ファーアイテム高価買取のために!フェイクファーや毛皮の手入れ方法

ファーアイテム高価買取のために!フェイクファーや毛皮の手入れ方法

「フェイクファーや毛皮(リアルファー)のアイテムを買い取ってもらいたいとお考えの方の中には、間違ったお手入れをしてファーの品質を落としてしまう方もいらっしゃいます。
そのようなことにならないよう、今回はファーアイテムの手入れ方法をご紹介します。

ファーアイテムの日常的な手入れ方法

フェイクファーや毛皮などのファーアイテムは、他の衣類よりも繊細な素材のため、手入れの際は注意しなければならないことが多々あります。
まずは日々の手入れについて確認してみましょう。

ファーアイテムを着用した後は、ハンガーなどを使用して風通しの良い場所につるしておくことが基本です。
さらに、余分なほこりなどを取るために軽くたたきましょう。
そのまま放っておくと毛があちこちを向いて見栄えが悪くなるので、手やブラシなどで毛の流れを整えてください。
基本的にはこの2つの手入れが大切です。

フェイクファーアイテムの手入れ方法

ファーアイテム高価買取のために!フェイクファーや毛皮の手入れ方法

フェイクファーの手入れについてご紹介します。
日常的な手入れは先にご紹介した通りですが、ブラッシングだけでは落ちないような目立つ汚れが付いてしまった場合は、まず自宅で洗濯できるかどうかを必ず確認してください。
フェイクファーであれば自宅で洗濯できるものもありますが、できない場合はクリーニング店に持っていきましょう。

自宅で洗濯する場合は、洗濯表示に必ず従ってください。
水洗いができるなら、ファーの傷みを抑えて毛並みが乱れてしまうことを防ぐために、洗濯ネットに入れることをオススメします。
その後はぬるま湯で優しく丁寧に洗いましょう。
強くこするとファーが傷んでしまいます。

そして、一番大切なのが乾かし方です。せっかく丁寧に洗っても、乾かし方を間違えると品質が悪くなってしまいます。
乾かす際、絞ったり擦ったりする行為は厳禁。
タオルなどで水分を丁寧に吸い取りましょう。
水分を吸い取った後はファーを振りさばきます。
ぬれてまとまったファーの毛先は、乾いたタオルで水気を取りながら丁寧にほぐしてください。
なお、ファーは熱に弱いので、ドライヤーやアイロンをかけてはいけません。
タオルで十分に水気を取ったら、日陰に干して乾くのを待ちましょう。
よく乾いたら、ブラッシングして完了です。

毛皮(リアルファー)アイテムの手入れ方法

ファーアイテム高価買取のために!フェイクファーや毛皮の手入れ方法

毛皮の手入れ方法をご紹介します。
日常的な手入れは最初にご紹介した方法とほぼ同じです。
ただし、毛皮は非常にデリケートなので、フェイクファーよりも丁寧な手入れ、保管をする必要があります。
例えば、毛皮は摩擦や臭い、害虫、化学薬品に弱いという特徴があります。
毛皮アイテムを着て長時間車を運転したり、毛皮アイテムを着たまま香りのするものをつけたり、防虫剤を使用せずに保管したりすることは避けなければなりません。
なお、香りのするものが毛皮につくと、化学反応を起こして風合いが落ちる可能性があります。

ブラッシングでは落とせない汚れがある場合は、ぬらしたタオルを固く絞り、毛を拭いて手入れをしましょう。
毛の根元、皮の部分をぬらさないように注意しながら、毛先だけを拭くのがポイントです。
毛を拭いた後は、毛並みを整えて風通しの良い日陰に干して自然乾燥させてください。

毛皮はフェイクファー以上に自宅での手入れ、特に洗濯が難しいアイテムです。
目立つような汚れがある場合は、無理に自分で洗おうとせず、専門のクリーニング店に相談するのが一番でしょう。

おわりに

毛皮を少しでも高価買取してもらうためには、やはり状態をキレイにしておいた方が良いものです。
汚れが目立つものよりも、汚れのない美しいファーの方が高く買い取ってもらえることは明白です。

しかし、むやみに洗って元より悪い状態になっては本末転倒なので、手入れをする前に必ず洗濯表示の確認をしてくださいね。

お知らせ
お知らせをもっと見る
今すぐ無料査定
お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から

選べる買取方法