ルイ・ヴィトンからユニセフとのパートナーシップの一環とした新作が登場

ルイ・ヴィトンからユニセフとのパートナーシップの一環とした新作が登場

2021年1月、ルイ・ヴィトンではユニセフとのパートナーシップの一環として「シルバー・ロックイット」ブレスレットに4つの新色が加わるほか、ユニセフとのコラボレーションとなる「ドゥドゥ・ルイ」が初登場いたしました。

「シルバー・ロックイット」ブレスレットの新作は、パステルブルー、パステルピンク、セラドングリーン、ブラックの4色展開により、パーフェクトなカラーコンビネーションが実現しました。
素材には、今回初めてリサイクルシルバーとオーガニックコットンを採用しました。アイコニックなタンブラー錠前と、サークルの中に入ったLVシグネチャーのロゴが魅力的なアイテムです。
また、「Louis Vuitton for UNICEF」とのコラボレーションによるぬいぐるみ「ドゥドゥ・ルイ」も登場しました。
パステル調のレインボーカラーを身に纏った愛らしいテディベアの素材には、今回初めてテキスタイルを採用。モノグラム・プリントをあしらったオーガニックコットンのテキスタイルがテディベアのボディを優しく包み、アイコニックなモノグラム・フラワーの刺繍で再現されたブルーのつぶらな瞳がこちらを見つめます。
ブレスレットは、1本でシンプルに着用したり、あるいは手首に沿って複数を重ね着けしたりとさまざまに楽しめるほか、「ドゥドゥ・ルイ」のネックレスとしてもぴったり。
「シルバー・ロックイット」ブレスレットとテディベアは、すべてのファンが憧れるコレクターズアイテムです。

ルイ・ヴィトンからユニセフとのパートナーシップの一環とした新作が登場

ルイ・ヴィトンでは、継続的な#MAKEAPROMISEキャンペーンを通じて、世界の最も弱い立場にある子どもたちを支援するために、ユニセフの活動を伝え、資金の調達に取り組んでいます。
「シルバー・ロックイット」と「ドゥドゥ・ルイ」をご購入いただくことで、脆弱な状況にある子どもたちに水や衛生、栄養、教育、保健サービスへのアクセスを提供し、保護活動を行うユニセフの支援に繋がります。またこれには、この前例のない世界的規模の健康、経済、社会面での危機の中で、すべての子どもに相応しい社会を回復させ、再考するためにユニセフが取組んでいる新型コロナウイルスによる緊急対策の支援も含まれています。

ルイ・ヴィトンからユニセフとのパートナーシップの一環とした新作が登場

2016年に登場した「シルバー・ロックイット」は、お客様の大切な持ち物を保護するため、1890年にジョルジュ・ヴィトンが発明したタンブラー錠前からインスピレーションを得ています。これは、今すぐ助けを必要としている子どもたちを支援するというメゾンの約束を象徴するシンボルです。
新たに4色が仲間入りした「シルバー・ロックイット」ブレスレット(49,000円/税抜)、「ドゥドゥ・ルイ」(99,000円/税抜)を1製品お買い上げいただくごとに、それぞれ100ドル、または200ドルがユニセフに寄付されます。
「シルバー・ロックイット」が発売されて以来、これまでのこのパートナーシップを通じてユニセフに寄付された金額は、1,300万ドルにも上ります。

「シルバー・ロックイット」と「ドゥドゥ・ルイ」は、ルイ・ヴィトン 公式サイト(http://www.louisvuitton.com)および世界各国のルイ・ヴィトン ストアで発売中です。
ぜひ#MAKEAPROMISEにご参加くださいませ。
ユニセフは、いかなる企業、ブランド、製品、サービスも推奨するものではありません。

お問い合わせ先

ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854

お知らせ
お知らせをもっと見る
今すぐ無料査定
お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から

選べる買取方法