バイヤーブログ


ロレックス エクスプローラー1 Ref.214270の買取事例@青山表参道店 ~旧型と比べて良い点・悪い点~

ロレックス エクスプローラー1 Ref.214270の買取事例@青山表参道店 ~旧型と比べて良い点・悪い点~

ブランド:ロレックス
アイテム名:エクスプローラー1
型番:214270
素材:SS(ステンレススチール)
文字盤カラー:ブラック文字盤
ケースサイ:39mm(リューズ除く)
ムーブメント:自動巻き
防水機能:100m防水
買取した時計:ロレックス エクスプローラーⅠ 214270

今回ご紹介する買取商品はロレックスのエクスプローラーⅠ Ref.214270です。徹底的に無駄を削ぎ落したようなシンプルさが非常に人気なモデルですね! エクスプローラー1の二つ前の型番『14270』は木村拓哉さんが着用した事によって一時期プレミアがついていました。
現在はそこまでのプレミア価格はついていないものの、人気があるのは相変わらず。当店でも高く買い取りしています。

いろいろ変わったエクスプローラー1

そんなエクスプローラー1のよくある質問として、「前のモデルとどこがどう違うの?」というのがあります。
まず見えない部分の変更点として、Cal3132という新しいムーブメントに変わりました。Ref.114270に搭載されていたCal.3130にくらべ、耐磁性・耐久性及び精度が向上したムーブです。
目に見える大きな変更点は、文字盤部分のエクスプローラー表記が12時位置から6時位置に移動したことですね。6時位置の「EXPLORER」表記は私の好みです。
個人的意見ですが、良い点、悪い点を続けてご紹介したいと思います。

  • 良い点
  • インデックス(文字盤の数字部分)がブラックアウト風になり、とてもシャープな印象になりました。
    ブラックアウトはRef.14270の初期製造モデルだけに存在したレアな仕様です。本来であればインデックス3・6・9部の中央が白くペイントされているところ、黒く塗装されていたのでブラックアウトと呼ばれていますね。
    ※当時のブラックアウト文字盤は1990年~1991年頃に展開されたモデルに見られる仕様で、こういった希少価値の高いモデルに関してはプレミア価格で取引されています。また、トライアル文字盤だったという説がありますが、定かではありません。

  • 悪い点
  • 長針が少し短くなりましたね。Ref.214270では長針がちょっと中途半端かな? という長さになってます。これについてはロレックスも失敗だと思ったのか、エクスプローラー2では長針を長くしてきました。

    ロレックス エクスプローラー1、高く買い取ります

    やはり新旧によって好みが出る事が多いエクスプローラー1ですが、スポーツモデルの中において比較的お求めやすい金額帯にて販売されている事から人気は強いです。
    もちろん需要が高いお品物に関しては、元々買取相場も高くなっているのですが、只今ロレックスのスポーツモデルは相場高騰中ですので、売却を検討されている方にとってはとても良い時期となっています。
    買取、下取り等のご相談がございましたら是非当店までお問い合わせ下さい。

    ロレックスの買取について詳しくはこちら

    当買取店について

    今すぐ無料査定

    お問い合わせ

    0120-968-979

    営業時間:10:00~19:00
    (年末年始休業)

    まずは査定から


    選べる買取方法

    ブランドコラム

    ブランドコラムをもっと見る

    お知らせ

    お知らせをもっと見る