ブレイクタイムを優雅に!マグカップ&ソーサーなど、エルメスの食器特集

ブレイクタイムを優雅に!マグカップなど、エルメスの食器特集

ブレイクタイムの時間を有意義に過ごすことで、仕事やプライベートも充実させることができます。
飲み物の種類はさまざまですが、コーヒーや紅茶を楽しむ方が多いのではないでしょうか?
ブレイクタイムの飲み物も大切ですが、雰囲気にも気を配りたいですよね。
せっかくのブレイクタイムですから、どうせならエレガントに、そしてリラックスできる雰囲気にしたいものです。
そんな雰囲気を演出してくれるのが、ハイブランドの食器です。
そこで今回は、ブレイクタイムをエレガントに演出してくれる、エルメスの食器をご紹介します。

「アッシュデコ」マグカップ

ブレイクタイムを優雅に!マグカップ&ソーサーなど、エルメスの食器特集

最初にご紹介するのは、「アッシュデコ」マグカップ(口径7.9cm×高さ8.8cm容量300ml)です。
シンプルながら格式の高さを感じさせてくれるデザインで、ホワイト基調にブラックという、モノトーンでスタンダードなカラー。
あらゆる場面で使用することができそうですね。
容量が多いので、飲み物をたくさん飲みたい男性でも使いやすい上に、マグカップとしては持ちやすい大きさとなっています。
シンプルなデザインなので、男性でも女性でも使いやすいですね。

「アッシュデコ」マグカップ

ブレイクタイムを優雅に!マグカップ&ソーサーなど、エルメスの食器特集

最初にご紹介するのは、「アッシュデコ」マグカップ(口径7.9cm×高さ8.8cm容量300ml)です。
シンプルながら格式の高さを感じさせてくれるデザインで、ホワイト基調にブラックという、モノトーンでスタンダードなカラー。
あらゆる場面で使用することができそうですね。
容量が多いので、飲み物をたくさん飲みたい男性でも使いやすい上に、マグカップとしては持ちやすい大きさとなっています。
シンプルなデザインなので、男性でも女性でも使いやすいですね。

「アッシュデコ」デザートプレート(No.1)

ブレイクタイムを優雅に!マグカップ&ソーサーなど、エルメスの食器特集
続いては、「アッシュデコ」のデザートプレート(直径約22cm)をご紹介。
高級なデザートを盛りつけたくなるような気品が感じられます。
最初にご紹介した同シリーズのマグカップと合わせて使いたいですね。
カラーはホワイトを基調にブラックが採用されており、「アッシュデコ」らしいシンプルなデザインがウリ。
優雅なティータイムの最後に食べるデザートにふさわしく、デザートをより一層引き立たせてくれるプレートです。

「パッチワーク」カップ&ソーサー(ブラジル)

ブレイクタイムを優雅に!マグカップ&ソーサーなど、エルメスの食器特集

良い意味でエルメスらしくない、思い切ったデザインを持っているのがこの「パッチワーク」のカップ(口径6.7cm×高さ7.2cm 容量80ml)&ソーサー(直径13.8cm)です。
南国を思わせるようなカラーとデザインで、ブレイクタイムの雰囲気を一変してくれそうですね。
まさしくブラジルを想起させるような、エネルギッシュなデザインのカップ&ソーサーです。

「シュヴァルドリアン」ティーカップ&ソーサー(No.3 マルチカラー)

ブレイクタイムを優雅に!マグカップ&ソーサーなど、エルメスの食器特集

こちらのデザインで最も目を引くのは、何といってもティーカップ(口径9.8cm×高さ7cm)の中心に描かれた馬です。
ソーサー(15.3cm)はオリエントな雰囲気で、ティーカップを引き立たせるデザインとなっています。
シュヴァルドリアンとは「東洋の馬」という意味で、エルメスではティーカップ以外にもプレートなどが販売されています。
知る人ぞ知るデザインで、お目が高い人ならすぐにエルメスのシュヴァルドリアンと気がつくでしょう。

「ガダルキヴィール」マグカップ(No.1)

ブレイクタイムを優雅に!マグカップ&ソーサーなど、エルメスの食器特集

パッと目に入る鮮やかな赤が印象的な、エルメスの「ガダルキヴィール」マグカップ(口直径7.5cm×高さ9cm)。
情熱的な燃え立つ炎をイメージさせるような、個性の強さが特徴です。
非常に使いやすい大きさで、ブレイクタイムの雰囲気を一変したいときには、ピッタリのマグカップです。

おわりに

エルメスの食器は、スタンダードなデザインから個性の強いものまで、幅広いものが取りそろえられています。
自身の部屋の雰囲気に合ったものや、自分の好みにピッタリのものを使用して、ブレイクタイムを一層エレガントに、楽しく過ごしましょう。

お知らせ
お知らせをもっと見る
今すぐ無料査定
お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から

選べる買取方法