「フェンディ ファクトリー」完成予想図

「フェンディ」環境の持続性と社会的責任に特化した取り組みについて発信

イタリアのローマを代表するラグジュアリーブランドである「フェンディ(FENDI)」は、トスカーナ州のバーニョ・ア・リーポリを拠点として推進する「フェンディ ファクトリー」建設の礎石敷設式典開催に伴い、サステナブルな戦略に焦点を当てます。
「フェンディ ファクトリー」プロジェクトは、創造、開発、革新訓練、生産に専念するフェンディの革新的、かつ効率的、そしてグリーンなエクセレンス(卓越性)の柱となります。

フェンディは、環境の持続性と社会的責任に特化した取り組みについて発信するため、公式ウェブサイト上に新たなセクションを開設をすることとなりました。
https://www.fendi.com/jp/

「環境」「サプライチェーン」そして「コミュニティ」という3つの主要なセクションに関する情報を提供する新ページでは、フェンディのハイエンドで耐久性ある製品に使用される持続可能な材料、優れた環境特性を持つ生産現場と店舗、サプライチェーンの透明性と責任性、ローマのマッソーリアカデミーを通じた若い才能を育む教育と訓練への長期的な取り組み、さらに「LVMHインスティテュート・デ・メティエ・ド・エクセレンス」トレーニングプログラムに関する詳細を発信いたします。
http://fendi.com/sustainability

「フェンディ」環境の持続性と社会的責任に特化した取り組みについて発信

これまでフェンディは、製品のライニングや包装用に植物から採取した繊維素セルロースベースの素材を採用していました。さらに、BCI(ベター・コットン・イニシアティブ)認証済みコットンとリサイクルポリエステルで作ったアイコンバッグ「ピーカブー」と「バゲット」のカプセルコレクション「FFグリーン インターレース」を発表してきました。
本カプセルコレクションはフェンディの最も伝統的な職人技のひとつ、インターレーステクニックを駆使したもので、ファブリックをストライプ状にカットしてから組み立て直し、その後職人の手作業によってひと目ずつ丁寧に結んで制作されます。

「フェンディ」環境の持続性と社会的責任に特化した取り組みについて発信

さらに、フェンディのホリスティック、かつサステナブルな継続的取り組みの一環として、イタリアの各地域から職人を1名ずつ選出し、フェンディのアイコニックな「バゲット」バッグに独自の解釈を依頼するという「ハンド・イン・ハンド」プロジェクトも実施いたしました。こうして、伝統的なハンドバッグを本物のアートオブジェへと変身させたのです。
この「ハンド・イン・ハンド」というプロジェクト名は、各地方の地元の職人たちの手と、フェンディの職人たちの手を結ぶ絆を表しています。本プロジェクトは、熟練職人のクラフツマンシップを駆使したフェンディ製品の制作に加え、強力な人的ネットワークも作り上げて、イタリア全土でこれらの地元の職人の希少な工芸品、クリエイティビティ、そしてサヴォアフェールを保存し継承していくための重要なステップでもあるのです。

同様のサステナブルなアプローチは、今年のホリデーウィンド-のデザインと制作のガイドラインにもなりました。
店舗の窓には、リサイクルされた素材で作られた建築要素と、リサイクル、および再生された製品の使用工程で得られたサトウキビ由来の泡状物質を融合させた作品がディスプレイされます。

お知らせ

お知らせをもっと見る

今すぐ無料査定

お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から


選べる買取方法