1979年創業 ブランド高価買取ギャラリーレア

電話番号:0120-968-979/営業時間:10:00~19:00(年末年始休業)

日々の買取品に関しての情報や、高価買取になるコツをお伝えしています。

毎日店頭にやってくるすばらしい一流品の数々。時にはバイヤーが驚くほど珍しいお品も。

オーデマ・ピゲ

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク エクストラシンの買取事例@銀座店 ~希少なトゥールビヨン~

オーデマ・ピゲ 時計 ロイヤルオーク エクストラシン トゥールビヨン 26510st

ブランド オーデマ ピゲ
商品名 ロイヤルオーク エクストラシン トゥールビヨン
型番 26510ST.OO.1220ST.01
素材 SS(ステンレススチール)
ケースサイズ W41mm(リューズ除く)
ムーブメント 手巻き(毎時21,600振動/3Hz)
防水機能 50m防水

買取した時計:ロイヤルオーク エクストラシン トゥールビヨン

今回ご紹介するモデルはオーデマ・ピゲからロイヤルオーク エクストラシン トゥールビヨンです。ロイヤルオーク ステンレスモデルのコレクションの中でも最高位の1本です。

時計会の巨匠ジェラルト・ジェンタの手により創出された初代ロイヤルオークは、1972年にスイスで毎年行われるバーゼルフェアにて発表されました。そして2012年同モデル誕生40周年を記念し、「復刻モデル」としてエクストラシンが発表されました。

今回ご紹介させていただくトゥールビヨンも、同フェアにて発表され話題となった名機です。ムーブメントは自社キャリバー2924を搭載、パーツ数は216ピースに及ぶのにも関わらず、厚みはわずか4.46mmと世界最薄ムーブメントの1つです。

「スポーツウォッチ=厚みのあるケース」という常識を覆した同モデルは、現在でも「ラグジュアリー・スポーツウォッチ」の元祖として「究極」の座に君臨し続けております。

今回お買取させて頂いたお客様はご売却を検討した際に、インターネットで高価買取してくれそうな店舗に数件問い合わせをされたそうです。最終的に当店にてご売却された理由をお伺いすると、ホームページがとても見やすく「担当スタッフの返答が迅速で丁寧だった」そして何より過去に同モデルの販売実績があったので安心して任せられた、とお褒めの言葉をいただきました。

ロイヤルオークの人気モデル

さてここではオーデマ・ピゲ ロイヤルオークの人気上位モデルのご案内をいたします。

ロイヤルオーク 41mm Ref.15400ST

オーデマ・ピゲ 時計 ロイヤルオーク 新型 人気モデル 鉄板 高価買取

2012年に発表された現行型のロイヤルオーク。ケースサイズが2mmサイズアップされ41mmとなりました。わずか2mmのサイズアップですが存在感は圧倒的に向上した印象です。前モデルに物足りなさを感じていた方に高い評価を受けています。

ロイヤルオーク エクストラシン Ref.15202ST

オーデマ・ピゲ 時計 ロイヤルオーク エクストラシン 人気モデル 復刻 高額査定

上記でも少し触れたロイヤルオーク誕生40周年記念の復刻版です。オリジナルモデルに極めて近しい出で立ちで、歴史を重んじるファンの間で高い人気のモデルとなっています。

ロイヤルオーク 39mm Ref.15300ST

オーデマ・ピゲ 時計 ロイヤルオーク 旧型 鉄板 人気モデル 買取強化中

旧モデルのロイヤルオーク、ケースサイズが39mmのタイプです。中古品でしか流通がありませんが、廃盤になった現在も高い人気があり、現行モデルに乗り換えられた方もこちらの方がしっくりくると言うことで再購入されるケースも見受けられます。

画像では見た目が分かりにくいことが難点ですが、いずれも3針のスタンダードモデルで根強い人気を誇ります。探されている方も多く当店では高価買取対象となっています。

ロイヤルオークの買取はおまかせください

オーデマ・ピゲが誇る人気モデル、ロイヤルオークの買取はおまかせください。

私共は「お客さまとお客さまとつなぐ架け橋」になることを意識し、日々の業務に取り組んでおります。

お持ちになられたお客さまの思い入れや意見を尊重し、1円でも高くお譲りいただけるよう販売先を探す事を怠りません。且つ次のオーナー様が安心してご購入いただけるよう、お客さまにあった品物を的確に提案いたします。

お客さま一人ひとりのご希望に適う条件が提示出来ますよう、スタッフ一同日々努めております。

もし遠方にお住まいで直接店頭にお越しになれない方もご安心ください。

全国対応にて無料でご利用いただける宅配買取サービスをご用意しております。万が一の運送時の事故にも全額補償いたしますので、どうぞ安心してご利用ください。

オーデマ・ピゲの時計の高価買取はギャラリーレアにおまかせ下さい。

オーデマ・ピゲの買取について詳しくはこちら

オススメコンテンツ