バイヤーブログ


カルティエ 腕時計 カリブルドゥカルティエの買い取り事例@千代田区のお客さま

お世話になっております。
にっしゃんでございます。

今回ご紹介する買取品は、カルティエ カリブルドゥカルティエ W7100009でございます。

東京都千代田区のお客さまから売却いただきました!

買い取りした時計:カリブルドゥカルティエ W7100009

カルティエ 腕時計 カリブルドゥカルティエ K18PG

ブランド  カルティエ
商品名 カリブルドゥカルティエ
型番 W7100009
素材 K18PG

カリブルドゥカルティエ W7100009の買い取り査定ポイント

ケース
1時位置側のラグ裏に小さな打痕がありました。また、9時位置のベゼルにも小さな点のようなキズが。しかしながら磨き仕上げでキレイにレベルですので、査定金額にそこまで影響はしません。素材がK18PGであることを考えると、むしろコンディションは良い方ではないでしょうか。

動作
精度・デイトのチェックなどを行った結果、動作は良好。タイムグラファーをつかって精度チェックをおこなった際にお客さまが興味深そうに眺めてらしたので、おすすめのタイムグラファーをお教えしました!

付属品
内箱・外箱、ギャランティなど付属品は完品状態! 付属品が足りないと少なからず査定金額に影響がでるので、重要なポイントですね!

カリブルドゥカルティエ W7100009について
2010年に華々しくデビューしたカリブルドゥカルティエ。カルティエ初のメンズウォッチです。発表当時は非常に大きな話題となりましたね。

42mmという主張の強いラウンド型のフォルムに、これまた主張の強いフェイスがものすごく印象的です(なんだこの文章…)! 搭載しているキャリバーは「1904MC」といって、カルティエが独自に設計・開発・製造を手掛けたキャリバーです。ちなみに「カリブル」とはキャリバーのことを指しているので、つまり「カリブルドゥカルティエ」とは「カルティエのキャリバー」ということです! すごくわかりやすい名前ですね!

カルティエといえば宝石商のイメージが強いですが、 時計の製造も古くからおこなっており。1904年に「サントス」がデビューして以来100年以上の歴史があります。(キャリバー1904MCの名前はサントスのデビュー年からとられています)

カルティエの時計なら出張買取はいかがでしょうか
今回売却いただいたのは東京都千代田区のお客さまでした。銀座店にお越しいただいたのですが、出張買取の事をお話ししたところ、「次はうちに来てよ!」とおっしゃってくださいました。出張買取はお客様の自宅で査定、その場で金額をお支払いするシステムですから、店舗に出向いていただく面倒がありません。オススメですよ!

カルティエの時計買取について詳しくはこちら

当買取店について

今すぐ無料査定

お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から


選べる買取方法

ブランドコラム

ブランドコラムをもっと見る

お知らせ

お知らせをもっと見る