バイヤーブログ


ハリーウィンストンのダイヤモンドの魅力~リリークラスター・バイ・ハリーウィンストン~

ハリーウィンストンのダイヤモンドの魅力~リリークラスター・バイ・ハリーウィンストン~

こんにちは!ギャラリーレアの芝崎です!明日の朝は台風が接近するみたいなので皆様、安全第一で行動するよう心がけましょう!

さて今回紹介するのはリリークラスター・バイ・ハリーウィンストンのミニペンダントです!
ハリーウィンストンは世界五大ジュエリーの一つであり、誰もが聞いたことのあるハイジュエリーブランドかと思います。
リリークラスター・バイ・ハリーウィンストンのミニペンダントには小粒のダイヤモンドが37個が使われており、合計0.19カラットのものになります。ユリの花をモチーフに作られたハリーウィンストンを代表する「クラスター」シリーズの一つです。高級感がありながらもシーンを選ばずに使えるデザインですので非常に人気があります!
はじめにハリー・ウィンストンについての歴史を少し。
ハリー・ウィンストンは実家が宝石商だったことから幼いころから宝石に囲まれて育ち、特にダイヤモンドを愛していました。
そのため幼いころから培った審美眼が評価され、「キング・オブ・ダイヤモンド」と称され、世界的に有名になりました。
「ダイヤモンドの形と輝きがデザインを決める」という信念があり、宝石が持っている美しさを最大限に引き出すデザインを考えました。それは「ウィンストニアン・スタイル」といって極細のプラチナワイヤーを使用することで金属の使用量を最小限に抑え、ひとつひとつのダイヤモンドが浮かんで見えるような独自技法を開発しました。
ダイヤモンドの美しさを最大限に引き出すことのできるハリーウィンストンのデザインは瞬く間に世界的に有名になりました!
次にダイヤモンドの基礎知識とハリーウィンストンのダイヤモンドを使用するにあたっての基準を少し説明します。
ダイヤモンドにはカラット、カット、カラー、クラリティと分けて評価する4Cというものが存在します。
カラットとはダイヤモンドの重量のことで1カラット0.20グラムとされています。カラット数が重くなるにつれて価値は高くなります。カラットにおいて大事なことは大きさではなく重量で決まるということです。しかし、カラット数が同じでも評価が異なる場合があります。これから紹介するカット、カラー、クラリティの違いでダイヤモンドの価値は決まってきます。
カラーにおいてハリーウィンストンは評価基準を定めています。
カラーはアルファベットのD~Zまでランク付けされており、上からDEFの三つはほとんど無色に見え、高評価とされています。F~Zになるにつれて色が付いているダイヤモンドになっていき、評価としては下がるとされています。ハリーウィンストンはDEFの高評価対象のダイヤモンドしか使用しないことになっています。
クラリティに関しても評価基準があり、クラリティとは研磨加工されたダイヤモンドの透明度を評価するもので、内包物の大きさ、数量、位置、表面の欠点などを総合的に評価してランク付けします。フローレス(FL)またはインターナリー・フローレス(IF)はほとんど内包物に欠点はほとんど無く、高評価ランクとされています。ハリーウィンストンではクラリティがフローレス(FL)からベリースライトリーインクルーデッド(VS1、VS2)までのダイヤモンドのみを扱っています。
ダイヤモンドのカット評価は比率、対称性、研磨で決まります。ハリーウィンストンではカットする上でカラット数は小さくてもダイヤモンドそのものの輝きと美しさを引き出すことを大切にしているため最適な角度と正確な比率でカットされます。
はじめに「ダイヤモンドの形と輝きがデザインを決める」といったようにダイアモンドの形はハリーウィンストン独自の最適な角度と正確な比率でカットすることで他にはできない輝きと美しさを生み出しました。

このようにダイヤモンドには評価する上で見るポイントが沢山ありますが、ダイヤモンドそのものが持っている価値は非常に高いです。ギャラリーレア渋谷店ではダイヤモンドといった宝石関連の買取を強化しています。特にハリーウィンストンは人気ブランドでありますし、リリークラスターシリーズは需要が高く高額買取が期待できます。ハリーウィンストンに限らず宝石・ジュエリー関連のお買取には是非ギャラリーレア渋谷店をご利用ください!

当買取店について

今すぐ無料査定

お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から


選べる買取方法

ブランドコラム

ブランドコラムをもっと見る

お知らせ

お知らせをもっと見る