西日本初、エスパス ルイ・ヴィトン大阪がオープン

西日本初、エスパス ルイ・ヴィトン大阪がオープン

これまで世界中で展開されてきたルイ・ヴィトンのアートスペースであるエスパス ルイ・ヴィトンが、日本では東京に引き続き、西日本でははじめてとなる大阪にオープンし、期間限定で「Fragments of a landscape (ある風景の断片) 」展を開催することとなりました。

このたびエスパス ルイ・ヴィトン大阪はオープンを記念して、アメリカを代表する2人のアーティストである1950年代に画家としての活動をスタートさせ、第二次大戦後の抽象表現主義の旗手となった”ジョアン・ミッチェル”と、1970年代初めにミニマル・アート運動を牽引した彫刻家カール・アンドレの作品を紹介する「Fragments of a landscape (ある風景の断片) 」展を2021年2月10日から7月4日の期間にて開催いたします。

本展は、これまで未公開のフォンダシオン ルイ・ヴィトンの所蔵作品を世界各地のエスパス ルイ・ヴィトンでご紹介する「Hors-les-murs (壁を越えて) 」プログラムの一環であり、東京、ミュンヘン、ヴェネツィア、北京、ソウル、そして今回新たに大阪が加わり、国際的なプロジェクトを通じて、より多くの人々に所蔵作品に触れる機会を提供することを目指しています。

フォンダシオン ルイ・ヴィトンについて

フォンダシオン ルイ・ヴィトンは現代アートとアーティスト、そして現代アーティストのインスピレーションの源となった重要な20世紀の作品に特化した芸術機関です。
2014年10月の開館以来、600万人を超える来館者をフランス、そして世界各地から迎えてきました。
また、フォンダシオンは、東京、北京、ミュンヘン、ヴェネツィア、ソウルに設けられたエスパス ルイ・ヴィトンにて開催される所蔵コレクションの展示を目的とした「Hors-les-murs(壁を越えて)」プログラムのアーティスティック・ディレクションを担っています。これらのスペースで開催される展覧会は無料で公開され、関連するさまざまな文化的コミュニケーションを通じてその活動をご紹介しています。

「Fragments of a landscape (ある風景の断片) 」展

会期:2021年2月10日(水) – 7月4日(日)
開館時間:12:00-20:00
※休館日はルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋に準じます。
※入場無料、ご予約は不要でございます。
※会場内の混雑防止のため、入場をお待ちいただく場合がございます。

エスパス ルイ・ヴィトン大阪

住所:542-0085
大阪市中央区心斎橋筋2-8-16
ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 5F

お問い合わせ先

電話番号:0120‐00‐1854
http://espace_osaka.jp@louisvuitton.com

お知らせ
お知らせをもっと見る
今すぐ無料査定
お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から

選べる買取方法