1979年創業 ブランド高価買取ギャラリーレア

電話番号:0120-968-979/営業時間:10:00~20:00(年末年始休業)

日々の買取品に関しての情報や、高価買取になるコツをお伝えしています。

毎日店頭にやってくるすばらしい一流品の数々。時にはバイヤーが驚くほど珍しいお品も。

チュードル

あなたのチュードル!高価買取致します!@銀座本店

時計の買取なら、すごく高いギャラリーレアへお任せください

お世話になっています。くまごろうです。

今回チュードルのクロノタイムをお売りくださった客さまは、千代田区のお客さまでした。

買取した時計:チュードル クロノタイム Ref.79170

チュードル クロノタイム 79170

ブランド チュードル
モデル名 クロノタイム
型番 79170
素材 SS(ステンレススティール)
サイズ 40.0mm(リューズ除く)
ムーブメント 自動巻き
防水機能 30m防水

チュードル クロノタイムのお買取の経緯

時計が大好きなお客様で、通りがかりで見つけて頂き来店して頂いたのがきっかけとなり、その日は平日ということもあり、お客様とは1時間程じっくりとお話をさせて頂くことができました。

【人と違う時計が好き】と仰るお客様は、20歳の頃から時計を集め、ご自宅には100本近くのコレクションがあるらしく、近い内に一度整理をされる事を検討中で、色々他店様にも聞かれているとの事でした。

そんなお客様に翌日にお越し頂き、今回ご紹介させて頂く1本の他にも5本程まとめてお買取させて頂いた事は、とてもバイヤー冥利に尽きましたし、非常に嬉しい出来事でした。

チュードルのクロノタイムについて

チュードルのクロノタイムは、ロレックスのデイトナ初期モデルがベースになっている時計です。デイトナの流れをくむ洗練されたデザインに、ディフュージョンブランドとして手の届きやすい価格設定が加わり、人気を博しました。

リューズや裏蓋、ブレスレットなどはロレックスのパーツを使用。パーツに刻印されたロレックスの王冠マークが、信頼性と威厳を醸し出しています。チュードルの盾マークとロレックスの王冠マークの組み合わせが、非常に男心をくすぐりますね。

クロノタイムのタキメーターベゼルにはステンレススティール、プラスチック、回転式とあり、今回のクロノタイム Ref.79170には回転式ベゼルが採用されています。細かい仕様の違いですが、趣味によって大きく分かれるので、時計の世界は奥深いですね。

チュードルというブランド

チュードルは、ロレックスのディフュージョン(廉価)ブランド・として、20世紀初頭に誕生しました。当時のロレックスは販売不振に陥っており、制作コストを抑え、広く一般人の手に届く価格帯の時計を作ることが急務でした。

しかし、ロレックスの打ち出してきた「高級路線」のブランディングもあり、安易に売価を下げる路線変更は難航しました。また、イギリスでの販路拡大を最優先に考えた結果、イギリスの名家の名を冠したチュードルブランドが誕生したのです。

オイスターケースなどの外装パーツはロレックスからの供給となり、同じものを使用。ムーブメントやその他パーツを外注することでコストを削減。高いデザイン性と機能性は維持したまま、手の届きやすいチュードルの時計が完成しました。

こうしてチュードルは、比較的安価なロレックスのセカンドラインとして、その名は世界へ広がり、ロレックスの戦略は見事に成功をおさめました。

名前の由来は、イギリスでは知らない人がいない程有名な【チューダー家】を根源としており、そのロゴマークは1980年代後半までチューダー家の家紋である薔薇の花がモチーフとして使用されていました。

現在は残念ながら盾のみのマークになってしまいましたが、現在もこの『チューダーローズ』のロゴのモデルをお探しのコレクターも多数いらっしゃいます。

チュードル クロノタイムの高価買取の理由

こちらのクロノタイムをどこよりもお買取を頑張らせて頂きました理由としては、まず挙げられるのが、非常に珍しい1本であった事が挙げられます。現在は生産をしていないモデルになりますので、2次流通でしか入手する事が出来ないモデルになります。

そうまりますと、仮に針などのパーツに不具合が有りロレックスに修理を依頼したとしても、パーツがない場合は、現行のパーツでしか交換ができなくなっています。ロレックスの廃盤モデルやアンティークモデルでオリジナルのムーブメントやパーツを搭載したまま現存している個体がプレミア価格で取引されている所以はその部分にあります。

上記の理由を鑑みますと、今回お譲り頂きましたクロノタイムは、部品を交換していない事は勿論の事、本体の状態も非常に綺麗なコンディションでしたので、評価も最大限にさせて頂きました。もう一つの高額査定の理由と致しましては、お客様とお話をさせて頂いた際に『非常に楽しい時間を過ごせた』、という所で、私なりに精一杯の金額をご案内させて頂きました。

本当は会社的には良くない事なんですけど、今回のお買取時の様にお客様に気に入って頂け、楽しくお買取をさせて頂いた際には、気持ちいつもよりお買取金額をサービスしてしまいます。

買取成立後は、決まって上司には怒られていますが・・・(笑)

私にとってお客様に喜んで頂ける事が最上の喜びですし、鑑定士冥利に尽きる事ですので、これからもこの『お気持ち+サービス査定』は続けて行きます!

どなた様も時計の下取り購入やお買取でお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非一度ギャラリーレアまでお気軽にお問合せ下さいませ。

お客様にご満足頂ける、最上のお取引をお約束させて頂きます。

以上、ギャラリーレア買取担当のくまごろうでした。

オススメコンテンツ