ルイ・ヴィトンのエキシビション、LOUIS VUITTON &を開催

ルイ・ヴィトンのエキシビション、LOUIS VUITTON &を開催

クリエイティブな交流やアーティスティックなコラボレーションを重ねてきたルイ・ヴィトンは、160余年におよぶ歴史を辿る旅をご紹介するエキシビション「LOUIS VUITTON &」を、2021年3月19日(金)から5月16日(日)の期間で東京の原宿にて開催しております。

「LOUIS VUITTON &」は、ルイ・ヴィトンのクリエイティブな交流やアーティスティックなコラボレーションを振り返るエキシビションです。
先見性に富んだ日本のアーティストとメゾンの間で絶えず育まれてきた敬意、そしてインスピレーションの歴史に特にフォーカスを当てた本展は、山本寛斎、藤原ヒロシ(フラグメントデザイン)、草間彌生、NIGO®をはじめとした日本の数多くの著名アーティストや国際的に活躍しているパーソナリティを讃え、彼らとルイ・ヴィトンとのコラボレーションを一堂にご紹介することが、主要テーマの1つです。

多くの功績をもたらしたメゾンのクリエイティブな旅を辿る本展は、10の没入型スペースで構成されています。
ご紹介するのは、20世紀初頭に製作された卓越した特注トランク。
ルイ・ヴィトンの孫であるガストン-ルイ・ヴィトンがデザインした美しいウィンドウ・ディスプレイ。
カール・ラガーフェルド、シンディ・シャーマン、川久保玲、フランク・ゲーリーといった現代を代表するクリエーターによるアイコニックな「モノグラム」を再解釈したバッグ。
磯崎新、リチャード・プリンス、ザハ・ハディッドといったアーティストとのオリジナルコラボレーションや、彼らに制作を委託したクリエーション。
そして、近年の「アーティーカプシーヌ コレクション」です。
伝統的なトランク製作から、村上隆の「スーパーフラット」コレクションのアート作品にいたるまで、サヴォアフェール(匠の技)とイノベーションに対する敬意は、本展でご紹介するすべてのクリエーションに見られる共通点です。
さまざまな時代の才能が一堂に会する本展では、パリと東京を繋ぐ橋を渡る体験をお楽しみいただくこともできます。

創造性に捧げられた本展の序章、そして過去1世紀におけるアーティストとのコラボレーションへのオマージュとして、ルイ・ヴィトンがご紹介するのは、日本人アーティスト池田亮司によるマルチメディア・インスタレーション「クリティカルポイント」です。
ミラー仕様のフロアと吊り下げられたLEDスクリーンによって区切られたスペースは、いわばエキジビションの玄関口と言えます。
来場者はここで、ルイ・ヴィトンのすべてのアーティスティックなコラボレーションが追求する、唯一無二の創造性を体感することができます。

1階には、建築家である菅原大輔のデザインによる本展のギフトショップが設けられており、厳選されたルイ・ヴィトンの小物をはじめ、「ギフティング」コレクション、テキスタイル、ファッション、ホーム & スポーツアクセサリー、フレグランス・コレクションのほか、メゾンの多彩な書籍が販売されます。
お求めいただいた製品のパーソナライゼーションに関しては、小物を対象としたメゾンのアイコニックなホットスタンピングに加え、フレグランスコーナーでは、香水ボトルへの刻印サービスも承ることができます。
もう1つのハイライトは、こちらのショップでのみで発売される「ペチュラ ミニ」。メゾンの人気マスコット「ヴィヴィエンヌ」のカラフルな四つ足の友人です。

ルイ・ヴィトンのエキシビション、LOUIS VUITTON &を開催

ルイ・ヴィトンのエキシビション、LOUIS VUITTON &を開催
カードケース 31,000円(税抜)

ルイ・ヴィトンのエキシビション、LOUIS VUITTON &を開催
ペチュラ ミニ 115,000円(全4色/税抜)

LOUIS VUITTON &

住所:東京都渋谷区神宮前 6-35-6 jing
電話番号:0120-00-1854
     0081 (0)3-3515-0855
会期:2021年3月19日(金)~5月16日(日)
   10:00am – 8:00pm(最終入場7:30 pm)

※年中無休
※入場料無料
※ルイ・ヴィトン公式サイトより要予約

お問い合わせ

ルイ・ヴィトン クライアントサービス
電話番号:0120-00-1854

お知らせ
お知らせをもっと見る
今すぐ無料査定
お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から

選べる買取方法