フェンディ、2021春夏クチュールコレクション発表

フェンディ、2021春夏クチュールコレクション発表

“空虚なつまらないものに思えても衣服は身を温かく保つよりも大切な役目を果たすようだ。それは、世界に対する私たちの見方そして私たちに対する世界の見方を変えるのだ”
― ヴァージニア・ウルフ 『オーランドー』より

ブルームズベリーからボルゲーゼへ

超越的なロマンスと時代を超える創造性に思いを巡らせながら、キム・ジョーンズは、フェンディのデビューコレクションにおいてブルームズベリー・グループの型破りな英国的感性から着想を得ると同時に、ローマに本拠を置くメゾンの名高い歴史にも敬意を示しています。

このたび発表されたフェンディの2021年春夏クチュールコレクションでは、多様なインスピレーションが共通点を見出し、織り合わされ、ヴァージニア・ウルフとヴァネッサ・ベル姉妹の、伝統から解放されたクリエイティビティの永続的な魅力を、イタリア彫刻とフェンディの根本を成すコードが語る不朽の言語とともに探究しています。

時を旅する両性の境界をぼやけさせる小説を、本コレクションの主テーマとしており、時間の性質は歪められ、精妙な両性具有が生来の実体ではなく、流動的な選択として現れます。
フェンディの創立から3年後の1928年に、ヴァージニア・ウルフからヴィタ・サックヴィル=ウェストに宛てて書かれたラブレターともいえる『オーランドー』の文学的要素が、コレクション全体に散りばめられています。
金属を結合させた手帳型クラッチ、マザーオブパールのミノディエール、レザーブーツに記された文字列などに登場しています。

ブルームズベリー・グループがサセックス州の拠点とした「チャールストン・ファームハウス」は、実際にキム・ジョーンズが子ども時代の大半を過ごした場所から近く、ここで見つかったモチーフをビーズで飾ったブーツや、手描きのヒールとして蘇らせました。
壁を飾るヴァネッサ・ベルと画家ダンカン・グラントのフレスコ画はガウンの刺しゅうとして施されました。

ヴァージニアとレナード・ウルフ夫妻がホガース・プレス社から刊行した、手作業で印刷したマーブル紙装の本はショー会場に展示され、そこからクラシカルなイタリア美学の世界へと導きます。
ローマのボルゲーゼ美術館の大理石の色合いを再現しベルニーニの彫刻作品さながらのドラマティックなデザビエのドレープをコレクションに取り入れて、2つの要素の調和を示しています。
ジャカードやシルクのガウン、そしてファーのインレーや手作業でビーズを施した仕立てから見て取れるように、大理石はコレクションの視覚言語の主要な要素となっています。

キムの現代的な視点を通して、フェンディの歴史も重要な要素として登場しています。
造形的スケッチや装飾を求めてアーカイブを発掘するために、キャストを務めるモデルたちのバイオグラフィーに姿を変えています。
ヴィンテージバッグのヴェルベットリボンは新たなデザインとなり、故カール・ラガーフェルドの最後のコレクションに登場したカーリグラフィがビーズのデザインとしてブーツに飾られます。

コレクションでモデルを務めるキャストを通じて、実際の、または選ばれた「家族」の大切さが賞賛され、モデルがひとりずつガラスのショーケースに身を置くと、それぞれの個室へと変貌します。

お知らせ
お知らせをもっと見る
今すぐ無料査定
お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から

選べる買取方法