バイヤーブログ


【新世代】のレディ ロレックス デイトジャスト

【新世代】のレディ ロレックス デイトジャスト

こんにちは、渋谷店の杉本です。
明けましておめでとうございます!
2018年迎えましたね!
今年もギャラリーレア渋谷店を宜しくお願い致します!

さて、新年一回目のブログはまたまたロレックスのご紹介です!
本日お買取させていただいたのは、レディ デイトジャスト 279171
ドレスウォッチの代名詞的存在、デイトジャストレディースの現行モデルになります!

ロレックスのすごい所はご存知の通り、デザインはそのままにパーツを徐々に変化させ時代や使う人のニーズにあったモデルチェンジを繰り返していることです。
流行に左右されず、長い年月同じデザインを採用しておりますので、ロレックスの拘りがあるのかと存じます。
そして今回お買取させていただいた27917にもすごい秘密があるんです!

それは「Cal:2236」が搭載されている事!

パッと見で見分けはつきませんが、
リューズを12時方向に回して針が動けば3世代前のRef.69173等で搭載されているムーブメント【Cal:2135】
リューズを6時方向に回して針が動けばRef.79173等で搭載されているムーブメント【 Cal:2236】になります。

新モデル279171等のムーブメントCal:2236は自社開発・製造した【新世代】の機械式自動巻ムーブメントになっております。
ロレックスが特許を取得した「シリコン製シロキシ・ヘアスプリング」が採用されたCal 2236 は、高レベルなクロノメーター性能を有しております。
耐磁性に優れ、気温の変化にも非常に高い安定性を保ち、標準の 10 倍もの耐衝撃性を実現しました。特許を取得した形状により、あらゆる向きにおいて等時性を保っているそうです。
さらに55時間のパワーリザーブ!サイクロップレンズでデイトが見やすくなっている等、普段のご使用に使いやすい実用性がデイトジャストにはあります!

少し堅苦しいお話になりましたが・・・、このCal:2236の一番のメリットをこれからお話します!

従来のモデルは、PM8時位からムーブメントの中のカレンダーの歯車がかみ合って徐々に動き出し、時間をかけてカレンダー変更をしていきます。そしてAM3時位にかみ合っていた歯車が離れて作業終了をします。
なので、PM8時~AM3時までの時間帯はカレンダー調整はしないのが鉄則でした。午後9時位~午前2時位までの間にカレンダーの早送りをすると歯車の関係で最悪故障する自体があったそうでカレンダー調節は午前午後関係ない6時に合わせてから行うというのがポイントでした。

しかし、今回の279171に搭載されているCal:2236に関しては、時間に関係なくカレンダー調整ができるのです!これは画期的な発明ですよね!今まで故障を避ける為にクルクルとひたすらリューズを回して、カレンダーを合わせて、時刻を正しい時間に戻す。という作業をやっていた方からするとこのありがたみは痛いほど分かるかと思います(笑)

そんな新たな機能を搭載したレディ デイトジャスト、
本格的な機械式時計なんてかっこいいですよね!
ギャラリーレアのネットショッピングでも販売しております!
当店で受け取りや下取りもご利用いただけますので、ご検討ください!

当買取店について

今すぐ無料査定

お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から


選べる買取方法

ブランドコラム

ブランドコラムをもっと見る

お知らせ

お知らせをもっと見る