高価買取に付属品が大切って本当?ブランドごとに異なる査定の評価対象

高価買取に付属品が大切って本当?ブランドごとに異なる査定の評価対象

せっかく高いお金を払って手に入れたのに、あまり使っていない、またはまったく使っていないブランド品はありませんか?
手離すにしてもただ捨てるのはもったいないですし、少しでも良い値段で買い取ってもらいたいものです。
「ブランド品を高値で買取ってもらうためには付属品が大切」というのはよく聞きますが、実はすべてのブランドにおいて付属品が大切というわけではありません。
今回は、数あるブランドの中からエルメスとルイ・ヴィトン、グッチ、セリーヌの査定評価対象についてご紹介します。

老舗ブランドの定番、エルメスの評価対象

高価買取に付属品が大切って本当?ブランドごとに異なる査定の評価対象

まず、誰もが知っている人気老舗ブランド、エルメスからご紹介します。
芸能人やモデルにも愛用者が多いことで知られる、世界的なブランドです。
それでは、エルメスの商品の評価対象を見ていきましょう。

最初に、購入した際に商品に付いていた保存袋や箱。
エルメスでは商品そのものだけではなくこれらも評価対象となります。
保存袋や箱があるのとないのとでは評価額が異なってくるのです。
他にも、ショップカード(販売証明書)の添付があるとなお良いでしょう。
また、エルメスはバッグなどのカラーバリエーションが豊富なことで有名です。
日本では手に入りにくい珍しい色や、流行りすたりのない定番カラーなどであればさらに評価額もアップするでしょう。

商品数の豊富なルイ・ヴィトンの評価対象

定番の老舗ブランドであるルイ・ヴィトンの場合は、本体の他、保存袋が評価対象になる場合があります。
しかし、箱やショップバッグ、ショップカードの有無はさほど重要ではありません。

ルイ・ヴィトンと言えば、モノグラム、ダミエ、エピ、ヴェルニといったさまざまなバリエーションの柄が特徴です。
それぞれの好みやTPOに合わせて選べるので、同じブランドでも雰囲気を変えることが可能。
リピーターも多く、長年親しまれています。
昔ながらのロングセラー商品が多いため、保存袋が付いていて保存状態も良ければかなりの評価を期待できるでしょう。

若者からマダムまで、幅広い世代に人気のグッチとセリーヌの評価対象

高価買取に付属品が大切って本当?ブランドごとに異なる査定の評価対象

GGキャンバスといったモノグラムデザインを中心に、バンブー付きのバッグや大きなロゴが刻印されたソーホータイプなど、さまざまなデザインの商品が展開されているグッチ。
また、最近セレブご用達として人気上昇中のセリーヌ。
グッチとセリーヌの評価対象は、本体の他、ショップカード(販売証明書)が含まれる場合があります。
買取店にもよりますが、エルメスのように保存袋や箱が査定の評価に影響することはあまりありません。
ショップカードについても、あればいくらか評価される、といったところです。
グッチもセリーヌも流行の移り変わりが早いブランドと言われているため、人気のあるデザインであればもちろん評価は上がりますし、保存状態が重要なポイントになってきます。

おわりに

今回ご紹介したように、ブランドによって買取査定評価の対象となるポイントは多少異なります。
なんにせよ、共通しているのは商品本体の保存状態とデザインの流行度合い。
新品同様に大切に使用・保存していればそれに越したことはありません。流行デザインのものならなおさらです。

それにプラスして、保存用の袋やショップカード(販売証明書)も付いていれば評価額が変わることもあります。
やはりないよりはあった方が良いため、取っておいてあるなら一緒に査定に出してみると良いでしょう。

ブランド品を購入したときは、本体をキレイな状態で保管しておくことはもちろん、可能であれば付属品も丁寧に保管しておくことをオススメします。

お知らせ
お知らせをもっと見る
今すぐ無料査定
お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から

選べる買取方法