バイヤーブログ


ブランドバッグを長く愛用するための素材別お手入れ方法

ブランドバッグを長く愛用するための素材別お手入れ方法

ブランドバッグは、基本的に高品質で長持ちするような素材で仕上がっています。 しかし、きちんとケアをしなければ汚れは沈着してしまいます。 場合によっては型崩れや、壊れてしまうことも。 そのため、バッグには定期的なクリーニングやメンテナンスが必要不可欠です。

バッグの素材は様々で、手入れ方法も種類ごとに異なります。 自分が持っているブランドバッグの素材がどの様なもので、どの様にケアすれば長持ちさせられるのかを知っておくようにしましょう。 ここでは素材別にいくつかのケア方法を紹介していきます。

革バッグの手入れ方法

革バッグの手入れ方法

ブランドバッグは革でできているものが非常に多いです。 しかし革にも多くの種類があり、その素材によってメンテナンス方法は異なります。

牛革の場合は耐久性に優れた丈夫な素材なため、あまり神経質になる必要はありません。 バッグ使用後にブラシで表面のホコリを落とし、月に1回クリームを布につけて磨く程度で十分です。 毎日使うバッグは、クリーニング後に防水スプレーを吹きかけると汚れが付着しにくくなります。

カーフ革の場合は、柔らかく繊細な素材となっているため丁寧なケアが必要となります。 革製品専用の消しゴムで汚れを取る方法をおすすめします。 汚れがひどい場合はカーフ革に使えるクリームを塗ってクリーニングする方法もありますが、直接バッグにつけないように注意しましょう。 布に少量つけて馴染ませてから、少しずつシミにならないよう汚れを落としてください。

スエードは起毛の手入れがやや難しい素材です。 やさしくブラッシングし、くたっとしてしまった毛を立たせるようにしていきます。 ポイントは、まず毛並みに沿ってブラッシングした後で、逆方向にもブラッシングすることです。 なかなか汚れが落ちない場合は、毛のブラシからナイロンブラシ、レザー用生ゴム、白の消しゴムの順番で使っていきます。 クリームはシミの原因になるので避けましょう。

革素材以外のバッグの手入れ方法

革素材以外のバッグの手入れ方法

ブランドバッグは革製品だけではありません。 その他の素材でできているものもあるため、いくつか紹介していきます。

まずはエナメル・ビニール素材で作られたバッグの手入れ方法です。

エナメルやビニール素材は水汚れに強い素材なため、あまり神経質にならずとも問題ありません。 ただし、劣化しやすいというデメリットもあるため、ケアはきちんとしていきましょう。 日常的なケアとしては、水拭きと乾拭きをする方法で十分です。 キズがつかないように、柔らかい素材のクロスを使ってケアするとトラブルを防ぐことができます。

また、保管する前の手入れ方法としては、クリーニングした後に陰干しをするとよいでしょう。 色落ちしないように、除湿剤の近くには置かないよう注意してください。

キャンバス地バッグの場合は、基本的にブラシで汚れを落としていきます。 汚れが付着してしまったら、手洗いするのがよいでしょう。 洗濯機は色むらや縮み、しわの原因となりますので避けた方が無難です。 洗い方はぬるま湯にカバンを浸け、洗濯用洗剤をつけたブラシで擦り洗いをします。 水分はなるべく切るようにして、しわを伸ばし風通しの良い日陰で干しましょう。

金属部分の手入れ方法

金属部分の手入れ方法

ブランドバッグの多くは、ファスナープルのような部品に金属が使われています。 意外と忘れがちな部分なので、きちんと磨いて汚れたままにしないようにしましょう。

気付いた時にしておきたいケアとしては、柔らかい布を使って乾拭きする方法があります。

研磨剤が含まれた布で、バッグを乾拭きすると光沢感が出ます。 黒ずんでしまった場合や変色してしまった時は、重曹や中性洗剤を使ったクリーニングが有効です。 歯ブラシに少量つけてこすっていきます。 この時、バッグにつかないよう注意しながら行いましょう。

ブランドバッグを長く愛用するための素材別お手入れ方法 まとめ

ブランドバッグの手入れ方法をご紹介しました。 今回ご紹介した手入れ方法は、どれも基本的なケア方法ばかりです。 複数の素材が使われたバッグの場合には、どの部分にどんな素材が使われているのかきちんと把握した上で手入れをしていきましょう。

日頃のケアが一番重要です。 汚れがシミになる前に手入れをするように心掛けましょう。

当買取店について

今すぐ無料査定

お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から


選べる買取方法