FENDI 日本橋三越店リニューアルオープン

イタリア・ローマ(Rome)を代表するラグジュアリーブランド フェンディ(FENDI)は、2020年3月18日(水)「フェンディ 日本橋三越店」(所在地 : 東京都中央区日本橋室町1-4-1)をリニューアルオープンいたしました。

最新のグローバルコンセプトを導入し、新たに増床移転オープンした「フェンディ 日本橋三越店」は、選び抜かれた材質と比類なきクラフツマンシップが細部にまで発揮されています。アイコニックなアストゥッチョ(Astuccio)ファーからインスピレーションを得てデザインされたミンクの斜め柄や、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)がデザインした「FF」ロゴをニッチの背景に再現しました。ブランドを代表するファーやレザーグッズをはじめ、シューズやアクセサリー、テキスタイルに至るまで、充実したウィメンズ製品を取り揃えます。

リニューアルオープンを記念し、アイコンバッグ「ピーカブー アイコニック ミニ」を同店にて限定販売いたします。最も伝統的な制作技法のひとつ「インターレース」を用いて熟練職人の丁寧な手仕事により作られた「ピーカブー アイコニック ミニ」は、フェンディの比類なきサヴォアフェールを象徴しています。

FENDI 日本橋三越店リニューアルオープン

フェンディ

フェンディ(FENDI)とは、フランスのLVMHグループに入っているイタリアを代表する世界的なファッションブランドです。
1925年にイタリアのローマで、エドアルド・フェンディとアデーレ・フェンディ夫妻によってプレヴィシート通りに小さな革製品・毛皮のお店兼、作業場を出店したことがフェンディの始まりです。
有名なフェンディのロゴであるダブルF・モノグラムは、創業当時は旅行カバンの「内貼り」に使われていました。
現在では、毛皮やバック、靴などレザーを始め、服飾・サングラス・香水・宝飾品・時計など幅広いアイテムを取り扱っています。
またこれまではレディースラインがメインでしたが、2000年代後半以降ではメンズラインの展開も本格的に始まりました。

日本橋三越本店

三越とは、株式会社三越伊勢丹ホールディングス傘下の株式会社三越伊勢丹が運営する呉服店を起源とする日本の老舗百貨店です。また、「三越」は、三井家の「三井」と創業時の「越後屋」からとったもので、1904年に「合名会社三井呉服店」から「株式会社三越呉服店」へ改称したときからのものです。
日本橋本店は1935年に竣工され、2016年には「我が国における百貨店建築の発展を象徴するものとして価値が高い」として本館が国の重要文化財に指定されました。
「越後屋」は江戸時代の1673年に当時では画期的な商法を次々と打ち出して名をはせた、呉服店して創業されました。現在では当たり前になっている正札販売を世界で初めて実現し、当時は富裕層だけのものだった呉服を、ひろく一般的なものにしました。そして、1928年には「株式会社三越」となりました。
建物は1914年に建てられたもの(1927~35年改修)で、エレベーター、エスカレーター、暖房設備、スプリンクラーなどを備えられた当時としては最新式の建築でした。

日本橋三越本店リニューアル

三越伊勢丹ホールディングスは、2017年から「日本橋三越本店」を大規模改装し、全面リニューアルすると発表しました。
日本橋三越本店は重要文化財の指定を受けることが決定したばかりなので、重要文化財となっている歴史的内装は維持され、現在の内装を生かした形でのリニューアルとなり、デザインは建築家の隈研吾が担当されました。
改装は全館が対象で、2018年の春までに本館1~3階、新館1~2階の改装を完成させました。

日本橋三越本店店舗情報

住所:〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
TEL:03-3241-3311
営業時間:午前10時~午後7時
※本館・新館の地階から1階並びに免税カウンタ-は午前10時~午後7時30分
※新館9F・10Fレストランは午前11時~午後10時
公式HP:https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi.html

お知らせ

お知らせをもっと見る

今すぐ無料査定

お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から


選べる買取方法