バイヤーブログ


ブルガリ(BVLGARI)のパレンテシ、今回はアメジスト編!

ブルガリ(BVLGARI)のパレンテシ、今回はアメジスト編!

こんにちは!ギャラリーレア渋谷店の芝崎です!
本日もジュエリー・宝石関連の記事を書かせていただきます!
今回のブランドはブルガリ、宝石はアメジストについて紹介させていただきます。
ブルガリは1884年に創業したイタリアの高級宝飾品ブランドです。
ギリシャ系イタリア人ソティリオ・ブルガリはギリシャ出身であり、銀細工職人でした。
ギリシャ建築に強いインスパイアを受け、ローマの伝統技術とギリシャ様式を見事に融合させた芸術的なデザインでシルバーを中心に扱うジュエリー店としてイタリアで人気の高いブランドになりました!

パレンテシとはイタリア・ローマにある町並みの石畳をモチーフにされ、イタリア語で「括弧」という意味を持ちます。パレンテシシリーズではブルートパーズ×ホワイトゴールドのデザインもありますが、今回紹介するのはアメジスト×ピンクゴールドになります。
アメジストの周りに纏ったピンクゴールドの部分がまさにパレンテシのデザインに仕上がっています。目立たない部分ではありますが、細かいところまでブルガリのこだわりが詰まっていることが分かりますね!

次にアメジストについてです。
和名は「紫水晶」といい、水晶の中でも比較的大きな結晶体になります。
以前、紹介したカーネリアンと同じく鉱物学上は石英であり、鉄分やアルミニウムが混ざることによって無色透明からピンクに近い紫色、青紫色や濃い紫色などに変色していきます。アメジストは色のムラが多く、深い紫色が均一に見えるものは高品質と言われています。
少し固い説明になってしまったのでここでアメジストの伝説について紹介します。

アメジストの名前の由来はギリシャ語で「amethystos」といい、「お酒に酔わない」という意味があるそうです。
昔の言い伝えとしてアメジストのグラスでお酒を飲んでも全く酔わないと信じられていました。
今ではアメジストのグラスで飲むことは無いかもしれませんが全く酔わないグラスが存在したら何も気にせず、ずっとお酒を飲んでみたいなと感じてしまいました!

最後に買取についてです。
近年、アメジストの産出量が多くなり、希少価値という点で高い評価が現れにくいですが、パワーストーンとしての需要が高く、非常に人気のある宝石です。アメジストは、太陽光による変色性がありますので長時間日光に当てることはオススメできません。なるべく日のあたらない場所で保管するようにしましょう。
ギャラリーレア渋谷店では宝石・ジュエリーの買取も強化していますので何でもお気軽にお問い合わせくださいね!

当買取店について

今すぐ無料査定

お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から


選べる買取方法

ブランドコラム

ブランドコラムをもっと見る

お知らせ

お知らせをもっと見る