バイヤーブログ


ダイヤモンドの最高峰、女性の憧れ・ベル・バイ・ハリー・ウィンストン(HARRY WINSTON)

ダイヤモンドの最高峰、女性の憧れ・ベル・バイ・ハリー・ウィンストン(HARRY WINSTON)

こんにちは!ギャラリーレア渋谷店の芝崎です!
今日から9月になりましたね!9月になってもまだ暑さが長引きそうですねー。
秋が待ち遠しいです…。

さて、今回紹介するのはベル・バイ・ハリー・ウィンストン・ペンダントです!
ベル・バイ・ハリー・ウィンストンの”ベル”は人の名前であり、アラベラ・ベル・ハンティントン夫人が所有していた「アラベラ・ベル」の宝石コレクションを獲得しました。ここからハリーウィンストンは最高級ジュエリーの地位を確立していったといっても過言ではないほどのコレクションです。

今回紹介するベル・バイ・ハリー・ウィンストンはダイヤモンドとプラチナからなるネックレスです。
中心にあるダイヤモンドを囲むようにマイクロパヴェ・ダイヤモンドを敷き詰めたことによって、センターストーンにある0.70ctのダイヤモンドの輝きを引き立てていますね!
マイクロパヴェとは”石畳”という意味を持っています。石畳のようにダイヤモンドを敷き詰めるデザインはハリー・ウィンストンならではコレクションですね!

女性にとって誰もが憧れるジュエリーブランドとして確立されていますし、一定の基準をクリアしたハリーウィンストンのダイヤモンドは中古市場でも高い需要があります。
一定の基準とはダイヤモンドの評価基準として4Cというものが存在します。
カラット、カット、カラー、クラリティがあり、ハリーウィンストンではこの4つの基準の中でも特にハイランクの評価だけを使用すると決められています。
カラットは1カラット0.2グラムとし、カラット数が大きくなるほどダイヤモンドの価値は上がります。
カラーはDEFランクが無色透明に見え、高評価になり、この三つのランクを使用します。G~Zになるにつれて黄色味に見えてきます。
クラリティとはダイヤモンドの透明度を評価するもので内包物の大きさ、数量、位置、表面の欠点などを総合的に評価してランク付けします。ハリーウィンストンでは最も高いランクにあるFL(フローレス)から最低ランクでもVS2(ベリー・スライトリー・インクルーデッド)のみしか使用しないのです。
FLは10倍ルーペで見ても内部、外部に欠点がないもので、VS2へと下がるにつれて欠点が増えてきます。
カットに関してハリーウィンストンが大切にしていることは、たとえカラット数が小さくてもダイヤモンドの輝きと美しさを引き出すために独自の最適な角度と正確な比率でカットすることです。
ハリーウィンストンが定めた基準に合ったダイヤモンドだけが使用されるだけあってそのものが持つ価値は非常に高いといえます!宝石で一番高くお値段がつけやすいのはダイヤモンドでありますし、ハリーウィンストンはもちろん、ダイヤモンドや宝石関連のお買取に力を入れていますのでもしご売却をお考えでしたらギャラリーレア渋谷店をご利用くださいね!!

当買取店について

今すぐ無料査定

お問い合わせ

0120-968-979

営業時間:10:00~19:00
(年末年始休業)

まずは査定から


選べる買取方法

ブランドコラム

ブランドコラムをもっと見る

お知らせ

お知らせをもっと見る