Santos Labのオンラインイベントを初開催

Santos Labのオンラインイベントを初開催

1904年に生まれたカルティエウォッチ「サントス」は、カルティエの3代目当主であるルイ・カルティエと、ブラジル人飛行家のアルベルト・サントス=デュモンの大胆な精神をもったパイオニアである二人の出会いから誕生しました。
アルベルト・サントス=デュモンによる、”飛行中に時間を見たい”という願いを叶えるために考案した世界で最初のモダンウォッチです。
その後、2018年に新しいウォッチである「サントス ドゥ カルティエ」が誕生いたしました。
丸みを帯びた正方形のダイアルに、調和のとれた曲線が美しいラグ、そしてあえて見えるように配されたビスモチーフなど、オリジナルモデルの哲学を忠実に受け継いだコレクションです。
その革新性とパイオニア スピリットは、今もなおカルティエの精神として受け継がれています。

Santos Labのオンラインイベントを初開催

カルティエは、二人の出会い、そしてその友情から生まれたクリエイティビティの背景をなぞり、日本におけるイノベーター、クリエイターの方々とアイデアを生み出す機会を創出するワークショプ、“Santos Lab”を2018年より開催してきました。

このたび、本プロジェクトでは初の試みとなるオンライン イベントを企画し、2021年2月19日(金)に開催されました。
パノラマティクスの齋藤 精一氏とライゾマティクス真鍋 大度氏がホストを務める「Staying TOKYO」とのコラボレーションによって、特別なライブ配信が実現しました。

今回のオンラインイベントのテーマは、今までのワークショップの中でも度々登場している「時代を超えて愛されるクリエイティブとは?」です。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響により世界中ががらりと変ってしまった今、選ばれ、残り続けるものにある共通点は何なのか。
また、それはどのように生み出すことができるのか。

このセッションのスペシャルゲストとして、パリを拠点に活躍する建築家の田根 剛氏と、西陣織の老舗「細尾」12代目の細尾 真孝氏を迎え、このテーマについて語り合いました。

開催概要

Cartier “Santos Lab” with Staying TOKYO
Talk Theme:Timeless Creativity

日時:2021年2月19日(金) 20:00〜22:00

登壇者:
齋藤 精一(Panoramatiks)
真鍋 大度(Rhizomatiks)
宮地 純(Cartier JAPAN President & CEO)
細尾 真孝(細尾)
田根 剛(Atelier Tsuyoshi Tane Architects)
モデレータ:九法 崇雄(KESIKI)

視聴方法:twitchにてライブ配信
https://www.twitch.tv/rhizomatiks

*定刻になると配信開始。ログインいただくとチャットにも参加いただけます

お問い合わせ先

カルティエ カスタマー サービスセンター
電話番号:0120-301-757
https://www.cartier.jp/

お知らせ
お知らせをもっと見る
今すぐ無料査定
お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から

選べる買取方法