ブランド品の買取ならギャラリーレア

オークネット(東証プライム:3964)のグループ会社です

ブルガリアルミニウム

ブルガリ(BVLGARI)のアルミニウムの時計5選!クロノグラフなど人気モデルをご紹介

世界的なジュエラーでありながら、時計専業ブランドにも負けない時計製造技術を持つブルガリ(BVLGARI)。

そんなブルガリの時計で人気なのが、アルミニウムです。1998年にアルミニウムとラバーを組みあせて生み出し、一躍人気を集めました。

それまであまり時計には使われてこなかった素材を使いながら、洗練されたデザインと入手しやすい価格帯、豊富なラインナップで誕生から20年以上経った現在でもブルガリを代表するモデルとして知られています。

2020年にはコレクションを刷新した新作モデルをリリースしており、歩みを止めることなく進化を続けています。

アルミニウムは、世界的にも人気の高いモデルのため、中古での流通量も多くあります。しかしその分、取り扱っている買取店も多く「どの店を利用すればいいのかわからない」と感じている方も多いかと思います。

そこでこの記事では、ブルガリのアルミニウムの特徴や魅力をはじめ、おすすめモデル、売買におすすめの店舗などをご紹介します。

ブルガリのアルミニウムが気になっている方はもちろん、今使っている時計の売却を検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を監修した鑑定士
米津 圭敏
LA部 部長米津 圭敏

ブランド買取販売店「ギャラリーレア」でLA部部長として勤務。業界屈指の激戦区である大阪エリアにおいて10年以上のブランド買取経験を持つ。
日本流通自主管理協会(AACD)の認定査定士として、ブランドに対する確かな知識とお客様に寄り添ったサービスを武器に第一線で活躍している。

ブルガリ(BVLGARI)のアルミニウムとは?その特徴や魅力を徹底解説

ブルガリ(BVLGARI)のアルミニウムは、ブランドを代表するコレクションとして知られています。長年人気を集め続けるのには理由があります。ここではアルミニウムの魅力や特徴を解説します。

ブルガリのアルミニウムの特徴や魅力1:革新的な素材

この投稿をInstagramで見る

BVLGARI Official(@bulgari)がシェアした投稿

アルミニウムの最大の特徴は、モデル名でもあるアルミニウムとラバーという素材を使っていることです。

アルミニウムが登場した1998年当時、時計の素材といえばステンレススチールやゴールドが主流でありアルミニウムやラバーといった素材が使われることはほとんどありませんでした。

そんななかでも、ブルガリは斬新とも言えるアルミニウムとラバーを使った、アルミニウムをリリースします。

アルミニウムとラバーというと、カジュアルで高級時計には合わない印象がありますが、ブルガリのハイセンスなデザインによって、個性豊かなモデルが誕生することになりました。

素材を活かしたカジュアルな趣に、エレガントなデザインは年代や性別、スタイルを超えて人気を博すことに成功します。

2020年には、ブルガリアルミニウムがGPHG(ジュネーブウォッチメイキンググランプリ)アイコニックウォッチ賞を受賞、2023年にはレッド・ドット・デザイン賞のベスト・オブ・ザ・ベスト2023を受賞するなど、現在でも高い評価を獲得しています。

アルミニウムは、「一風変わった時計がほしい」「ステンレスの時計では面白みがない」と感じている方にぴったりの時計です。

ブルガリのアルミニウムの特徴や魅力2:手に取りやすい価格設定

この投稿をInstagramで見る

BVLGARI Official(@bulgari)がシェアした投稿

アルミニウムは、比較的手が届きやすい素材を使っているため、手に取りやすいお手頃な価格設定となっています。

例えば、2020年に発売された自動巻ムーブメントを搭載したブルガリアルミニウムは、定価346,500円(税込)。

機械式の自動巻ムーブメントを搭載した時計を30万円代で入手できるのは、かなりのお手頃価格と言えます。

さらに、2023年に発売されたクロノグラフ自動巻ムーブメント搭載モデルは、定価638,000円(税込)。他のブランドでは100万円超えが当たり前のクロノグラフモデルで、この価格はかなりお手頃な価格と言えるでしょう。

とくに、近年のブルガリは自社のムーブメントの開発も積極的に行っており、そのようなムーブメント搭載モデルは、高額になる傾向があります。

そうしたなかでも、アルミニウムは現行モデルでもお買い得な価格を維持しており、「できるだけお手頃に時計を手に入れたい」というニーズにも応えてくれています。

アルミニウムは、「ブランド時計を買ってみたい」「ブルガリの時計がほしいけどちょっと高い」と感じている方にうってつけのモデルです。

ブルガリのアルミニウムの特徴や魅力3:多数の限定アイテム

この投稿をInstagramで見る

BVLGARI Official(@bulgari)がシェアした投稿

アルミニウムは、1998年に登場したモデルで現在まで20年以上の歴史を持っています。

そのなかで、シンプルな3針モデルからクロノグラフ、GMTなどの多機能なモデル、そして限定モデルも多数ラインナップされています。

画像のモデルは、2023年にラインナップされたイタリアのカプリ島の海、ナポリ湾とティレニア海を表現した、世界1000本限定のモデルです。

ブルーのグラデーションが美しいダイヤルとそれに合わせたブルーのストラップが印象的。

さらに裏蓋にはカプリ島のファラリオーニ岩礁郡がエングレービングされ、イタリアのブランドであるブルガリらしさを随所に盛り込んでいるのが魅力的です。

他にも、世界な人気を誇るドライブシュミレーターゲーム「グランツーリスモ」や、ブルガリと同じくイタリアの老舗オートバイメーカーである「ドゥカティ」など、多数のコラボモデルもラインナップしています。

それぞれコラボするブランドやメーカーなどの特徴を取り入れたオリジナリティの高いデザインに仕上がっており、特別感はもちろん、好みのデザインを見つける楽しみも味わえます。

ブルガリ(BVLGARI)の時計アルミニウムの人気モデル5選

ブルガリ(BVLGARI)のアルミニウムは、豊富なバリエーションがあるのも魅力の1つ。

多数の時計の中から選ぶのは大変と感じる方もいらっしゃるでしょう。

そこでここでは、その豊富なラインナップの中からおすすめの人気モデルを5つご紹介します。

ブルガリのアルミニウムの人気モデル1:アルミニウム ウォッチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

BVLGARI Official(@bulgari)がシェアした投稿

ブルガリのアルミニウムのなかで、もっともスタンダードなモデルです。

アルミニウムとラバーという異素材を組み合わせた斬新さと、エレガントなデザインを特徴としています。

また、黒と白というシンプルなカラーリングでひと目でアルミニウムとわかる特徴的なデザインも魅力です。

1998年の登場時は、クォーツモデルのみのラインナップでしたが、2020年には自動巻ムーブメントを搭載し、さらに進化を遂げてリニューアル。

ブルガリはジュエリーブランドとしては珍しく、ムーブメントの製造や時計の組み立てまで一括して自社で行うマニュファクチュール体制を築いています。

2000年には時計ブランドとして名高い、ジェラルド・ジェンタやダニエル・ロートを傘下に収め、さらに、ケース製造会社など部品メーカーも傘下にすることで、時計製造技術を飛躍的に高めることに成功しました。

こうした、20年の間の進化を存分に取り入れて登場したのが、新たなアルミニウムです。

デザインは登場時の特徴をそのままに、新たな40mmのサイズにあわせて手首にフィットするようにラグの形状が変わっています。

さらに、アルミニウムの合金はより耐久性を増しており、ラバーの技術的な特徴も改良されています。

また、自動巻ムーブメントを搭載しながらも、定価30万円代と、アルミニウムの強みであるお手頃感を受け継いでいるのも魅力です。

高い時計製造技術を存分に発揮したオクトをはじめ、高級時計路線を押し出したコレクションも魅力的ですが、アルミニウムのような手に取りやすい価格帯のモデルは、初めて機械式時計を入手する方にもおすすめです。

ブルガリのアルミニウムの人気モデル2:クロノグラフ

 

この投稿をInstagramで見る

 

BVLGARI Official(@bulgari)がシェアした投稿

ブルガリアルミニウムのなかでも、とくに人気の高いモデルが、アルミニウムクロノグラフ。

クロノグラフを搭載することで、よりスポーティな印象を高めているのが特徴です。

2020年のスタンダードなモデルとともにリニューアルし、2023年にはさらに進化を遂げた新作モデルが発表されました。

ケースサイズを40mmから41mmへとサイズアップした、白と黒の2色の文字盤カラーをラインナップ。白文字盤ではインダイヤルが黒になっている通称「パンダダイヤル」を採用しています。

アルミニウム製のケースはそのままに、裏蓋を高い耐久性と耐傷性を誇るDLC加工を施したチタン素材にしているため、金属アレルギーの方でも着用しやすくなっています。

針やインデックスには夜光塗料が塗布されているため、暗闇でも時刻を確認できます。100m防水を備えており、実用性の高さも魅力です。

さらに、ドイツの権威あるデザインコンペティションであるレッド・ドット・デザイン賞2023で、栄えあるベスト・オブ・ザ・ベストを受賞しており、名実ともにアルミニウムのデザイン性が認められることとなりました。

アルミニウムクロノグラフは、デザイン性の高いクロノグラフウォッチを求める方におすすめのモデルです。

ブルガリのアルミニウムの人気モデル3:GMT

 

この投稿をInstagramで見る

 

BVLGARI Official(@bulgari)がシェアした投稿

アルミニウムに、GMT機能を搭載したモデルです。GMTとは、ローカルタイムとホームタイムの2つを同時に表示できる機能のこと。

基本的な時刻を示す針に加えて、GMTを示す針と24時間表示ベゼルを備えているのが一般的なGMT時計です。

アルミニウムGMTでは、インナーベゼルに24時間表示を備え、ブルーのラバー製ベゼルにはブルガリのダブルロゴがエングレービングされています。

ベルトやベゼルは、文字盤に合わせたブルーのカラーを採用しており、昼夜表示を示すインナーベゼルの赤い色が映えているのもポイントです。

黒と白のカラーリングが多いアルミニウムですが、こちらのモデルはブルーのカラーが爽やかな印象を強めています。

おしゃれなGMTウォッチがほしいという方におすすめです。

ブルガリのアルミニウムの人気モデル4:ドゥカティ 限定モデル

 

この投稿をInstagramで見る

 

WatchTime(@watchtimemagazine)がシェアした投稿

ブルガリと同じくイタリアのバイクメーカーであるドゥカティとのコラボモデル。

ドゥカティのブランドカラーである赤を文字盤にあしらったインパクトのあるカラーリングが特徴で、1000本限定のモデルとなっています。

また、文字盤はブルガリの特徴である12時と6時以外に、10時と11時がアラビアインデックスとなっており、バイクのメーターを彷彿とさせる書体も魅力です。

インダイヤルは黒。文字盤の赤とのコントラストがきいたデザインとなっており、アルミニウムのなかでもさらにスポーティさを強めたデザインとなっています。

アルミニウム製のケースやブルガリのダブルロゴがあしらわれたベゼル、デザイン性の高いストラップなど、アルミニウムの意匠はそのまま受け継いでいます。

アルミニウムの特徴はそのままに、ドゥカティの要素も取り入れた特別感のある一本です。

現在すでに完売しているため入手したい場合は、中古時計を取り扱っている店舗を利用しましょう。

ブルガリのアルミニウムの人気モデル5:空山基 限定モデル

 

この投稿をInstagramで見る

 

MONOCHROME-WATCHES(@monochromewatches)がシェアした投稿

日本の美術界が誇る偉大なアーティスト、空山基とのコラボモデルです。一番の特徴は、メタル加工が施された文字盤。

1930~1940年代の車や飛行機で採用されたメタルの表面加工とディティールデザインを取り入れています。

ブルガリのウォッチコレクションのなかでもスポーティな印象が強いアルミニウムとしては珍しく、洗練された美を全面に押し出したデザインとなっており、フォーマルなシーンでも活躍してくれます。

幾重にも重ねられた円形の渦が光を反射し、独特の輝きを放っているのが魅力的。空山氏が表現する”大人”なエレガントさがブルガリのデザインと見事に融合しています。

インデックスは、空山氏のラッキナンバーである「2」のみをアラビア数字としており、その点もブルガリとしては珍しいデザインとなっています。

また、チタン製の裏蓋には「BVLGARI」と「SORAYAMA」の刻印されており、こちらも特別感のある仕上がりです。

「一風変わったアルミニウムがほしい」という方におすすめです。

ブルガリ(BVLGARI)の時計アルミニウムを中古価格はいくら位?どのお店がおすすめ?

モデル 型番 中古価格
アルミニウムクロノグラフ 103722 55~60万円
アルミニウム 103382 20~22万円
アルミニウムドゥカティ 103701 38~43万円

※2023年12月時点での相場です。

ブルガリのアルミニウムは、世界的に人気が高く流通量も多いため、入手しやすいのも魅力です。

中古時計では、生産終了となった限定モデルや初代モデルもお得に入手することができます。

中古というとマイナスのイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、状態の良い時計も多くあります。

新作モデルでも定価より安く販売されており、「少しでも安く時計を入手したい」という方にもおすすめ。

ただし動作不良などのリスクもあるため、事前に動作のチェックを行っていたり、アフターサービスが丁寧で信頼できる店舗を選びましょう。

ギャラリーレアは、ブルガリのアルミニウムの購入におすすめのブランドリユース店です。

ブルガリをはじめとした高級時計を多数取り扱っているため安心して利用できます。購入後の保証もあるため、万が一の場合も安心です。

ギャラリーレア 公式通販サイトでは、アルミニウム以外にもブルガリの時計の在庫を確認できるため、チェックしてみると良いでしょう。

ギャラリーレアで
ブルガリのアルミニウムを探す

ブルガリ(BVLGARI)の時計アルミニウムの買取相場はどれくらい?おすすめの買取店は?

モデル 型番 買取相場
アルミニウムGMT 103554 16~20万円
アルミニウムクロノグラフ 103868 23~25万円
アルミニウム カプリ限定モデル 103815 24~28万円

※2023年12月時点での相場です。

アルミニウムは現在でも高い人気を誇るため、高価買取が期待できるモデルです。

とくに2020年にリニューアルしたモデルや、限定モデルなどは高価買取になりやすいです。

また、時計全体の買取価格がここ数年で高騰しているため、ブルガリの売却を検討している方は、今が絶好のタイミングであると言えます。

ただし、アルミニウムのような高価な時計は、フリマアプリやネットオークションでの売却はあまりおすすめできません。

値下げ交渉や傷の確認など、やり取りが面倒なだけでなく、購入後の動作に関してのクレームや返品要求など、トラブルが生じるリスクがあります。

アルミニウムの売却は、ブランド品専門の買取店がおすすめ。とくにギャラリーレアは、ブルガリの時計を多数買取してきた実績があります。

店頭買取や宅配買取などを行っているため、ブルガリの時計を買取してほしいという方は、まずはお気軽に問い合わせてみると良いでしょう。

ブルガリのアルミニウムの
高価買取査定はこちら

ブルガリ(BVLGARI)の時計アルミニウムについてのまとめ

まとめ

  • ブルガリのアルミニウムの特徴は、革新的な素材と手に取りやすい価格、豊富な限定モデルがあること
  • アルミニウムの種類に応じた特徴を把握しておくことが最適な時計選びには重要
  • ブルガリのアルミニウムの売買にはブランドリユース店のギャラリーレアがおすすめ

ブルガリのアルミニウムの特徴や魅力、おすすめモデルについてご紹介しました。

アルミニウムは、1998年に登場した革新的な素材を使ったモデルで、手に取りやすい価格帯で一躍人気を博しました。

限定モデルも多数ラインナップされており、好きなデザインの時計を見つける楽しさもあります。

2020年には自動巻ムーブメントを搭載し、人気が再燃しました。

クロノグラフやGMTなど実用的な機能を備えたモデルも人気を集めています。

ギャラリーレアは、ブルガリのアルミニウムの買取を依頼するのにおすすめのブランドリユース店です。

多数の高級時計を買取してきた実績があり、国内外の販路を保有することで高価買取を実現しています。

無料のLINE査定では、時計の情報や写真を送るだけで簡単に概算の買取額を教えてもらえます。

「手元の時計がいくらになるのか知りたい」という方は、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

【簡単LINE査定/完全無料】
ブルガリのアルミニウムの査定を依頼する

まずは査定から
選べる買取方法
お知らせ