バイヤーブログ


エルメス Hウォッチの買取事例@青山表参道店 ~腕時計のお買取はおまかせください~

エルメス Hウォッチ

ブランド  エルメス
商品名 Hウォッチ ダイヤベゼル
型番 HH1.230
素材 SS(ステンレススティール)×ダイヤモンド
文字盤色 白文字盤

エルメス Hウォッチ買取の経緯
弊社ホームページをご覧の上、メールからお問い合わせをいただきました。買取をご希望されておりましたが、はじめは金額に満足されていないご様子でした。幾度もメールのご対応をする中で、ご不明なことからご不安に思われていることを一つ一つ払拭いたしまして、お送りいただくこととなりました。

実際にお品物を拝見いたしますと非常に良いコンディションだったため、出せる限り目一杯の査定金額を伝えましたところ、ご満足されお譲りいただきました。弊社を信用していただきまして誠にありがとうございました。

Hウォッチ、ココが人気です
ブランドの頭文字であるHをモチーフにしたフレームが特徴的なHウォッチ。一目でエルメスとわかるブランドアピールと、シンプルなデザインでシーンを選ばず使いやすい事が人気です。長い期間販売されているスタンダードモデルで、幅広い年齢層から愛されています。

他にもエルメスの腕時計で長年愛されているモデルとして、ケリーウォッチ、アルソー、クリッパー、ケープコッドなどのモデルがあります。いずれもHウォッチと同じ様に長年エルメスファンから愛されているモデルです。

Hウォッチやケープコッドの様に革ベルトを使用したタイプですと簡単にベルトの付け替えができますので、気分によってカラーを変えられるのも人気のポイントですね。

今回お譲りいただきましたお品物は、ブレスレットタイプのラグジュアリー感の高いモデル。カジュアルなHウォッチにダイヤモンドを施すことでシンプルなタイプよりも存在感が増し、非常に上品な印象のお品物です。

高額査定のポイント
腕時計の査定時のポイントで付属品の有無や本体のコンディションについてはいつも書いていますが、どういった部分を気をつければ良いかという事を具体的に述べていませんでした。今回は本体のコンディションの中でも、外観で特に重要視される部分をご説明します。

ガラスの欠け、傷
時計の買取は消せない傷があるかどうかが査定額に影響します。フレームやブレスレットの細かい傷や擦れは、磨き仕上げをかけるとほとんど消すことができますので、査定金額にはさほど影響はいたしません。もちろん磨き仕上げをかける必要がないほど綺麗なお品物であれば、磨きにかかる費用をお客さまに還元する事ができます。

磨き仕上げではどうにもできない傷は、ガラスについてしまう”欠け“や”ヒビ“やです。ガラスですので、磨く事は不可能で傷のある場合はガラス交換を行わないといけませんので、査定に大きく影響してしまいます。ブランドウォッチをお持ちで今後ご売却を検討されている方はガラス面にはお気を付けくださいね。

ブレスレットの余りゴマ
次に重要な部分はブレスレットタイプに限りますが、調整後の余りゴマです。余りゴマが無い場合、サイズを縮める事は出来ますが、延長できないので現状のサイズが上限となります。

次に購入を検討される方のサイうが合わないと着けられないという制限がかかってしまいます。腕の細い方なら問題ありませんが、そのサイズより腕回りの大きい方ですとどんなに気に入っていただいたとしても諦めないといけません。

そういったケースで販売のタイミングを逃す可能性もあり、あまりにも腕回りが細く、余りゴマが揃っていないお品物に関しては若干据え置いた査定金額になりますのでお気を付けください。

以上が普段あまり語ることのない腕時計の査定時の注意点でした。皆さまの参考になれば幸いと思い列挙させていただきました。

エルメスのお品物は時計はもちろん、アクセサリー、お洋服までギャラリーレアでは高価買取を行っております。お使いにならなくなった腕時計、ただいまタイムゾーン銀座オープニングフェアもあり、高額査定中です。

ご売却や買い替えをお考えのお客さま、是非一度ギャラリーレア、およびタイムゾ-ンにご相談ください。タイムゾーン銀座オープン記念でどこよりも高くお買取させていただきます。皆さまたくさんの方のご利用をお待ちしております。

当買取店について

今すぐ無料査定

お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から


選べる買取方法

ブランドコラム

ブランドコラムをもっと見る

お知らせ

お知らせをもっと見る