のトリニティ リング クラシック(MMサイズ)

最もベーシックな、カルティエのトリニティリングのクラシックモデルです。

友情を表すホワイトゴールド、忠誠を表すイエローゴールド、愛を表すピンクゴールドと、3種類のゴールドが繋がり合ったトリニティリング。

MMサイズのクラシックモデルは、存在感がありつつも主張しすぎず、コーデに馴染みやすい絶妙なサイズ感が魅力です。

トリニティは、リング1つ1つの微妙な角度の違いにより、見せ方を変えることができるのも特徴。角度をずらしてよりボリュームを持たせるなど、その日の気分によってさりげないアレンジを楽しめます。

3連のリングは一見着けにくそうに思えますが、トリニティは計算された設計で指通りもよく、スムーズな着け心地です。

一目でトリニティだとわかるリングを手に入れたいなら、王道のクラシックモデルを選んでみてはいかがでしょうか。

カルティエの人気リング2:【廃盤モデル】トリニティ リング(XSサイズ)

Cartier(カルティエ)のトリニティ リング(XSサイズ)

カルティエのトリニティリング、細身のXSサイズです。

XSサイズは、程よくボリュームのあるクラシックモデルに比べスリムな形状で、手元に華奢な印象を与えます。

控えめなカルティエのリングをお探しの方や、ピンキーリングとしてトリニティを身に着けたい方におすすめです。

XSサイズのトリニティリングは、他のリングと重ね着けしやすいのも魅力。3色のゴールドが使われているため、ゴールドからシルバーまで様々な素材にマッチし、ダイヤ付きのリングの引き立て役としても活躍します。

こちらは廃盤モデルのため現在公式では購入できませんが、中古では未使用品同様のコンディションのものも販売されているので、気になる方はチェックしてみてください。

カルティエの人気リング3:トリニティ リング ダイヤモンド(SMサイズ)

Cartier(カルティエ)のトリニティ リング ダイヤモンド(SMサイズ)

カルティエのトリニティリングのダイヤモンドをあしらったモデル。

ホワイトゴールドにダイヤを敷き詰めたトリニティリングは、手元に繊細な輝きをプラスする1点です。シンプルな中にもカルティエらしいハイエンドな雰囲気があり、パーティーシーンやオケージョンシーンで身に着けるにもぴったりです。

SMサイズはクラシックモデルに比べやや細身になっているため、ダイヤ付きでも上品な印象で着けることができ、コーデにスッと馴染んでくれます。

シンプルな3色ゴールドを華やかにアップグレードした、ダイヤが輝くトリニティリング。

多くの人が憧れを抱くトリニティにラグジュアリーなデザインを選べば、周りと差をつけられること間違いなしです。

カルティエの人気リング4:トリニティ リング(LMサイズ)

Cartier(カルティエ)のトリニティ リング(LMサイズ)

画像出典:カルティエ公式サイト

こちらは、カルティエのトリニティリングのLMサイズのモデルです。

1つ1つのリング幅が広めに作られているため、しっかりと存在感をアピールしています。

手元にボリューム感を持たせることができるので「せっかくカルティエのリングを身に着けるなら目立つ大きさを選びたい」という方におすすめです。

トリニティは洗練された雰囲気のあるリングのため、LMサイズでも決して派手すぎるということはなく、コーデの中のシンプルなアクセントとして活躍してくれます。

大胆なサイズに感じたとしても、年齢を重ねると大きめのリングがしっくりくるので、長く愛用することを考えてLMサイズを選ぶのも1つの手ですよ。

カルティエの人気リング5:トリニティ リング クラシック(セラミック)

Cartier(カルティエ)のトリニティ リング クラシック(セラミック)

個性を出したいなら、セラミックを使ったカルティエのトリニティリングがおすすめです。

通常の3色ゴールドとは一味違った雰囲気が楽しめる、ブラックセラミック×ホワイトゴールド×ダイヤモンドのトリニティリング。ゴージャスな輝きを放つパヴェダイヤを、落ち着きのあるブラックセラミックで締めてコントラストを出しています。

クールな色使いが魅力的なトリニティリングは、大人っぽいモノトーンコーデなどに合わせるのがおすすめ。ラグジュアリーにもカジュアルにも解釈できるリングとして、あらゆるシーンで活躍します。

アイコニックな3連デザインはそのままに、異素材を組み合わせてユニークに仕上げたトリニティリング。定番デザインを避けたい方は選んでみてはいかがでしょうか。

カルティエの人気リング6:トリニティ リング マストエッセンス

Cartier(カルティエ)のトリニティ リング マストエッセンス

2002年のクリスマス限定モデルとして誕生した、カルティエのトリニティリングのマストエッセンスです。

通常のトリニティとは異なり、3つのサイズのリングがレイヤーのように重なっているのが特徴的。上からピンクゴールド、ホワイトゴールド、イエローゴールドが重なる仕様で、さりげなく周りと差をつけるデザインです。

マストエッセンスは、通常のトリニティリングよりボリューム感があることも特徴。リング同士の角度をずらすことで、見せ方をさりげなくアレンジできるのもポイントです。

こちらは現在中古でのみ購入することができるので、現行とは違うレアな仕様のトリニティリングを手に入れたい方はチェックしてみてください。

カルティエの人気リング7:トリニティ リング クラシック(フルダイヤ)

Cartier(カルティエ)のトリニティ リング クラシック(フルダイヤ)

画像出典:カルティエ公式サイト

手元にゴージャスな輝きをプラスする、カルティエのフルダイヤのトリニティリング。

ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールドのそれぞれにパヴェダイヤがセットされたトリニティは、女性らしさを引き出してくれる1点です。パーティーシーンでの装いにぴったりで、コーデの主役ジュエリーとして活躍します。

カルティエのダイヤモンドは、4Cの基準に加えて独自の項目で厳選されているため、1粒1粒の質が高いのが魅力。そんな最高級のダイヤを敷き詰めたリングは、カルティエファンならずとも思わず心を奪われてしまうジュエリーです。

周りを惹きつける華やかなリングを選びたい方は、ラグジュアリーなフルダイヤのトリニティを選んでみてはいかがでしょうか。

Cartier(カルティエ)トリニティの人気ピアス&イヤリング5選!

カルティエのトリニティから、ピアス&イヤリングの人気アイテム5選をご紹介します。

トリニティのピアスやイヤリングは、リングと合わせて使うにもぴったりなので、コレクションを増やしたい方もチェックしてみてください。

カルティエの人気ピアス&イヤリング1:トリニティ ミニフープ

Cartier(カルティエ)のトリニティ ミニフープ

シンプルでありつつも印象的な耳元に仕上がる、カルティエのトリニティのミニフープピアス。

控えめなサイズ感のミニフープは、どんなコーデにも自然にマッチするため、日常使いしやすい1点です。

3色ゴールドを使っているためあらゆる肌色に馴染みやすく、一緒に着けるアクセサリーの色味も選びません。

こちらのミニフープは、現在公式ではピアスのみ購入が可能ですが、中古ではイヤリングも販売されているため、ピアスホールがない方でも選べます。

カジュアルからフォーマルまで様々なコーデに使えるトリニティのミニフープを、オンオフ兼用のジュエリーとして手に入れてみてはいかがでしょうか。

カルティエの人気ピアス&イヤリング2:トリニティ ダイヤモンド ピアス

Cartier(カルティエ)のトリニティ ダイヤモンド ピアス

こちらは、カルティエの上質なダイヤが美しいトリニティのピアスです。

1粒のダイヤの下で、かすかに揺れるリングモチーフが印象的。控えめなサイズでありつつも動きがあるため、程よく存在感も出せる1点です。

1粒ダイヤがあしらわれたトリニティのピアスは、女性らしい上品な雰囲気があり、顔まわりがさりげなく華やぐので、特にコーデが暗くなりがちな秋冬におすすめです。

クラス感のあるデザインで、大人の女性にぴったりなトリニティのピアス。ワークシーンからデートシーンまで様々なコーデに取り入れて、カルティエの美しい輝きを堪能してみてはいかがでしょうか。

カルティエの人気ピアス&イヤリング3:スウィートトリニティ ピアス

Cartier(カルティエ)のスウィートトリニティ ピアス

こちらは、ロングチェーンが特徴的なカルティエのスイートトリニティのピアスです。

動くたびに繊細に揺れるチェーンのピアスは、おしゃれな女性に人気のジュエリー。チェーンの先にトリニティのミニモチーフがあしらわれていて、華奢な印象がありながらも存在感を放っています。

縦長フォルムのロングピアスは、顔まわりをすっきりとした印象に見せられるのもポイント。耳たぶに1粒のダイヤが光るデザインで、シンプルな中に程よい高級感もプラスしています。

大袈裟になりすぎず、かつきちんと存在感をアピールするピアスを求める方は、揺れるチェーンが特徴的なスウィートトリニティを選んでみてはいかがでしょうか。

カルティエの人気ピアス&イヤリング4:トリニティ フープピアス

Cartier(カルティエ)のトリニティ フープピアス

カルティエのトリニティを大胆に取り入れたい方は、大ぶりのフープピアスを選ぶのがおすすめです。

インパクトのあるトリニティのフープピアスは、1つ取り入れるだけで目を引くこと間違いなしのジュエリー。カジュアルからエレガントまで様々なコーデにマッチし、カルティエらしさを存分にアピールできます。

大ぶりのフープピアスは、ショートヘアやアップスタイルなどに合わせてバランスを取るのがおすすめ。顔まわりとすっきりとさせることでピアスが生きて、コーデのアクセントになります。

存在感のあるトリニティのフープピアスで、周りと差をつけるおしゃれを叶えてみてはいかがでしょうか。

カルティエの人気ピアス&イヤリング5:ベビートリニティ ピアス

Cartier(カルティエ)のベビートリニティ ピアス

こちらは、コロンとしたフォルムが可愛らしいミニサイズのリングモチーフがあしらわれた、カルティエのベビートリニティのピアスです。

通常のトリニティよりも控えめな印象があるため、アピールが強すぎないピアスを選びたい方におすすめです。

チェーンには、肌馴染みのいいピンクゴールドを使用。女性らしい柔らかい雰囲気を演出し、トップにあしらわれた1粒のダイヤが、さりげなくコーデを華やかに引き立てます。

ベビートリニティのピアスは現在公式では販売されていませんが、定番とは一味違うトリニティを身に着けたい方は、中古で手に入れてみてはいかがでしょうか。

Cartier(カルティエ)トリニティの人気ネックレス5選!

次に、カルティエのトリニティからネックレスの人気アイテム5選をご紹介していきます。

ネックレスは第一印象で目につきやすく、顔まわりを華やかに飾ってくれる人気のジュエリーなので、ぜひトリニティの中からお好みの1点を見つけてみてください。

カルティエの人気ネックレス1:トリニティ ネックレス

Cartier(カルティエ)のトリニティ ネックレス

シンプルな3連リングのモチーフをあしらった、トリニティのネックレス。上品でありつつも存在感があるネックレスです。

リングモチーフが大きすぎず小さすぎない程よいサイズ感のため、シーンを問わず活躍します。

チェーンにはあたたかみのあるピンクゴールドが使われていて、肌に馴染みやすいこともポイント。2重のチェーンも特徴的で、単体で身に着けても程よいボリューム感を出すことができます。

日常使いしやすいカルティエのネックレスをお求めなら、コーデを問わないシンプルなデザインを選んでみてはいかがでしょうか。

カルティエの人気ネックレス2:ベビートリニティ ネックレス

Cartier(カルティエ)のベビートリニティ ネックレス

個性的なデザインをお求めなら、カルティエのベビートリニティのネックレスがおすすめです。

こちらのネックレスでは、トリニティの3連リングモチーフに加えて、ベビートリニティのミニモチーフが先端にあしらわれているのが特徴。

リングモチーフの輪に、ベビートリニティがあしらわれたチェーンを通して使う仕様で、オリジナリティあふれる発想が魅力的です。

デザインがユニークなベビートリニティのネックレスは、首まわりがすっきりとしたシンプルな服装に合わせるのがおすすめ。Vネックのトップスなどに合わせればネックレスが目立ち、コーデのアクセントとして活躍します。

こちらのベビートリニティのネックレスは中古で見つけることができるので、気になる方はチェックしてみてください。

カルティエの人気ネックレス3:トリニティ 5Pダイヤ ネックレス

Cartier(カルティエ)のトリニティ 5Pダイヤ ネックレス

カルティエらしいクラス感のある雰囲気を楽しみたいなら、ダイヤ付きのトリニティのネックレスはいかがでしょうか。

こちらのネックレスでは、3連リングのモチーフとチェーンを繋ぐ部分に5粒のダイヤがあしらわれているのが特徴。シンプルなトリニティに輝きをプラスするデザインで、女性らしい華やかな印象をまとえます。

ダイヤ付きのトリニティのネックレスは、顔まわりをさりげなく明るく見せられるので、コーデにダークカラーを選ぶことが多い方におすすめです。

またリングモチーフが大きめなので、コーデに物足りなさを感じる時に1つ取り入れれば、胸元にさりげなくボリュームをプラスできますよ。

カルティエの人気ネックレス4:トリニティ 1Pダイヤ ネックレス

Cartier(カルティエ)のトリニティ 1Pダイヤ ネックレス

こちらは、1粒ダイヤをあしらった上品なデザインのトリニティのネックレスです。

シンプルなリングモチーフを引き立てる、カルティエの上質なダイヤモンド。厳選された最高級のダイヤを使用しているため、1粒でも美しい輝きを感じられます。

小ぶりのシンプルなネックレスは、単体使いでコーデに馴染ませたり、他のネックレスと重ね着けしてボリュームを出したり、様々な使い方ができるジュエリーです。控えめな存在感のため、ワークシーンでも自然に馴染みます。

普段から活躍する1粒ダイヤ×トリニティのネックレスを手に入れて、日々のスタイリングをさりげなくクラスアップしてみてはいかがでしょうか。

カルティエの人気ネックレス5:トリニティ ピンクサファイア ネックレス

Cartier(カルティエ)のトリニティ ピンクサファイア ネックレス

トリニティにピンクサファイアをセットしたネックレス

通常のトリニティではホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールドの3色ゴールドが使われていますが、こちらのネックレスは全てピンクゴールドの仕様。より女性らしい雰囲気に仕上がっていて、特別感が感じられます。

3連リングの1つにはピンクサファイアが華々しく敷き詰められ、とびきりゴージャスな輝きをプラス。優しい印象のピンクのため、あくまで上品に使えるのも魅力です。

ロマンチックな雰囲気を醸し出すピンクサファイアがあしらわれたトリニティのネックレス。

様々なコーデにプラスして、女性らしさを演出してみてはいかがでしょうか。

Cartier(カルティエ)トリニティの人気ブレスレット3選!

ここからは、カルティエのトリニティの人気ブレスレットを3つご紹介します。

カジュアルなファッションにも使えるブレスレットは、ファーストトリニティとしても最適。リングと合わせて身に着ければコーデに統一感も生まれるので、トリニティリングをお持ちの方もぜひチェックしてみてください。

カルティエの人気ブレスレット1:トリニティ ブレスレット(スモールモデル)

Cartier(カルティエ)のトリニティ ブレスレット(スモールモデル)

スモールサイズの3色のリングが上品な、トリニティのブレスレット

コーデを選ばない小ぶりのチェーンブレスレットは、カジュアルにもフォーマルにも活躍する1点です。手元の作業の邪魔になりにくいため、オフィスシーンで身に着けるブレスレットにもおすすめです。

チェーンは肌馴染みのいいピンクゴールドを使用し、2重仕様でさりげなくボリュームもプラス。単体で身に着けて存在感を出すのも、カルティエの時計やバングルと重ね着けしてさりげなくコーデに取り入れるのも素敵です。

初めてトリニティを使う方はもちろん、リングネックレスと合わせて使いたい方にもおすすめですよ。

カルティエの人気ブレスレット2:トリニティ ブレスレット(バングルタイプ)

Cartier(カルティエ)のトリニティ ブレスレット(バングルタイプ)

画像出典:カルティエ公式サイト

こちらは、リングと同様のデザインをそのままバングルに仕立てた、おしゃれなトリニティのブレスレット。

シンプルでありつつも大胆な存在感を演出するため、コーデのアクセントにおすすめです。

3連のバングルは、単体でも重ね着けしているようなボリューム感を出すことができます。ジュエリーのコーデを考えるのが面倒な場合も、1つ取り入れるだけでおしゃれを完成できる優れものです。

上品な印象を残しつつ存在感をアピールできるカルティエのブレスレットをお探しなら、トリニティのバングルに注目してみてはいかがでしょうか。

カルティエの人気ブレスレット3:トリニティ ブレスレット(ダイヤモンド)

Cartier(カルティエ)のトリニティ ブレスレット(ダイヤモンド)

画像出典:カルティエ公式サイト

ホワイトゴールドにダイヤモンドをセットした、トリニティのブレスレット。

特別なシーンで活躍するダイヤのジュエリーは、大人の女性が1つは持っておきたいアイテムです。

ブレスレットは特に気軽に取り入れやすいのが魅力で、シンプルなデザインのトリニティなら年齢問わず長く愛用できます。

フェミニンからマニッシュまでファッションのスタイルを選ばず、シンプルな服装もさりげなくクラスアップしてくれる、ダイヤ付きのトリニティのブレスレット。

動くたびに繊細な輝きを放つカルティエのブレスレットを身に着ければ、自分自身の気分もアップすること間違いなしです。

Cartier(カルティエ)メンズにおすすめのトリニティ3選!

ジェンダーレスに使えるトリニティは、おしゃれ感度の高い男性にも人気があります。シンプルで好みを問わないデザインのため、旦那様やパートナーへのプレゼントにもおすすめです。

ここからは、メンズにおすすめのカルティエのトリニティを3つご紹介します。

メンズにおすすめのカルティエ1:トリニティ リング(セラミック)

Cartier(カルティエ)のトリニティ リング(セラミック)

クールな色使いがメンズにぴったりな、カルティエのブラックセラミック×ホワイトゴールドのトリニティリング。

ブラックセラミックを使ったトリニティリングは、コーデのさりげない引き締め役として活躍するジュエリーです。

3色ゴールドやダイヤを使ったトリニティに比べて、カジュアルなイメージを与えるため、ラフなメンズファッションにもぴったりです。

ホワイトゴールドのリングには「Cartier」のロゴが刻印されていて、さりげなくもしっかりとステータス性をアピールしています。

こちらは公式でも購入が可能ですが、安く手に入れたい方は、中古で探してみるのもおすすめですよ。

メンズにおすすめのカルティエ2:トリニティ ネックレス(紐タイプ)

Cartier(カルティエ)のトリニティ ネックレス(紐タイプ)

画像出典:カルティエ公式サイト

こちらは、カルティエのトリニティのネックレスから、コード(紐)を使用したモデル。

シルクの紐を使用したトリニティのネックレスは、ゴールドチェーンとは一味違ったカジュアルな雰囲気が魅力。ゴールドのリングモチーフとブラックコードのクールなコントラストが特徴的で、男性に人気の高いネックレスです。

また程よくゆとりがある長さのため、春夏のTシャツから秋冬のタートルネックまで様々な服装に合わせて楽しめます。

ブラックコードで大胆な存在感を演出するトリニティのネックレスは、シンプルなコーデに1つ取り入れるだけでおしゃれを完成させること間違いなしです。

メンズにおすすめのカルティエ3:トリニティ ブレスレット(紐タイプ)

Cartier(カルティエ)のトリニティ ブレスレット(紐タイプ)

ネックレスよりも気軽に使えるカルティエのジュエリーを選ぶなら、トリニティのブレスレットはいかがでしょうか。

シルクコード(紐)を使ったデザインで、デイリー使いにぴったり。すっきりとした印象がありつつも存在感があるため、コーデのさりげないアクセントになります。

紐は長さの調整ができ、結び目を変えて自分なりのアレンジも可能。ブラック以外にホワイト・レッド・ブルー・グリーンの紐もセットになっているため、気分やコーデによって気軽にイメチェンを楽しめます。

控えめなサイズ感のリングモチーフをあしらったトリニティのブレスレットは、普段アクセサリーを身に着けない男性でも使いやすい1点です。

Cartier(カルティエ)トリニティのリングやピアスを中古で買うならここがおすすめ!

ギャラリーレア

多くの方が憧れを抱くカルティエのトリニティですが、価格がネックとなり諦めてしまうこともあるのではないでしょうか。

そんな方は、中古でお得に手に入れる方法も検討してみてください。

中古では、新品に近いコンディションのものでも定価以下で購入することができ、惜しまれつつも廃盤になってしまった過去の人気モデルに出会えるチャンスもあります。

カルティエのトリニティを中古で購入する際は、信頼性の高いブランドリユース店を利用するのがおすすめです。

個人が出品できるフリマアプリなどでは、コピー品が販売されていても分からないため注意が必要ですが、ブランド専門のリユース店なら、ブランド品に精通したスタッフが販売までに何度も真贋チェックを行っているため、高価なカルティエのトリニティも安心して購入できます。

さらに、ブランド専門リユース店のギャラリーレアでは、中古のトリニティに不安がある方にも嬉しい、条件付きの安心保証サービスも設けているので、まずはぜひ公式通販サイトから在庫をチェックしてみてください。

カルティエのトリニティを
ギャラリーレアで探す

Cartier(カルティエ)トリニティの指輪やピアスを高価買取してもらうコツはある?

  • 自分で取り除ける汚れは綺麗にしてから売る
  • 箱などの付属品があれば必ず一緒に持ち込む
  • ブランド品を専門に扱う買取業者に依頼する

使わなくなったカルティエのトリニティの指輪やピアスをお持ちの方は、買取に出すことをおすすめします。

カルティエの定番ジュエリーであるトリニティは、トレンドに左右されないタイムレスなデザインであることや、ゴールドなどの高級素材を使用していることから、中古市場でも高い人気を誇ります。

高価買取を叶える上でのコツの1つは、自身で取り除ける汚れを綺麗にしておくこと。ゴールドを使用したトリニティは、お手入れ次第で見栄えは大きく変わります。指紋などは柔らかい布で拭き取っておきましょう。

また、箱などの付属品をつけることも大切です。新品の状態に近ければ近いほど高価買取に繋がりやすくなるため、購入時にもらったものは一式持っていくようにしましょう。

最後に、最も重要なのはブランド品を専門に扱う買取業者を利用することです。

総合リサイクルショップなどに比べ、専門知識を備えたブランドリユース店なら、トリニティの価値を正しく見極めることができるため高価買取に繋がりやすくなります。

ブランド買取のギャラリーレアでは、忙しい方でも利用しやすい無料のLINE査定も実施しています。お気軽にお問い合わせください。

カルティエのトリニティの買取査定を
ギャラリーレアに今すぐ依頼する

カルティエ(Cartier)のトリニティを使った人気コーデ!

最後に、カルティエのトリニティを使ったおすすめコーデをご紹介します。

トリニティは単体使いもいいですが、他のジュエリーとも相性よく使えるので、ぜひお持ちのジュエリーとのコーディネートを想像しながらチェックしてみてください。

カルティエのトリニティリングを使ったコーデ1:LMサイズで人差し指に存在感を

こちらは、カルティエのトリニティリングのLMサイズを使ったコーデ。

ボリューム感のあるLMサイズのトリニティリングは、人差し指に着けて存在感を出すのがおすすめです。目につきやすい人差し指に着けることで、特徴的な3連リングが際立ち、印象的な手元に仕上がります。

こちらのコーデでは、一見テイストの異なるダイヤのリングとチェーンネックレスを合わせていますが、トリニティがカジュアルとラグジュアリーの橋渡しのような存在になっているため、自然に馴染んでいます。

LMサイズのトリニティリングは、主役ジュエリーとしてはもちろん、このように他のジュエリーの引き立て役としても活躍するので参考にしてみてください。

カルティエのトリニティリングを使ったコーデ2:中指のリングとブレスレットを合わせて

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hannah P. ????✨(@xohannahp)がシェアした投稿

こちらは、トリニティのリングブレスレットを合わせた、カルティエらしさ抜群のコーデ。

シンプルなトリニティリングは、中指に着けることでしっかり存在感をアピール。ブレスレットのリングモチーフが一回り小さいサイズのため、リングの邪魔をせず引き立てています。

ブレスレットにはピンクのコード(紐)タイプを選んで、さりげないアクセントカラーに。トリニティは、カルティエの他のジュエリーコレクションとも相性がいいため、ビスモチーフが特徴的な「ラブブレス」などを合わせるのも素敵です。

手元をカルティエジュエリーでトータルコーディネートして、華やかな印象に仕上げてみてはいかがでしょうか。

カルティエのトリニティネックレスを使ったコーデ3:ダイヤのネックレスとの重ね付け

 

この投稿をInstagramで見る

 

Beladora Jewelry(@beladorajewelry)がシェアした投稿

こちらは、カルティエのトリニティのネックレスを使った華やかなコーデ。

パヴェダイヤが美しいトリニティのネックレスに合わせるのは、同じくダイヤの輝きが華やかなネックレス。トリニティ1つだけでも十分存在感がありますが、重ね着けでさらに輝きをプラスすれば、よりラグジュアリーな胸元に仕上がります。

ネックレスの重ね着けにおいては、モチーフのサイズやチェーンの長さをずらすこともポイント。トリニティのリングモチーフが大きめなため、それを引き立てるような小ぶりのネックレスを合わせるのがおすすめです。

このように、トリニティに様々なネックレスを重ね着けして、おしゃれの幅を広げてみてはいかがでしょうか。

Cartier(カルティエ)のトリニティについてのまとめ

まとめ

  • Cartier(カルティエ)のトリニティは、お守りとしての意味や、豊富なラインナップ、着ける人を選ばないデザインが魅力
  • Cartier(カルティエ)のトリニティには、代表的なリング以外にもネックレスやピアス、ブレスレットなども展開されていて、レディース・メンズ問わず人気
  • Cartier(カルティエ)のトリニティを中古品の購入や売却の際は、プロの買取スタッフが常駐するギャラリーレアがおすすめ

Cartier(カルティエ)のトリニティについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

伝統のデザインを守りつつ、バリエーションを増やしながら進化を続けるトリニティは、少しずつコレクションを増やしていくという楽しみ方もできるジュエリーです。

人生を共に歩む大切なジュエリーに、または大切な方へのプレゼントに、タイムレスに愛されるCartier(カルティエ)のトリニティを選んでみてはいかがでしょうか?

Cartier(カルティエ)のトリニティを購入するにあたって、今お使いのブランド品が不要になる場合は、下取りにも対応してくれるギャラリーレアに相談してみましょう。

カルティエのトリニティについて
ギャラリーレアに問い合わせ

まずは査定から
選べる買取方法
お知らせ