1979年創業 ブランド高価買取ギャラリーレア

電話番号:0120-968-979/営業時間:10:00~19:00(年末年始休業)

ロレックス GMTマスターの買取は、すごく高いギャラリーレアへ。

ロレックスのスポーツモデルの中で高い人気を維持し続けるGMTマスター。

ロレックス買取に強いギャラリーレア。他社よりいつも高いんです。

ロレックス GMTマスター2 Ref.116710LN M番

美品中古 GMTマスター2 Ref.116710LN M番
買取参考価格800,000

専任バイヤーがすぐにご対応。お問い合わせください。

GMTマスター買取実績一例

  • ロレックス GMTマスター2 Ref.116710LN ランダム番

    美品中古
    GMTマスター2
    Ref.116710LN ランダム番

    買取参考価格850,000

  • ロレックス GMTマスター Ref.16700 赤/青ベゼル A番

    美品中古
    GMTマスター
    Ref.16700 青/赤ベゼル A番

    買取参考価格900,000

  • ロレックス GMTマスター2 Ref.116710BLNR ランダム番

    美品中古
    GMTマスター2
    Ref.116710BLNR ランダム番

    買取参考価格1,200,000

  • ロレックス GMTマスター Ref.16710 黒/赤ベゼル A番

    中古
    GMTマスター
    Ref.16710 黒/赤ベゼル A番

    買取参考価格900,000

  • ロレックス GMTマスター Ref.1675 ロングEダイヤル 1番

    中古
    GMTマスター
    Ref.1675 ロングEダイヤル 1番

    買取参考価格相場高騰中、要相談!

  • ロレックス GMTマスター Ref.16753 フジツボダイヤル 7番

    中古
    GMTマスター
    Ref.16753 フジツボダイヤル 7番

    買取参考価格相場高騰中、要相談!

※こちらは一例になります。買取時点での状態や市場相場によって変動があることをご了承ください。

  • ロレックス GMTマスター2<br>Ref.116710LN ランダム盤 美品中古

    GMTマスター2
    Ref.116710LN ランダム盤

  • ロレックス GMTマスター1 アンティーク フジツボダイヤル Ref.16753 7番 中古

    GMTマスター1
    アンティーク フジツボダイヤル Ref.16753 7番

  • ロレックス GMTマスター2 赤/青ベゼル Ref.116719BLRO 美品中古

    GMTマスター2
    赤/青ベゼル Ref.116719BLRO

  • ロレックス GMTマスター2 Ref.116718LN Z番 美品中古

    GMTマスター2
    Ref.116718LN Z番

  • ロレックス GMTマスター1 アンティーク ロングEダイヤル 赤/青ベゼル Ref.1675 2番 中古

    GMTマスター1
    アンティーク ロングEダイヤル 赤/青ベゼル Ref.1675 2番

  • ロレックス GMTマスター2 Ref.16713RG E番 中古

    GMTマスター2
    Ref.16713RG E番

  • ロレックス GMTマスター2 青/黒ベゼル Ref.116710BLNR ランダム番 美品中古

    GMTマスター2
    青/黒ベゼル Ref.116710BLNR ランダム番

  • ロレックス GMTマスター2 赤/黒ベゼル Ref.16710 U番 中古

    GMTマスター2
    赤/黒ベゼル Ref.16710 U番

  • ロレックス GMTマスター2 赤/青ベゼル Ref.116758SARU G番 美品中古

    GMTマスター2
    赤/青ベゼル Ref.116758SARU G番

  • ロレックス GMTマスター Ref.116713LN V番 未使用

    GMTマスター
    Ref.116713LN V番

もっと見る

GMTマスターとは

元々は航空会社に依頼され国際線に搭乗するパイロットに向けて製作された腕時計でしたが、後に海外旅行を行う一般人からも高い評価を受け一躍人気の腕時計となりました。

  • 2トーンベゼル

    GMTマスターにはベゼルが単色と2色のモデルがあり、特に赤/青や赤/黒などの2トーンモデルは廃盤で人気が高く、品薄状態です。2014年登場の青/黒モデルは発売当初は人気の高さから供給が追い付かずプレミア価格が付いていました。

  • アンティークが人気

    旧モデルGMTマスター1のアンティーク人気は凄まじく、状態に関わらず定価を遥かに超えた金額で取引されています。ミラーダイヤルやロングE、フジツボなど細かな仕様の差で好みが分かれるところもアンティークならではと言えます。

  • 改良に次ぐ改良

    幾度となく改良が加えられ精度や操作性を高めてきたGMTマスター。最新モデルはインデックスのサイズアップで視認性を向上、リューズの大型化で扱いやすく、セラミックベゼルを採用し傷耐性も向上させるなど改善されています。

GMTマスターの査定なら価値を知る私たちへご相談ください

「GMT」とは、グリニッジ標準時「Greenwich Mean Time」の頭文字をとった略称です。
ロレックスのなかでも多くの機能を持つGMTマスターは、当初、国際線のパイロットのために作られたモデルでした。
その基本的な機能とは、針と24時間表示の回転ベゼルによって、同時に2つまたは3つの国の時差を確認できるものです。
また、回転ベゼルは、ツートンカラーで昼と夜の時間帯を表すようにデザインされているのが特徴で、一時的に黒のベゼルのみになった歴史を持ちます。
そして、その歴史がGMTマスターに高額査定が付きやすい理由のひとつにもなっています。
ギャラリーレアでは、GMTマスターを旧型であっても業界最高水準の買い取り価格が実現できるよう努力いたします。
お持ちのGMTマスターの売却を検討される際は、いつでもご相談ください。

GMTマスター買取サービスをご利用いただいたお客様の声

使用していたGMTマスターを想定より高額で買い取ってもらえました

  • 時計を買い替えたのを機に売却を検討しましたが、すでに生産終了されているGMTマスターのため、納得できる査定額になるのか不安でした。
    海外出張のたびに使用していた思い入れのある時計だったこともあり、安い査定なら売却する気になれないと思ったのです。
    とはいえ、使用しないまま所有しているのはもったいないことだと考え、思い切って相談することにしました。
    その結果、想定していたより高額な査定をしてもらい、躊躇せず売却できました。
    今使用している時計を買い替える際も、また相談したいと思います。
    ありがとうございました。

GMTマスターの人気と付属品が高額査定の決め手でした

先日はご利用いただき、ありがとうございました。
GMTマスターIは1999年に生産終了し、現行モデルはGMTマスターIIのみとなっています。
どちらも赤と青や黒と赤などのツートンカラーのベゼルが特徴です。
しかし、日本では発売当初からしばらく、その色遣いの派手さが敬遠されてきました。
ところが、2007年にツートンカラーが廃止され、高級感のあるモデルにリニューアルされたのをきっかけに、GMTマスターIIは一気に人気の機種になったのです。
さらに、当初は黒いベゼルだけしかなかったこともあり、旧型のカラーベゼルの人気も急上昇しました。
それが今回の高額査定につながったのです。
また、時計本体の動作に問題がなかったことに加え、箱や保証書が保管されていたことも査定額アップのポイントになりました。
次回、買い取りサービスを検討される際も、ぜひご相談ください。

GMTマスター買取についてのよくある質問

  • A1.GMTマスターは、ロレックスの1シリーズです。
    1950年代に国際線パイロットのために開発されたGMTマスターには、一般的な時針・分針・秒針のほかに24時間で1周するGMT針が付いています。
    通常の時針と連動しているGMT針をいくらか遅らせておくことで、常に2つの時刻を把握することができます。
    たとえば、8時間遅らせておけば日本にいながらロンドンの時刻を知ることができるため、海外出張の多いビジネスマンに重宝されているのです。

  • A2.1990年代にはいずれの商品も生産されていましたが、2018年時点でGMTマスターの生産はすでに終了しているため、現在流通しているのは1983年に登場した「GMTマスター2」です。
    デザイン的に大きな違いはありませんが、この2つの商品はGMT機能の操作方法が異なります。
    新しくなったGMTマスター2のほうは、回転ベゼルで時間を調整する以外にもリューズを一段引いて通常の時針を任意の時差分回転させることでも調整できるのです。
    さらに、GMTマスター2では3つ目の時間帯を表示することもできます。

  • A3.腕時計の文字盤を覆う風防ガラスを固定する外周の枠を「ベゼル」といいます。
    GMTマスターにおいて、ベゼルは最も目立つ部分なので、こだわりたい人も多いです。
    GMTマスターの伝統的なベゼルは「青×赤」(通称:ペプシ)です。
    2色に色分けされていることで、夜間と日中の区別がしやすくなっています。
    「青×赤」と並んで代表的なのが「黒」です。
    ビジネスシーンでも使いやすく、スーツにも合わせやすいので、選ばれやすいカラーと言えます。

  • A4.その時々の流通状況によって中古時計の買い取り+RC[-16]:R[1]C価格は大きく変動するので、あくまでも参考として捉えてください。
    GMTマスターは、ロレックスの定番モデルのひとつであり、長年高い人気を博しているので、比較的高額な価格が付きやすい商品です。
    たとえば、1955年に登場したGMTマスター6542の買い取り相場は、60万円です。
    また、1980年に登場したGMTマスター16750は、140万円になることもあります。
    ただし、アンティークの商品は時計の状況によって値段が大きく変動することに留意してください。

GMTマスターうんちく

GMTマスターとは

「GMTマスター」とは、ロレックスの代表的なスポーツモデルウォッチです。大きな特徴は長針、短針に加え、24時間で1周するGMT針が備わっていることと、数字が表記された回転するベゼルです。

時差を計算してベゼルのマークを合わせ、それぞれの針を読むことで「GMTマスターI」は2つ、「GMTマスターII」は最大3つのタイムゾーンの時刻を一目で把握できます。旅行やビジネスで海外に行くことが一般的になり、多くの人に愛用されるようになりました。

「GMTマスター」といえば赤と黒、赤と青などのツートンカラーのベゼルが象徴的です。赤は「昼」、青は「夜」を意味し、離れた地域の昼夜が瞬時に分かるように工夫して作られました。

しかし、ベゼルがセラミック製に変更された当初、ベゼルパーツを2色に分ける技術はまだ開発されておらず、その後完成までに実に8年を要しました。セラミック製ツートーンベゼルは、ロレックスの高い技術力を表すものでもあるのです。

GMTマスターの歴史

「GMTマスター」の歴史は古く、1954年に誕生した第1世代以降マイナーチェンジを繰り返しながら人気を集め続けています。もともとは、ロレックスがパン・アメリカン航空から依頼を受け、異なる地域の時刻を把握する必要がある国際線パイロットのために開発したパイロットウォッチです。

1999年に「GMTマスターI」が生産を終了し、代わって「GMTマスターII」が発売されました。日本では2000年代に入るころまで、GMTマスターの代名詞ともいえるツートンカラーベゼルのカラーリングが派手すぎると敬遠されており、不人気の機種でした。それが変化したのは2007年のモデルチェンジです。

ラグジュアリーな時計を好むようになっていた日本人の傾向と、ホワイトゴールド無垢モデルやルビー・サファイアベゼルなど前面に押し出されたステイタス性がマッチし、一気に人気が爆発しました。このモデルには当初カラーベゼルがなかったため、旧型やヴィンテージモデルのカラーベゼルにも人気が飛び火し、価値が急上昇しています。

ギャラリーレアが利用しやすい理由

安心・信頼のブランドショップ

買取方法は3つ

古いお品物でも大丈夫

オススメコンテンツ

まだお悩み中でもかまいません。お気軽にどうぞ。

査定はこちら査定無料・受付当日返答

営業時間 10:00~19:00(年末年始休業)

メールで

お電話で