バイヤーブログ


ゴージャスなジュエリーの買取事例

ゴージャスなジュエリーの買取事例

TVなどでも「平成最後の」というコピーがこれでもかと言うくらい聞きますね。
いよいよ年末の雰囲気が流れ出している今日この頃。
朝晩も日につれ寒くなり、渋谷の街もどんどんクリスマスムードが漂ってきています。
ショーウィンドーも冬の装いにドレスアップされ、本格的な冬到来という雰囲気です。
年末が近づくにつれ、「お掃除をしていたら出てきた」と、使わなくなったお品をお持ちになられる方が増えてきています。
最近特にジュエリーのお持ち込みが増えているように感じます。
そんなタイミングで買取らせていただいた、見るもゴージャスなジュエリーをご紹介します。

■ブルガリ パレンテシ ピアス

ローマの町の敷石から着想を得、幾何学模様が幾重にも折り重なったデザインされたパレンテシ。
イタリア語で「括弧」を意味するパレンテシ。
その名のとおり括弧模様を組み合わせ、独創的なデザインを構築しています。
デザインもさまざまで、画像のようなフルモチーフのものからオープンワークを駆使したデザインまで多種多様。
パレンテシは長くブルガリを代表する定番ラインなので、買取額も安定した水準です。
今回はフルダイヤのデザインということで買取査定も気合が入り、どこよりも高い査定額での買取となりました。

■ブルガリ ピラミデリング

エジプトのピラミッドを彷彿とさせるような神秘的な印象のピラミデリング。
モチーフと台座が一体化したような特徴的なデザイン。
リングのほかにペンダントトップなども展開されていて、よく流通しているタイプは中石がカラーストーンのものが多い印象ですね。
パヴェダイヤのデザインも流通していますが先端のモチーフ部分のみダイヤをあしらったタイプが多い印象です。
しかしこちらのお品物は台座の中ほどまでダイヤをあしらった、よりゴージャスなタイプ。
珍しいお品物でしたので査定金額は本気で頑張らせていただきました。
お客様も
「昔に買ったものだから金の価値くらいしか無いんじゃないか」
「今のデザインと違うし買い取ってもらえないかも知れない」
「保証書もどこかにやってしまったので断られるかも」
と、年数の経過したジュエリーにどこかネガティブな印象をお持ちでした。
ブルガリのジュエリーは、過去はもちろん現在も世界的に認められています。
年数が経過したからとその価値が下がるものではありません。
以前別のお客様より、ジュエリーの保証書が無いということで買取を断られたことがある。
と、伺ったことがあります。
ブルガリのジュエリーの買取時、保証書が無くてもご安心ください。
ギャラリーレア渋谷店では保証書の有無を理由に買取をお断りするようなことはありません。
もちろん、ネックレスのチェーン切れやリングの変形などがありましても喜んで買取らせていただきます。

今回のお客様もしっかりと上記内容の説明を行い査定額を案内したところ、大変お喜びになられていたのが印象的でした。
他所さまで買取を断られたジュエリーなどお持ちの場合は、一度ギャラリーレア渋谷店にご相談ください。

当買取店について

今すぐ無料査定

お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から


選べる買取方法

ブランドコラム

ブランドコラムをもっと見る

お知らせ

お知らせをもっと見る