1979年創業 ブランド高価買取ギャラリーレア

電話番号:0120-968-979/営業時間:10:00~19:00(年末年始休業)

日々の買取品に関しての情報や、高価買取になるコツをお伝えしています。

毎日店頭にやってくるすばらしい一流品の数々。時にはバイヤーが驚くほど珍しいお品も。

カルティエ

カルティエ パンテールリングの買取事例@銀座本店 ~カルティエを象徴するパンテール、どこよりも高価買取です~

カルティエ ジュエリー パンテール ラカルダ アクセサリー

ブランド カルティエ
商品名 パンテール ラカルダリング
型番 N4224100
素材: K18WG(ホワイトゴールド)×ダイヤモンド×エメラルド×オニキス

パンテールリングの買取の経緯

今回ご紹介するジュエリーは、カルティエ パンテールコレクションの中でも人気のラカルダリングでございます。

いつも他店を利用されてるお客さまでしたが、今回はギャラリーレアの口コミをご覧になられて、銀座本店にお越しいただきました。とても気さくな方で、ついつい時間を忘れて話に華が咲きました。

ラカルダリングのように珍しい品物を拝見する機会はなかなかありません。銀座という立地ならではとも言えます。

市場に出回っている品数も少なく、かなり査定金額も悩みました。ですが、当店の評判をお知りになりご来店いただいた経緯と、普段利用されている他店様に負けぬよう、目一杯の金額をご提示させていただきました。

銀座本店 店舗詳細:ギャラリーレア 銀座本店

カルティエとパンテールについて

カルティエは世界五大ジュエラーとして知られている宝飾ブランドの一つです。

宝飾工房としてスタートしたカルティエですが、創業主のルイ・カルティエは時計製造に強い関心を持っていたそうです。現在では宝飾のみならず時計ブランドとしても確固たる地位を確立しているブランドとなっていて、ルイ・カルティエ氏の思いが今も尚しっかりと受け継がれているのが良くわかりますね。

ご紹介しているパンテールコレクション『ラカルダリング』は、カルティエブランドを象徴する豹(パンテール)がモチーフになっています。全面にあしらわれたダイヤモンド、目にはエメラルド、鼻にはオニキスと、ゴージャスで存在感のあるリングです。

パンテールコレクションはリング以外にも、時計・ネックレス・イヤリング・ブレスレットなど、多様に展開されていてカルティエの中でもハイラインのシリーズとなっています。

比較的マイヨン・パンテールのシリーズは流通数はそれなりにはあるのですが、ラカルダの様なパンサーモチーフのジュエリーは流通数の少ない貴重なお品物です。

当店はハイジュエリーの取り扱い実績も豊富ですので、売却の際にはぜひご相談ください。

今回パンテールリングが高価買取できたポイント

今回のパンテールリングでの高価買取ポイントは以下の3つになります。

  1. ①状態がとても良かったこと
  2. ②市場に出回っている数が少なかったこと
  3. ③ギャランティーカードが付属していたこと

①状態がとても良かったこと

宝石があしらわれているお品物はぶつけて欠けてしまったりすることもあるのでパンテールの様な立体的なジュエリーは当てたりしない様に注意が必要ですね。また、ポリッシュをかけなくてもよいほどのコンディションの場合も高評価をさせていただけます。

②市場に出回っている数が少なかったこと

次に流通数が少ない=高額査定というは一概には申し上げられませんが、流通数が少ない人気のお品物は高価買取が望めます。どれが人気というのはなかなか一般の方は把握し辛いとは思いますが、カルティエで申し上げますと、パンテールはもちろんですがラブシリーズやCハート、ラニエールやソリテールなども高い人気となっています。

余談ですが、最近は90年代に流行したイエローゴールドのラブブレスレットの人気が上昇傾向にありますので、お使いでない方はこの機会にぜひご売却をご検討ください。

③ギャランティーカードが付属していたこと

後に購入されるお客さまにおいて、高価なお品物になればなるほど付属品、特に保証書(ギャランティカード)の有無を気にされる方が多いので保証書は無くさない様にし、お買取時は忘れずお持ちください。保証書の有無で査定額も数万円変わる事もありますのでご注意くださいね。

ブランドジュエリーのお買取はギャラリーレアにおまかせください。

人気のハイジュエリーは高価買取です。カルティエ、ブルガリ、ヴァンクリーフ&アーペル、ハリーウィンストンなどは非常に再販がしやすく、一般的な相場以上の額を提示させていただいております。

ぜひ他店さまと比較してみてください。査定金額には自信がありますので一度おためし感覚でご利用くだされば幸いです。

カルティエ ジュエリーの買取について詳しくはこちら

オススメコンテンツ