1979年創業 ブランド高価買取ギャラリーレア

電話番号:0120-968-979/営業時間:10:00~19:00(年末年始休業)

日々の買取品に関しての情報や、高価買取になるコツをお伝えしています。

毎日店頭にやってくるすばらしい一流品の数々。時にはバイヤーが驚くほど珍しいお品も。

ロレックス

ロレックス GMTマスター2の買取事例@青山表参道店 ~ロレックス唯一のパイロットウォッチ~

rolex-gmt-master2-116710blnr

ブランド ロレックス
アイテム名 GMTマスター2
型番 116710BLNR
素材 SS(ステンレススチール)
文字盤カラー 黒文字盤
ケースサイズ W40mm(リューズ含まず)
ムーブメント 自動巻き
防水機能 100m防水

買取した時計:ロレックス GMTマスターⅡ Ref.116710BLNR

今回ご紹介する時計はロレックスの人気スポーツウォッチ GMTマスター2、人気の青/黒ベゼルタイプです。

いきなり余談ですが、バーゼルワールド2015が開催され、もちろんロレックスの新作モデルの発表もありましたね。その中でも新型のヨットマスターには驚かされました。ラバーベルトにエヴァーローズゴールド(PG)ケースとブラックセラミックのベゼルで非常に上品な仕上がりのフェイスはヨットマスターの新しい試みを垣間見た気がします。

最近のロレックスのスポーツモデルの新作はいつもプレミアが付き、非常に人気が出ますので、ギャラリーレアでも高価買取間違い無しの1本となるはずです。

さて話は戻りまして、今回ご紹介するGMTマスター2は2013年に発表されたモデルです。発表当時から大きく注目を集め、現在でもロレックスのスポーツモデルにおいてトップクラスの人気を誇ります。

何故こんなに人気があるの? そう思う方も多いと思います。

単にフェイスがいいからという理由だけではないのがこのGMTマスター。

まずその歴史から紐解いてみましょう。GMTマスターが始めて製造されたのは半世紀以上も遡り1950年代で、そこから様々なマイナーチェンジや改良を行い現在に至ります。バリエーションも多様にあり、ベゼルをツートーンカラーにしたモデルが有名で、特に人気の赤/青ベゼルや赤/黒ベゼルが展開されており、満を持して登場したモデルが上記の青/黒ベゼルモデルとなっておりまして、人気が出る事にも頷けます。

ケースの素材もSS(ステンレススチール)とK18のコンビやYG(イエローゴールド)やWG(ホワイトゴールド)ケースと、様々な素材での展開がされています。歴史が経つにつれて、選択肢を多くしているのもこのGMTマスターの特徴です。

そしてなんといってもロレックスの中では唯一のパイロットウォッチという点も理由の一つと考えられます。その他のブランドでいえば、ブライトリングがパイロットウォッチとして地位を築いていますがロレックスも負けてはいません。

ロレックスのアンティークスポーツ高く買い取ります

初期の頃に製造されたGMTマスターは価値が上がっておりまして、ロレックスのアンティーク市場の相場がもの凄く高騰を見せています。特に型番1675のGMTマスターは、長く製造されていた事もあり、多くのマイナーチェンジが行われています。アンティークのロレックスも機会があれば是非ご紹介させて頂きたいと思います。

ロレックスのスポーツモデルは全てのモデルが現在非常に買取相場が高く設定されています。

もしGMTマスター他、ロレックスの腕時計のご売却をご検討されておりましたら当店にお任せ下さい!

ロレックスの買取について詳しくはこちら

オススメコンテンツ